雨の日は犬の散歩に行くべき?散歩に行く際の注意点など解説!犬のレインコートおすすめ4選

雨の日は皆さん犬の散歩はどうされているのでしょうか。雨と雨の合間に行ったり、小ぶりになった時に行ったり工夫されているようですが、1日雨の日はレインコートを着てお散歩に出かけるのもおすすめです。雨の日に犬がお散歩に出かけていくことについて紹介します。 2023年07月05日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬とおでかけ犬のカテゴリ - 犬とおでかけ
  • VIEW:1,258

雨の日の犬の散歩について

出典:https://www.shutterstock.com

雨の中でも、絶対に散歩が必要かというと、しつけと対策ができていれば、お散歩に行かなくても大丈夫です。行かなくても、すぐに何か大きな問題が起こるというわけではありません。

濡れるのが苦手だったり、小さい子犬で濡れることで体温が下がるなどといった場合には、雨の日に無理して散歩に連れ出す必要はありません。

ただし、雨の日のお散歩を回避するのであれば、室内でトイレができるようにしておくことが必要です。

トイレをお散歩でしかできない場合には、散歩に行かないことで具合が悪くなるおそれがありますので、ほんの少しの時間でも必ず外に連れ出してあげましょう。

雨のお散歩が好きな犬もいる

犬によっては雨の日の散歩が好きな犬もいますので、お散歩に行った方が良い場合もあります。犬にとっていつもの散歩では味わえない楽しいこともたくさんあります。

いつもの散歩コースでも愛犬にとってはちょっとした探検気分を味わうことができます。

愛犬の心と体の健康のためにも、土砂降りや嵐や台風などで安全が確保できない場合を除いて、体調に問題がないのであれば、雨であっても愛犬の散歩はしてあげたほうが良いと言えるでしょう。

雨の日の散歩の注意点は?

出典:https://www.shutterstock.com

雨に濡れた道を歩くことで、肉球をケガしやすくなってしまうことがあります。また、雨水や泥水をたくさん飲んでしまうと、体調を崩してしまう可能性もあるため、十分注意しなくてはなりません。

飼い主さんがこころがけることは、ルートを短めにすることと、濡れにくい場所に行くように心がけましょう。そして、可能であれば、愛犬にレインコートを着るように心がけましょう。

交通量の多い場所は避ける

雨の日は道路の条件が悪いため、交通事故が発生するリスクも高まります。そのため、交通量の多いところではなく、なるべく車通りが少ない道を歩くようにしましょう。また、傘を差しての犬の散歩は両手が塞がってしまい、いざという時の行動に支障をきたす恐れがあります。飼い主さんはレインコートを着用し、両手が塞がることがないようにしておきましょう。

しっかり拭いて乾かしてあげる

雨の日の散歩で愛犬が濡れてしまったら、帰宅後にタオルやドライヤーを使って乾かしてあげましょう。
濡れたままにしておくと体が冷えてしまいますし、被毛に湿気が溜まって臭いの原因になる可能性があります。

子供や高齢者に注意

雨の日に、お子さんや高齢の方が犬のお散歩に行く場合は、人間がケガをする恐れがあるだけでなく、人間が転倒して、リードが手から離れてしまうと、犬が驚いて逃げてしまったり、トラブルに巻き込まれたり、交通事故にもつながる危険があります。

小さな子供や高齢者が雨の中、お散歩する場合には必ず犬をコントロールできる付き添いの大人と一緒に歩くようにしましょう。

特に、ひっぱり癖があったりする若い犬やコントロールが難しい犬の場合は、引きずられやすくなるので注意が必要です。

雨の日が続く場合には散歩場所を工夫しましょう

出典:https://www.shutterstock.com

梅雨になると、台風の影響などで雨の日が数日間続く場合があります。犬が外に行きたがってソワソワしたり、散歩の催促したりすることもあるかもしれません。

雨の日はお散歩場所を工夫するのも1つの方法です。車や雨よけのついたドッグカートで、屋根のあるところや高架下、雨にあたりにくい公園に連れて行くのもおすすめです。また、室内ドッグランに行くのもよいでしょう。雨でも愛犬が運動を楽しめるよう、散歩ルートや場所のパターンを幅広く準備しておくと安心です。

犬用のレインコート おすすめ4選

出典:https://www.shutterstock.com

ALPHAICON レインドッグガード

ウェアとスヌードが一体となった犬用のレインコートです。犬の頭部に被せることで、ウェア内への水の侵入を防ぎます。ウェアのボディ部にはリフレクターテープが付いているので、車のライトを反射し夜のお散歩も安心です。


ALPHAICON レインドッグガード

free-stitchオリジナル シャイニーレインコート

光沢のある撥水素材を使用した犬用のレインコートです。袖回りと裾には、犬の体にぴったりフィットするようにゴムが入っています。後ろ足はフリーになっているので排泄も簡単に行なえます。


free-stitchオリジナル シャイニーレインコート

着せやすい 犬用 レインコート

マジックテープで留めるタイプの犬用レインコートです。外側の生地は防水生地で、裏地は柔らかなフリース素材となっており、防寒対策にもなります。リード穴がついており、首輪からリードを通すことが出来ます。


着せやすい 犬用 レインコート

犬用 レインポンチョ

透明でシンプルなレインポンチョです。破れにくい素材で作られているので長く使えます。着脱はスナップボタンで簡単に行えます。サイズの選び方の説明等が細かく説明されており、初めて購入する方にもおすすめです。


犬用 レインポンチョ

雨の日はレインコートを着せてあげよう

出典:https://www.shutterstock.com

犬の散歩は、犬が健康的に生きていくうえでとても大事なイベントですが、あまりにも天候が悪い日は安全を考慮し無理して行くべきではないでしょう。
しかし、どうしても行かなければいけない場合もあるでしょう。その際には、犬にレインコートを着せてあげて、短時間で安全に散歩が済むようなコースを選んであげましょう。
また、室内ドッグランや高架下など、雨が降っていても濡れない道や場所をいくつか心得ておけば、雨の日が続いても犬がのびのび過ごせるはずです。

参考サイト
アイコンズ スーパーストア(参照日:2023-5-09)
https://item.rakuten.co.jp/icons-sstore/22rdg-n2/

フリーステッチ(参照日:2023-5-09)
https://item.rakuten.co.jp/free-stitch/10002227/

LuLu Couture(参照日:2023-5-09)
https://item.rakuten.co.jp/lulu-couture/rain-dog3/

スマホケースのCINC SHOP(参照日:2023-5-09)
https://item.rakuten.co.jp/cincshop/10002228/

著者情報

Hanaco

子育てをしながら、専業主婦ワーカーとしてお仕事をさせていただいております。以前はチワワを2匹飼っていました。
調べることや文章を考えることが好きで、自分の考えや経験などを活かせるようなお仕事をしたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

オススメ

新着記事