ドッグフードの保存容器はどれがいい?タイプ別での保存法をご紹介

ドッグフードはドライタイプだけでなくウェットタイプもあります。種類によっては保存方法も異なるため、種類別の保存法を確認することがおすすめです。ここでは「ドッグフードのタイプ別の保存方法や注意点」についてご紹介します。 2024年01月15日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬の食べ物犬のカテゴリ - 犬の食べ物
  • VIEW:153

ドッグフードのタイプ別保存方法とは?

出典:https://www.shutterstock.com

ドッグフードはドライ、セミモイスト、ウェットタイプがあります。タイプによって保存期間や保存方法が異なります。
ここでは「ドッグフードのタイプ別保存方法」についてご紹介します。

ドライタイプ

ドライフードの保存方法には、いくつかのポイントがあります。未開封の場合は冷暗所に保存し、開封済みの場合は小分けにして密封し、冷暗所に保管しましょう。開封後はなるべく早めに、約1ヶ月程度で消費することがおすすめです。

保存場所は基本的に直射日光の当たらない湿度が低い場所が適しています。ドライフードは室温でも問題ありませんが、夏などの気温が高い時期には特に気を付けましょう。季節ごとに保存場所を変えることも良い方法です。

セミモイストタイプ

セミモイストタイプのフードは、開封後は密閉容器に入れて冷蔵庫で保存し、開封から2週間程度で消費することがおすすめです。

セミモイストタイプは水分量が多いため、ドライタイプよりも痛みやすいです。したがって、開封後はしっかり密封し、冷蔵庫で保存するように心がけましょう。与える際には、冷えたままだと犬のお腹を壊す可能性があるため、常温に戻してから与えます。また、フードに異常が見られる場合は、無理に与えずに破棄するようにしましょう。

ウェットタイプ

ウェットタイプのフードを保存する際には、開封後は密閉容器に入れて冷蔵庫に保管し、開封した当日に使い切ることがおすすめです。

ウェットタイプは水分量が多く、嗜好性も高いフードです。体調が崩れている時や元気がない時、またご飯をあまり食べない時にも与えやすいです。ただし、一度開封すると痛みやすいため、早めに食べきる必要があります。

未開封の場合は賞味期限まで持ちますが、開封後は注意が必要です。

ドッグフードの保存するときの注意点

出典:https://www.shutterstock.com

ドッグフードは保存方法をしっかりすれば状態の良いまま保存することができます。しかし、開封したフードは賞味期限より早く消費する必要があります。
ここでは「ドッグフードを保存する時の注意点」についてご紹介します。

できるだけ早く消費する

どのフードも開封後はできるだけ早く使うことが大切です。特にウェットフードは痛みやすく、2~3日で劣化してしまいます。そのまま与えるとお腹を壊す可能性もあるため、注意が必要です。開封日を記載しておくと、家族全員が共有しやすくなります。

ドライフードは大きいサイズの方が割安な値段になっていることが多いため、大きめサイズを購入してしまうこともあるでしょう。開封してから時間が経つことで酸化し、味が落ちることがあります。犬が嫌がることもあるため、1ヶ月程度で使い切れるサイズを選ぶのがおすすめです。

密封性の高い保存容器を選ぶ

密封容器を使う際は、密封性の高い保存容器を選びましょう。

密封性が低い容器を使用すると、保存状態が悪化する可能性があります。味や栄養が損なわれ、ウェットタイプやセミモイストタイプは傷むこともあり、最終的には破棄する必要が生じるかもしれません。

密封容器を購入する際は、その密封性がどれくらいかしっかり確認しましょう。

おすすめのフードストッカーについてご紹介

出典:https://www.shutterstock.com

フードを保存するためには正しい方法で保存することが望ましいです。
ここでは「おすすめのフードストッカー」についてご紹介します。

山崎実業 tower 密閉ペットフードストッカー 3.5kg

密閉ペットフードストッカーです。パッキン付きのフタで鮮度をしっかりキープしてくれます。半透明の蓋になっているため残量の確認も簡単にできます。湿度や酸化、ニオイ漏れもしっかり防ぐことが可能です。


山崎実業 tower 密閉ペットフードストッカー 3.5kg

Cielob 自動真空キャニスター セローブ

真空でフードの鮮度をしっかりキープしてくれる保存容器です。フタに手をかざすだけで中の空気が抜け真空状態になります。ボタン一つで簡単に操作することができます。フードを真空状態を維持できるため、しっかり保存することができます。


Cielob 自動真空キャニスター セローブ

乾物ストッカー

スリムで繰り返し使える乾燥剤付きの保存容器です。開封済みのドッグフードなどをしっかり保存するためにも役立ちます。スリム形状なので収納しやすくなっています。


乾物ストッカー

SHINO 真空フードストッカー

UV-C除菌ランプが搭載されたフードストッカーです。ワンプッシュするだけの簡単操作で、蓋を外せば容器の丸洗もできます。強力な真空圧縮力で酸化から食材を守りUV-Cランプ除菌、長期保存でも美味しさキープしてくれるでしょう。


SHINO 真空フードストッカー

保存方法には注意しよう

出典:https://www.shutterstock.com

ここでは、ドッグフードのタイプ別の保存方法や注意点についてご紹介しました。ドッグフードにはいろんな種類のものがあり、賞味期限や保存方法が異なります。誤った保存方法をすると、賞味期限内でも食べることができなくなってしまいます。そのため、フードを保存する時は保存方法をしっかり確認することをおすすめします。

参考サイト
・セレクトショップ・AQUA(アクア)(参照日:2023-11-14)
https://item.rakuten.co.jp/importshopaqua/51002381/

・暮らしのくうかん (参照日:2023-11-14)
https://item.rakuten.co.jp/kurashi-kukan/10000005/

・リビングート 楽天市場店 (参照日:2023-11-14)
https://item.rakuten.co.jp/livingut/4905596121671/

・PANAVIA公式 楽天市場店(参照日:2023-11-14)
https://item.rakuten.co.jp/panavia2017/shino-food-001/

著者情報

こばやし

犬、ハムスター、うさぎ、爬虫類、魚類などの生き物と生活していたので小さい頃から動物が好きでした。
動物関係の専門学校を卒業後、動物看護師として動物病院で勤務していました。
動物看護師、愛玩動物飼養管理師などの資格を取得しており、現在はドッグアロマやドッグマッサージについて勉強中です。

オススメ

新着記事