ドッグフードの保存方法とは?おすすめフードストッカーもご紹介

ドッグフードは鮮度が大事です。空気に長くさらされてしまうと酸化して味も落ち、栄養価も変化してしまいます。ここでは、ドッグフードの保存方法やおすすめフードストッカーをご紹介します。 2022年04月09日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬の食べ物犬のカテゴリ - 犬の食べ物
  • VIEW:944

ドッグフードを湿気や酸化から守る方法とは?

出典:https://www.shutterstock.com

ドッグフードは開封した直後は新鮮な状態ですが、時間が経つにつれ酸化していきます。そのため、ドッグフードは1ヶ月で食べきり程度がちょうどよい量でしょう。
ここでは、ドッグフードの湿気や酸化から守る方法についてご紹介します。

空気に触れる時間を短くする

ドッグフードは空気に触れる時間が長くなると、酸化してしまいます。酸化させないためには、空気に触れる時間を短くすることが大切です。そのため、パッケージにチャックがある場合はしっかり封をし、密封状態にしましょう。
封がないドッグフードの場合はフードストッカーなどを利用して、密封状態になるようにします。

直射日光を避ける

ドッグフードは冷暗所に保存しておくことをおすすめします。ドッグフードは直射日光をあび続けてしまうと、劣化してしまいます。そのため、直射日光を避け保存しましょう。
開封していない状態でも直射日光を当たる場所においておいてしまうと、中のフードが劣化してしまうため、保存方法には注意しましょう。

ドッグフードの保存する容器の選び方とは?

出典:https://www.shutterstock.com

ドッグフードを容器で保存することで、湿気や酸化によるダメージを抑えることができるようになります。しかし容器には色んな種類があるため、選ぶ時に悩んでしまいますよね。
ここでは、ドッグフードの保存容器の選び方についてご紹介します。

しっかり密封できるか

ドッグフードの保存容器は、しっかり密封できる商品を選びましょう。フードストッカーには、色んな種類があり、価格も安価なものから高価なものまであります。
保存容器の蓋がしっかり閉じられ、密封状態にできているかどうか確かめましょう。
インターネットなどで商品を購入する時は特に、密封状態がわかりにくいため、商品説明などから判断しましょう。

お手入れのしやすさ

しっかり密封できても大きすぎてお手入れがしにくい商品では、清潔を保つことが難しくなります。犬が口にするものを保存する容器なので、定期的に洗うことが大切です。最低でもドッグフードに触れる部分は丸洗いなどができるものを選ぶことがおすすめです。

おすすめフードストッカーをご紹介

出典:https://www.shutterstock.com

フードストッカーには色んな種類の商品があり、機能や値段も異なります。
ここからは、おすすめのフードストッカーについてご紹介します。

密閉 フードストッカー MY-3

3kgタイプのフードストッカーです。密封性が高く、専用スコップや専用除湿剤もついているため、湿気を防ぐことができます。スコップや除湿剤は蓋の裏面についているため、フードも取り出しやすくなっています。簡易的な作りになっているので、お手入れもかんたんです。


密閉 フードストッカー MY-3

アイリスオーヤマ 密閉フードストッカー

密封フードストッカーです。湿気や害虫からフードをしっかり守ることができます。ペットフードを袋ごと入れることができ、別売りの除湿剤もセットすることができるため、湿気を防ぐことも可能です。


アイリスオーヤマ 密閉フードストッカー

ペットフードカンパニー フードストッカー

4kgサイズのペットフードが袋ごと収納可能なフードストッカーです。カラーはイエロー、グリーン、ピンクの3種類から選ぶことができます。湿気や匂いを防ぐためのパッキンもしっかりついているので、湿気を防いでくれます。ポップで可愛らしいデザインなので、インテリアとしても最適なフードストッカーです。


ペットフードカンパニー フードストッカー

ペットフードストッカー タワー

半透明の蓋であけずに中を確認することができるフードストッカーです。ホワイトとブラックの2色から選ぶことができ、最後までフードをすくいやすい形をしています。パッキンがついているので、湿気や酸化しにくい構造になっています。蓋をあけなくてもフードの残量を確認することができるため、フード切れを防ぐことも可能です。


ペットフードストッカー タワー

新鮮なごはんを愛犬に!

出典:https://www.shutterstock.com

ここでは、ドッグフードの保存方法やおすすめフードストッカーをご紹介しました。ドッグフードは開封した段階で徐々に酸化していきます。ドッグフードのパッケージにチャックがついていればしっかり封をすることができますが、封がないものもあります。
フードストッカーは、しっかり密封できるか、お手入れがしやすいか、フードを取り出しやすいかなどで選んでいきましょう。

参考サイト

・Pet館~ペット館~(参照日:2022-03-16)
https://item.rakuten.co.jp/dog-kan/492939/

・犬とEnjoy!ドッグパーク (参照日:2022-03-16)
https://item.rakuten.co.jp/dogland/479560/

・ペッツビレッジクロス~ペット通販 (参照日:2022-03-16)
https://item.rakuten.co.jp/kurosu/10017651/

・セレクトショップ・AQUA(アクア) (参照日:2022-03-16)
https://item.rakuten.co.jp/importshopaqua/51002381/

著者情報

こばやし

犬、ハムスター、うさぎ、爬虫類、魚類などの生き物と生活していたので小さい頃から動物が好きでした。
動物関係の専門学校を卒業後、動物看護師として動物病院で勤務していました。
動物看護師、愛玩動物飼養管理師などの資格を取得しており、現在はドッグアロマやドッグマッサージについて勉強中です。

オススメ

新着記事