雨の日の散歩で気をつけるポイント!おすすめの犬用の雨具5選

雨の日は傘をさしながら、リードを持ち、排泄物を拾わなければなりません。両手がふさがっており決して簡単ではないでしょう。さらに、車や歩行者に気を付けながら、雨で見えにくい視界の中を歩くことになりますよね。今回は雨の日の散歩について解説していきたいと思います。 2021年05月13日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬と暮らす犬のカテゴリ - 犬と暮らす
  • VIEW:2,080

雨の日の散歩について

出典:https://www.shutterstock.com

もし、家の中でも排泄ができる犬でしたら、雨の日に無理して散歩に行く必要はないでしょう。
しかし、外でしか排泄ができない習慣の犬にとっては、一日中外に出ないわけにはいきません。

また梅雨の時期などは長期間雨が降り続くこともあるでしょう。散歩ができないと運動不足になり、ストレスをためて体調を崩してしまう犬もいるかもしれません。

犬の性格によっては、雨の日だろうと風の日だろうと関係なく散歩に連れ出すよう催促してくるかもしれません。
雨の日の散歩に関しては、最終的には犬の様子を見て判断することになるでしょう。

雨が苦手な犬種

出典:https://www.shutterstock.com

水に濡れることが苦手な犬種があります。
それはシングルコートの犬種です。

犬の被毛はダブルコートとシングルコートの2種類に分かれます。
ダブルコートの犬種(柴犬、ロングコートチワワ、ゴールデンレトリバーなど)は、雨に降られて地肌まで濡れてしまうことは少ないです。
雨に濡れたら、表面の被毛についた水分をタオルやドライヤー等でしっかり乾かしましょう。

注意してあげなければいけない犬種はパピヨン、ヨークシャー、トイプードル、チワワ(スムース)、テリアなどのシングルコートの犬種です。
雨に濡れると地肌までしっかり濡れてしまいます。地肌が濡れてそのまま放置すると不衛生な状態となり、臭いの原因となってしまいます。

水に濡れたらしっかり乾かすことが重要です。ドライヤーを使うなどして、火傷に注意しながら丁寧に乾かしてあげましょう。

交通事故に合わないよう気をつけること

出典:https://www.shutterstock.com

雨の日の散歩は、犬が嫌が場合は無理して連れていくことはありません。室内で排泄ができる犬であれば、行かない選択肢もあるでしょう。
ただ、性格、特徴、体質、体の大きさなどは犬によって様々です。外でしか排泄をしない犬であれば、多少なりとでも連れて行く必要がでてきます。

雨の日は視界が悪くなったり、リードと傘などで両手が塞がるなど、普段の散歩とは条件が異なります。
飼い主さんはレインコートを着るなど、なるべく身軽な状態で外に出ることをおすすめします。

おすすめの犬用レインコート5選

雨の日でも散歩に行かなければならない場合もあることでしょう。そのような時には、犬にもレインコートを着させてあげることをおすすめします。
濡れる部分も最小限におさえることができ、帰宅後の乾燥もスムーズに行えます。
ここからは、おすすめの犬用レインコートをご紹介いたします。

① はっぴーDOG 犬のカッパ

上からかぶせてマジックテープで留めるだけの、着させやすさがポイントのレインコートです。
内側は裏起毛になっており、秋冬シーズンでも暖かく散歩ができます。
カラー展開は6種類です。愛犬に合った色を選んであげてくださいね。


はっぴーDOG 犬のカッパ

② Umora 犬用レインコート

2重構造で通気性が抜群のツートンカラーレインコートです、
フード部分には調節可能なストッパーがあり、被せた時に脱げにくい仕様となっており、風の強い日でも愛犬の頭を雨水から守ってくれます。
反射リフレクター付きなので、暗い夜間に散歩をする時も安全です。


Umora 犬用レインコート

③ つなぎレインコート

充実の機能性を誇るレインコートで、紫外線対策が施された生地を使用しています。
毛が絡まりにくいスナップボタンなので、毛の長い愛犬にも着せやすいでしょう。
遠くからでも見つけやすいビビットカラーと、個性的な迷彩柄も可愛いですね。


PETFiND 犬用 つなぎレインコート

④ Asmpet ハイネックコート

スタイリッシュでかっこいいデザインで、首元までしっかりガードされている作りがポイントです。
ファスナーを閉める際に、毛を挟まないよう内側にはボタンが付いているなど、随所に工夫が見られます。
ラインがリフレクターとして機能するので、夜間の散歩も安心ですね。

中に雪や雨が入らないよう、足の部分はマジックテープでぴったり調整できるようになっており、首やお腹周りもサイズ調整可能です。


Asmpet ハイネックコート

⑤ LIFELIKE 犬用 レインコート

ほぼ全身をカバーできるレインコートです。
背中側が開いているため、四肢を通しマジックテープを止めるだけで楽に着させることができます。

取り外し可能なフード・リードを通す穴付きのデザインで、サイズの展開も豊富に取り揃えています。
おしりの部分も開いており、散歩中の排泄時にも汚れにくいのは嬉しいですね。


LIFELIKE 犬用 レインコート

レインコートのサイズはピッタリのものがおすすめ!

出典:https://www.shutterstock.com

雨の日の散歩のポイントや、おすすめの犬用レインコートについて見てきました。
雨水の侵入を極力防ぐためにも、犬用レインコートは犬の体にフィットするぴったりサイズのものを着させてあげることをおすすめします。

初めてレインコートを購入される時は、犬を連れていけるペットショップでサイズを測ってもらうことをお勧めします。
自分で測ってもいいですが、やはりプロにお願いするのが一番です。
もし、犬を連れていけるペットショップがお近くになければ、サイズや説明が細かく記載されてあるサイトから購入するのも良いでしょう。

参考サイト

はっぴーDOG (参照日:2021-04-11)
https://item.rakuten.co.jp/k-city/md82271/

ユニオン(参照日:2021-04-11)
https://item.rakuten.co.jp/union5255/u2mall-b01lzai5wk/

犬服の専門店 PET FiND(参照日:2021-04-11)
https://item.rakuten.co.jp/dog-wear-creative/cre1079/

犬屋楽天市場店(参照日:2021-04-11)
https://item.rakuten.co.jp/inuya/idwt-ch138/

ライフライク楽天市場店(参照日:2021-04-11)
https://item.rakuten.co.jp/life-like/51r003-l/

著者情報

Hanaco

子育てをしながら、専業主婦ワーカーとしてお仕事をさせていただいております。以前はチワワを2匹飼っていました。
調べることや文章を考えることが好きで、自分の考えや経験などを活かせるようなお仕事をしたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

オススメ

新着記事