猫に「腰トントン」をすると喜ぶ?猫が腰トントンで喜ぶ理由

猫を飼っている人は、「腰トントン」がどんなものがご存じでしょうか?
猫は、腰トントンをすると喜ぶといわれています。
この記事では、猫が喜ぶ「腰トントン」について、猫に腰トントンをする際の注意点などを解説します。 2024年01月10日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫の豆知識猫のカテゴリ - 猫の豆知識
  • VIEW:42,375

猫が喜ぶ「腰トントン」って何?

路地裏で腰トントンにめちゃめちゃ弱い猫に出会った

まずは、猫が喜ぶ「腰トントン」とはどのようなものかをご説明します。
おそらく、猫を飼っている人であれば一度は行ったことがあるはずです。

猫の腰あたりを優しく叩く動作

腰トントンとは、猫の腰あたりを優しく叩くことをいいます。
尻尾の付け根付近を軽く叩くことから、お尻トントンと呼ぶ人もいるでしょう。
猫に腰トントンをすると、目を補足して気持ち良さそうな表情をすることが多いです。
また、メス猫であればお尻を突き上げるような仕草をすることもあるでしょう。

猫の腰付近にある仙骨を叩く

猫の尻尾の付け根には、仙骨(せんこつ)という骨があります。
厳密にいえば、この仙骨を軽く叩いたり撫でたりすることで、猫は気持ち良さそうな表情をするのです。

すべての猫が腰トントンを好きなわけではない

腰トントンは、すべての猫が好きなわけではありません。
当然ながら腰トントンが嫌いな猫もいますし、大きなストレスを感じる猫もいるでしょう。
猫が嫌がっている時のサインとしては、その場から逃げ出したり尻尾をブンブン振り回したりすることが挙げられるため、猫に腰トントンをした時にこれらのサインをみせた時には、腰トントンはしないほうが良いです。

猫が喜ぶ腰トントンの方法

猫の腰トントンは、強ければ良いというわけではありません。
むしろ、強く叩くのは避ける必要があります。
手の平や指などで、軽くトントンしてあげるだけでも、猫は喜ぶはずです。

猫が腰トントンで喜ぶ理由とは?

出典:https://www.shutterstock.com/

なぜ、猫は腰トントンをすると喜ぶのでしょうか?
次に、猫が腰トントンで喜ぶ理由を解説します。

仙骨付近に神経が集中しているから

猫の腰付近にある仙骨には、脊髄が通っています。
脊髄は、さまざまな神経の集合体です。
それらの神経は、生殖器や排泄器官にも繋がっています。
つまり、猫に腰トントンをすると猫は性的興奮を感じるのです。
ちなみに、腰トントンにより性的興奮を感じるのはメス猫のほうが多いです。
特に発情期中や過去に交尾経験があるメス猫は、腰トントンをするととても気持ち良さそうな表情をするでしょう。

自分で手が届かない場所だから

猫は、自分でグルーミングをして被毛や皮膚のメンテナンスをします。
しかし、腰や尻尾の付け根は、猫が自分でグルーミングをすることはできません。
飼い主に腰トントンをしてもらうと、マッサージをされているような感覚になるのでしょう。

飼い主に撫でられて嬉しいから

猫によっては、単純に大好きな飼い主に撫でてもらっているのが嬉しいと感じている可能性もあります。
この場合は、腰トントンでなくても喜ぶでしょうが、特に神経が集中している腰トントンで気持ち良さも感じているはずです。
特に甘えん坊な猫であれば、飼い主とスキンシップができているだけで喜ぶでしょう。

猫に腰トントンをする際の注意点はある?

出典:https://www.shutterstock.com

猫に腰トントンをする際は、いくつかの注意点もあります。
猫が喜ぶからといって、むやみに腰トントンはしないようにしましょう。

やりすぎには注意!

先述したように、猫の仙骨にはさまざまな神経が集中しています。
そのため、過剰に腰トントンをするのは、避けたほうが良さそうです。
過剰に腰トントンをすることで、はじめは気持ち良くても徐々に痛みを感じることもあるでしょう。
また、猫によっては不快に感じて、飼い主に触られることを嫌がることもあります。
何事もほどほどにすることは大切ですが、それは猫の腰トントンにも言えます。

猫が嫌がる場合はやめておく

これも先述しましたが、猫によっては腰トントンを嫌がることもあります。
すべての猫が腰トントンを好むわけではないため、愛猫が腰トントンを嫌がるようであれば、やめておきましょう。
無理やり腰トントンをする理由はないですし、猫との信頼関係に溝ができてしまう原因にもなります。

猫が撫でられて喜ぶ部位を理解しておく

猫は、腰トントンをされることも好きですが、ほかの部位を撫でてもらうことも同じくらい好きです。
特に撫でられて気持ち良い部位は、首の下や頭でしょう。
また、背中も普段はグルーミングで届きにくい部位なので、撫でられて喜ぶ猫が多いはずです。
逆に、急所であるお腹を撫でられることは苦手でしょう。
ちなみに、狩りに使う手足も触られて嫌がる猫は多いです。
猫が撫でられて喜ぶ部位や嫌がる部位を知っておくことで、腰トントン以外のスキンシップもすることができます。
もちろん、ブラッシングで被毛をきれいにしてあげるのも、猫とのコミュニケーションになるでしょう。

猫に腰トントンはやりすぎないように注意!

出典:https://www.shutterstock.com

多くの猫は、腰トントンが好きなはずです。
特にメス猫であれば、腰トントンをすると気持ち良さそうな表情をするでしょう。
しかし、すべての猫が腰トントンを好きなわけではありません。
また、過剰に腰トントンをすると、神経が集中していることから痛みを感じてしまうこともあります。
そのため、猫に腰トントンをする際は、過剰にはせずに軽く数秒だけにしたほうが良いでしょう。
また、猫が腰トントンを喜んでいるかどうかの見極めも大切です。
もしも猫がその場から逃げ出したり尻尾をブンブンを振ったりしている時は嫌がっているサインなので、腰トントンをするのは避けることをおすすめします。
猫の腰トントンは、スキンシップのひとつとして考えると良さそうです。

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

関連特集

オススメ

新着記事