犬の心拍数はどれくらいが正常?心拍数の測り方もご紹介

みなさんは犬の心拍数をご存知ですか?
獣医師のような専門家でない限り、犬の心拍数がどれくらいが正常値なのか知っている人は少ないでしょう。
愛犬の心拍数の管理ができれば、病気の早期発見にも繋がるかもしれません。
この記事では、犬の心拍数の正常値や測り方などについて解説します。 2024年03月06日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬の健康ケア犬のカテゴリ - 犬の健康ケア
  • VIEW:602

犬の心拍数について

出典:https://www.shutterstock.com

まずは、犬の心拍数について解説します。
犬の心拍数の正常値や、不整脈についても見ていきましょう。

心拍数とは?

はじめに、心拍数について知っておきましょう。
心拍数とは、1分間にどれだけ心臓が動くかを表すものです。
心拍数が遅いか速いかで、犬の体調や気分をある程度わかることができます。

犬の心拍数の正常値とは?

犬の心拍数は、身体の大きさなども踏まえますが、個体差が大きいです。
そのため、犬の心拍数の正常値ははっきりしたことは言えず、あくまで目安となります。
小型犬の成犬の場合は約60~80回で、大型犬は約40~60回が正常値だといえるでしょう。
小型犬は180回以上、大型犬は160回以上の心拍数の場合は、心拍数が速いといえます。
また、子犬の場合は心拍数が速く、成犬の倍を目安とした心拍数が正常値となります。
子犬の場合だと、1分間に220回以上の心拍数だと速いといえそうです。

犬の不整脈について

人間と同様に、犬も不整脈を起こしてしまうことがあります。
不整脈とは、心臓のリズムが一定ではなくなることをいいます。
また、心拍数が異常に速かったり遅かったりする場合も、不整脈だといえるでしょう。
犬の不整脈の原因はさまざまですが、人間のように睡眠不足や遺伝によるものよりも、心臓病などの病気が原因となっている場合が多いです。
もちろん不整脈の種類によっても原因はいろいろと考えられますが、早めに対処しなければ命に関わる可能性もあるでしょう。
ちなみに、不整脈の犬の場合は、心拍数と脈拍の回数が異なることもあるため、注意が必要です。

犬の心拍数の測り方

出典:https://www.shutterstock.com

犬の心拍数は、どのように測るのでしょうか?
正しい心拍数の測り方で、愛犬の心拍数を確認してみましょう。

犬の心臓の位置に手を当てる

当然ながら、犬の心拍数を測るためには犬の心臓部分に手を当てなければなりません。
犬の心臓は、伏せた姿勢で犬の左前足の肘が当たる部分の近くにあります。
おそらく、そのあたりに手を入れると、犬の心臓の鼓動を感じることができるでしょう。
大人しい性格の犬であれば、それだけで心拍数を測ることができるはずです。

犬を抱っこして測る

もっとも簡単な心拍数の測り方は、犬を抱っこして測る方法です。
犬を優しく抱き上げて、心臓付近に手を当てて測ります。
おそらく、60秒間犬を抱き続けるのは犬も嫌がると思いますので、15秒程度心拍数を測るだけで良いです。
15秒間に何回心臓の鼓動があったかを数えて、4倍にしたものが心拍数になります。

寝ている犬に手を当てて測る

犬が横になって寝ているようであれば、心臓付近にそっと手を当てて心拍数を測ります。
犬が心臓と逆向きになって寝ているのであれば、指先を使って心拍数を測っても問題ありません。
もちろん熟睡している犬を起こすわけにはいきませんが、犬がゆっくりと休憩していて落ち着いている時であれば、優しく撫でながら心拍数を測っても問題ないでしょう。

聴診器があれば心拍数を測りやすい

犬の心拍数が測りにくい場合は、聴診器があると便利です。
聴診器があれば、犬がどんな姿勢でも心拍数を測ることができます。
聴診器のイヤーチップを耳にはめて犬の心臓部分に集音部を当てると、しっかりとした心拍数を測れるでしょう。

犬の心拍数が速い時に考えられる原因

出典:https://www.shutterstock.com/

犬の心拍数が速い時は、いくつかの原因が考えられます。
早急に対処する必要がある可能性もあるため、きちんとチェックしておきましょう。

ストレス

犬は、人間と同様にストレスを感じることで心拍数が速くなることがあります。
犬のストレスの原因はさまざまですが、興奮したり緊張したりした時に、心拍数が速くなる傾向にあるでしょう。
また、犬のストレスは自律神経の乱れや病気の原因ともなるため、飼い主として敏感になっておかなければなりません。

激しい運動

犬も、激しい運動をすると心拍数が速くなります。
人間も短距離走やスポーツをした際には、代謝が良くなり心拍数が速くなりますが、犬もドッグランやドッグスポーツをした時に心拍数は速くなるでしょう。
また、犬は大好きなドッグランやドッグスポーツで思い切り走ることができるため、興奮していることも心拍数が速くなる原因のひとつといえます。

急激な温度変化

暑い場所から寒い場所に移動した時には、温度差により血圧が急激に変化してしまいます。
人間でもサウナから水風呂に入った時などにみられる現象で、ヒートショックと呼ばれます。
ヒートショックにより心拍数が速くなるのは、犬の身体に大きな負担がかかってしまうでしょう。
特に子犬やシニア犬の場合は、命に関わる可能性があるため、十分に注意しなければなりません。

病気

犬の心拍数が速いのは、病気が原因である可能性もあります。
主に心臓病と総称されるものですが、遺伝的な要因があるとされる僧帽弁閉鎖不全症や、心臓の筋肉の機能が徐々に低下していく拡張型心筋症などが挙げられます。
当然ながら犬の心臓病は直接的に命に関わる可能性があるため、早急に動物病院へ連れて行く必要があるでしょう。

犬の心拍数を知っておけば健康管理にも役立つ?

出典:https://www.shutterstock.com

犬の心拍数は、犬によって個体差があります。
しかし、心拍数が速い時にはかならず原因があり、興奮していたり激しい運動をしたりしているのであれば原因は特定しやすいですが、安静時に心拍数が速い時には、早めの対処が必要になるでしょう。
万が一の病気の可能性も踏まえて、愛犬の心拍数が速い時には獣医師に診せたほうが安心です。
また、日頃からこまめに心拍数を測ることで、愛犬の健康管理に役立つでしょう。

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

オススメ

新着記事