犬が笑顔に見える時はどんな気持ち?犬の表情筋についても解説

犬は、まるで笑っているような表情を見せる時があります。
犬が笑顔に見える時は、人間のように嬉しい気持ちなのでしょうか?
この記事では、犬が笑顔に見せる時の気持ちや、犬の表情筋について解説します。 2023年10月07日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬の豆知識犬のカテゴリ - 犬の豆知識
  • VIEW:175

犬が笑顔に見える時の気持ちとは?

出典:https://www.shutterstock.com

まずは本題である、犬が笑顔に見える時の気持ちについて解説します。
言葉を話せない犬だからこそ、表情で気持ちを読み取ってあげることも大切でしょう。

嬉しい

犬が笑顔に見える時は、見た目どおりに嬉しいという気持ちであることが多いです。
犬が嬉しい時はさまざまですが、主に散歩や食事、おやつをもらえた時に笑顔になることが多いでしょう。
また、大好きな飼い主といっしょにいれば、犬はどんな時でも喜びを感じているはずです。
ちなみに、犬が嬉しい時は笑顔になることのほかに、尻尾をぶんぶんと振って全身で喜びを表します。

楽しい

犬がドッグランなどでほかの犬と遊びながら笑顔を見せている時は、楽しいという気持ちの表れです。
広々とした場所で思い切り走ることは、犬にとって本来の姿といえます。
犬が楽しそうにしている姿を見るのは、飼い主としても幸せな気持ちになるでしょう。

リラックスしている

飼い主に撫でてもらったり家でゆっくりしていたりする時にみせる犬の笑顔は、リラックスのサインです。
犬がリラックスしている時は、口元がニッコリしていることのほかに、目元が細くなっていることが多いでしょう。

恐怖やストレスを感じている

犬が笑顔を見せる時は、恐怖やストレスのサインである可能性も考えられます。
特に知らない人や犬を出会った時に目を細めるのは、犬が相手に敵意がないことを表しているのです。
また、強い緊張状態により体温が上がったことで、「ハッハッ」と口を開けて体温調節をしているのかもしれません。
犬が体温調節をするために口を開けて激しく呼吸をすることをパンディングといいますが、犬が激しい運動をしたわけではないのにパンディングをする時は、何らかのストレスがかかっていると考えて良いでしょう。

人間が喜ぶことを知っている

犬は、飼い主に笑顔を見せると喜ぶということを知っているのかもしれません。
詳しくは後述しますが、犬の表情筋が発達したのは人間とコミュニケーションを取るためだと考えられています。
犬にとって何よりの喜びは飼い主が喜んでくれることであるため、犬は飼い主を喜ばせるために笑顔を見せてくれているということも否定できません。

犬の表情筋について

出典:https://www.shutterstock.com

犬はさまざまな表情を見せますが、表情筋はどれくらい発達しているのでしょうか?
次に、犬の表情筋についてご説明します。

犬はオオカミよりも表情筋が発達している

犬の祖先といわれるオオカミですが、オオカミは犬のように表情筋が発達していません。
当然ながらオオカミにも表情筋はありますが、犬のように自由に動かすことは難しいでしょう。
オオカミは、眉を上下に動かしたり目を見開いたりすることはできませんが、同じ表情を維持するための遅筋繊維の割合が犬と比べて多いといわれています。
ちなみに、犬は人間と同じように、遅筋繊維よりも表情を素早く作る速筋繊維が発達しています。

犬の表情筋が発達したのは人間のおかげ?

実は、犬の表情筋が発達したのは人間のおかげではないかと考えられています。
犬は人間と暮らし始める前まではそこまで表情筋が発達していませんでしたが、人間と過ごすようになったことで、人間とコミュニケーションを取るために表情筋が発達したのではないかといわれています。
ちなみに、犬が笑顔を見せるのも、人間の表情を真似しているといわれており、犬の従順で可愛らしい一面が垣間見えるでしょう。

笑顔に見えやすい犬種はコレ!

犬種によっては、普通にしていても笑顔に見えやすいことがあります。
最後に、笑顔に見えやすい犬種をいくつかご紹介します。

チワワ

出典:https://www.shutterstock.com

チワワは、笑顔に見えやすい犬種として知られています。
クリッとしたまん丸の目と尖った鼻先が、笑顔に見えやすい理由でしょう。
チワワのように表情がはっきりしやすい顔の作りをしていると、笑顔に見えやすいようです。

柴犬

出典:https://www.shutterstock.com

日本原産の代表的な犬種である柴犬も、笑顔に見えやすい犬種です。
柴犬は、短毛種のため表情が見えやすいことから、笑顔を認識しやすいのかもしれません。

サモエド

出典:https://www.shutterstock.com

笑顔に見える犬種としてもっとも有名なのは、サモエドかもしれません。
ふわふわの白い被毛が印象的なサモエドですが、ニッコリと笑ったような表情は「サモエドスマイル」と多くの愛犬家から親しまれています。
サモエドの見せる最高の笑顔を見ると、ついこちらも笑顔になってしまうでしょう。

ゴールデンレトリバー

出典:https://www.shutterstock.com

ゴールデンレトリバーやラブラドールレトリバーなども、笑顔に見える犬種のひとつです。
おそらく、つぶらな瞳と長いマズルが、笑顔に見えやすい理由でしょう。
また、大型犬は表情筋も発達しているため、リラックスした表情などもわかりやすいのかもしれません。

フレンチブルドッグ

出典:https://www.shutterstock.com

フレンチブルドッグやボストンテリアなどの短頭種と呼ばれる犬種も、笑顔に見えやすい犬種です。
フレンチブルドッグなどは、目と口が大きいため、特に笑顔に見えやすいのでしょう。

犬が笑顔を見せるのは嬉しい時が多い

出典:https://www.shutterstock.com/

犬は、人間ほどではないですが表情筋が発達している動物です。
祖先といわれるオオカミと比べても、犬はさまざまな表情を見せてくれます。
犬が笑顔を見せる時は、見た目どおり嬉しい時や楽しい時が多いでしょう。
しかし、場合によっては恐怖やストレスを感じることで、笑顔のように見える表情になっているだけかもしれません。
おそらく飼い主としては、愛犬が嬉しいのかどうかの見分けはつくはずなので、もしも犬がパンディングしながら笑顔を見せている時は、何らかのストレスがかかっている時だと考えて良いでしょう。

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

オススメ

新着記事