犬に帽子は必要?メリットや注意点を解説

帽子は直射日光を避けるために大切なアイテムですが、「犬が帽子をかぶっても効果があるの?」と考える人もいるでしょう。
また、犬用の帽子にはどのようなものがあるのでしょうか?
この記事では、犬の帽子の必要性や、犬に帽子をかぶせるメリットや注意点を解説します。 2022年11月03日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬とおでかけ犬のカテゴリ - 犬とおでかけ
  • VIEW:588

犬の帽子の必要性とは?

出典:https://www.shutterstock.com

まずは、犬の帽子の必要性を解説します。
また、犬の帽子はどのような効果が期待できるのかも見てみましょう。

必要不可欠というわけではない

結論からいうと、犬に帽子はかぶせてもかぶせなくても良いでしょう。
犬が帽子に慣れていなければストレスになりますし、無理やりかぶせても脱ごうとするはずです。
そのため、子犬の頃から帽子に慣れさせている場合を除いて、あえて犬に帽子をかぶせる必要はないでしょう。
しかし、例年は日本も夏は気温が高く、日中に散歩をすることで犬の熱中症のリスクも高くなっています。
もしも愛犬の熱中症が心配なのであれば、試しに帽子をかぶせてみると良いでしょう。

真夏の昼間の外出には必要かも

愛犬と真夏の海や川などに遊びに行くときには、帽子があると便利です。
帽子をかぶせることで、少なからず日光からの熱を和らげることができるでしょう。

犬の帽子の選び方

犬の帽子にはさまざまな種類があるため、用途に合ったものを選ぶことが大切です。
暑い時期であれば通気性の良いもの、寒い時期はニット素材でできているものなどがおすすめです。
当然ながら、サイズが合っていなければ犬が歩いているときにずれたり落ちたりしてしまい、犬は落ち着きません。
また、犬の頭の形状によってもかぶりにくい帽子があります。
そのため、犬の頭の形状や大きさも踏まえて選ぶ必要があるでしょう。

犬に帽子をかぶせるメリット・注意点

出典:https://www.shutterstock.com

次に、犬に帽子をかぶせるメリットをご説明します。
また、犬の健康に悪影響を及ぼすことがないように、注意点についても見ていきましょう。

熱中症対策

先述したように、犬の帽子には熱中症の予防として効果が期待できます。
帽子をかぶり直射日光を直接浴びないことで、犬の頭に熱が溜まらないよう対策に繋がります。

寒さ対策

犬用帽子には人間と同様にさまざまな種類があり、犬用のニット帽もあります。
ニット帽は当然防寒になるため、寒い時期の寒さ対策として最適です。
ちなみに、寒さ対策のための帽子は耳をしもやけから守る役割もあります。
犬のしもやけは肉球などにできてしまうイメージが強いですが、耳も寒さによってしもやけになることがあります。

怪我の対策

犬に帽子をかぶせるのは、もしもの時の怪我の対策にもなります。
例えば犬の散歩中に、犬が植え込みの中に飛び込んで行くときがありますが、この際に木の枝から犬の頭や目を守ることができます。
また、シニア犬になり視力が衰えてきた犬に帽子をかぶせることで、家具や家電に頭をぶつけても怪我をしないよう対策できるかもしれません。

頭の汚れ予防

犬は好奇心旺盛な動物のため、散歩中ににおいを嗅いで歩き回ります。
草むらのにおいを嗅いでいるときは犬の頭に泥などの汚れがつきやすいですが、帽子をかぶせることで犬の頭を汚れから守ることができるでしょう。
また、草むらに潜むノミやダニからも、犬を守ることができるはずです。

おすすめの犬用帽子 4選

出典:https://www.shutterstock.com/

最後に、おすすめの犬用帽子をご紹介します。
これらの帽子をかぶせて、愛犬を直射日光から守ってあげましょう。

KOBEDO コットン ドッグキャップ

シンプルで、オールシーズン使用できる犬用帽子です。
裏地には、抗菌や防臭、帯電防止機能などに優れたミューファン織り込み生地を使用しています。
1点ずつ丁寧に梱包されており、犬好きの友人へのプレゼントにも最適です。


KOBEDO コットン ドッグキャップ

犬用キャップ

高品質なオックスフォード素材を使用した、犬用帽子です。
ワンタッチで調節可能なあご紐が付いており、簡単に細かいサイズ調整ができます。
さまざまなカラーが用意されているため、愛犬に合ったものを選びましょう。


犬用キャップ

ドッグハット メッシュ

暑い時期には、この犬用帽子がおすすめです。
メッシュ素材で通気性が良いため、熱中症の対策にも効果が期待できるでしょう。
シンプルで可愛らしいデザインも、人気のポイントです。


ドッグハット メッシュ

犬用 あったか ニット帽

寒い時期におすすめの、犬用帽子です。
耳出し用の穴があり、犬が窮屈な思いをする心配がありません。
サイド部分のヒモはデザイン性の高さももちろん、脱げそうなときに結んであげることで脱げづらくなります。


犬用 あったか ニット帽

犬の帽子は使い方次第でとても便利

出典:https://www.shutterstock.com

犬に帽子をかぶせるのは、熱中症や耳のしもやけなどの対策にも期待できます。
使い方によっては、犬の帽子はとても便利なアイテムです。
しかし、犬によっては帽子に慣れておらず、ストレスを感じることもあるでしょう。
犬に帽子をかぶせようと考えているのであれば、子犬の頃から帽子に慣れさせておくことをおすすめします。

そして、犬がどうしても嫌がるようであれば、無理に帽子をかぶせる必要はありません。
帽子は必要不可欠なものではないため、犬が嫌がらないのであればかぶせる程度の認識で良いでしょう。

参考サイト

神戸堂(参照日:2022-09-15)
https://item.rakuten.co.jp/hatport/417-2011-1001/

SEVEN BRIDGE(参照日:2022-09-15)
https://item.rakuten.co.jp/sevenbridge/h0159/

CROSS TRADE(参照日:2022-09-15)
https://item.rakuten.co.jp/x-trade/petmeshcap/

BEST WEAR(参照日:2022-09-15)
https://item.rakuten.co.jp/bwear/km579g/

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

オススメ

新着記事