猫の鳴き声が低い時ってどんな時?対処法は?

愛猫が低い鳴き声を発する時は独特の気持ちを表しています。ちょっとわかりにくいものに焦点をあててどのような感情が込められているのかをまとめています。 2018年03月12日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫の豆知識猫のカテゴリ - 猫の豆知識
  • VIEW:651

猫の鳴き声は実に多彩です。低い時にはどのような気持ちが込められているのかを知ると、ますます猫とのコミュニケーションが楽しくなりそうです。

1.愛猫の鳴き声が低い時はこんな気持ち

出典元:https://www.shutterstock.com/

猫の表現力は実に多彩で、見ているだけでも気持ちがほっこりさせられます。猫語が理解できたなら、きっといろんなおもしろいお話を聞けるに違いないのですが、悲しい事に一生懸命おしゃべりしてくれる愛猫の言っている事がわからず、ただわらないままうなずいているだけになってしまうのは、飼い主の宿命としか言いようがありません。

せめてどのような感情が込められているのかだけでもわかったら、一緒に泣いたり笑ったりできるのにと思っている買い主が多いのではありませんか。猫の鳴き声を聞いていると、一定のパターンがある事に気付かされます。単に意味もなく鳴いているのではなく、感情に添った鳴き方をしているのです。パターンの1つは声の高低です。

往々にして高い声の時は聞いている方もなんとなく明るい気持ちになりますし、人間が感動したり気持ちがうわずったりしている時は、自然に声のトーンが高くなるものですが、動物も同じです。逆に怒っている時や悲しい時あるいは寂しい時などは、声のトーンが落ちます。

動物はこれも一緒です。聞いている方は気持ちがなえたり暗くなったりとマイナスの波長が伝染してきて、一気に気分が急降下していきます。猫語の表現方法の1つとして鳴き声の音程を低いものにしたり、高いものにしたりといったパターンが理解できるようになると、愛猫とのコミュニケーションもさらに深まりそうです。

2.シャーと鳴くとき

これは最もわかりやすい表現ですが、威嚇や怒りの典型的な形です。ある日突然新人猫が家族に迎えられた時、猫どうしで一発触発の険悪ムードになった時などによく見られます。同じ怒りの表現として“う~ん”あるいは“ぎゃうう~ん”と、ドスが聞いた低いうなり声と合わせて発せられる時もあります。先住猫にとっては自分の縄張りと思っている家に、突然見知らぬ侵入者が加わったわけですから、縄張りを守るための当然の行動なわけです。

もしこれらの鳴き声が発せられた時は、小さい子どもは特に近づけないようにしないと、けんかのとばっちりを受けてけがをしますから要注意です。人間に強い不信感を抱いている時にも発せられます。良い例は野良に触ろうとした時です。“俺様に近づくな!”くらいの意味になります。信頼関係を築きたい時は、最初は2mくらい距離をおいたところから、ゆっくりと関係を築いていくのが、こつです。

新人に最初のうちこそシャーと怒りの鳴き声を発していても、そのまま様子を見ているといつのまにか、2匹で仲良くお昼寝を始める事もあります。いずれにせよ、本人の気持ちを尊重しながら焦らずに関わっていくのが賢明です。

3.ニャッと短く低く鳴くとき

出典元:https://www.shutterstock.com/

ニヤッと鳴く鳴き声は2通りの気持ちを示しています。高い鳴き声の時は人間のよびかけに対してのお返事である場合が多いです。“なあに?”“はいよ”くらいの意味で一応歓迎モードですが、低い鳴き声だった時は拒否の意味が込められています。“うっとおしい”“ほっといてよ!”くらいの気持ちをあらわしています。

リラックスしている時やお昼寝を始めた時に、人間がちょこちょこ触ってくるのは猫にとっては迷惑なのです。もしも寝ながらしっぽの先をちょこちょこ動かしていれば、上機嫌というよりも“はいはい、ちゃんと飼い主の声は聞こえていますから!”くらいの気持ちで、どちらかと言えば放っておいて欲しい、せっかくのリラックスタイムをじゃましないでねくらいに考えておいた方が無難です。

4.かかかかっとのどの奥で鳴く時

これは何か獲物になる小動物や昆虫を見つけた時に、強い関心を示しているサインです。鳴き声が高い時も低い時も気持ちはほぼかわりません。

5.猫語で対話

出典元:https://www.shutterstock.com/

猫は声の高低で自分の気持ちを表現する動物ですが、同時に人間の言葉も声の高低で、感情の変動を読み取っていると解釈する専門家もいます。にゃーという典型的な鳴き声と共に、表現パターンがわかったら、試しに猫語で猫と会話してみてください。“わ~い、ご主人が答えてくれた”と思っているのか、のどをごろごろ鳴らしながらうれしい態度で近づいてきてくれる事が多いのです。猫との関係がぐっと近づく事うけあいです。

著者情報

UCHINOCO編集部

UCHINOCO編集部では、ペットに関するお役立ち情報をお届けしています。

関連特集

オススメ

新着記事