【猫の記憶力】猫は本当に3日で飼い主のことを忘れてしまうのか

「猫は3日で飼い主を忘れる」という話を聞いたことはありませんか?猫はきまぐれな動物ではありますが、本当に数日で飼い主のことを忘れてしまうのでしょうか?そこで今回は、猫の記憶力にスポットをあてて解説します。 2022年07月24日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫と暮らす猫のカテゴリ - 猫と暮らす
  • VIEW:50,560

猫は本当に数日で飼い主のことを忘れるのでしょうか?猫の記憶力について知り、愛猫にいつまでも覚えていてもらえるような関係を築きましょう。

猫は記憶力にとても優れている 

出典:https://www.shutterstock.com

「猫は3日で飼い主を忘れる」というように、巷では猫の記憶力が悪いかのような話を耳にしますが、実際はとても記憶力に優れた動物です。

こちらの章では、記憶の概念の種類を解説したうえで、猫の記憶力について詳しく説明します。

記憶とは?

記憶は情報の受信・情報の保持・情報の連想という3ステップから成り立っています。

記憶の3ステップを例にするとこのような流れです。
① テレビ番組で自宅の近くにおしゃれなレストランがあることを知った(情報の受信)
② 今度行ってみようと思い、店の場所などをしっかり確認した(情報の保持)
③ レストランの近くを通る予定があったため、そこで食事することにした(情報の連想)

これら3つ流れを脳内の海馬と大脳皮質で処理・認識し、いつでも思い出せるよう蓄積しているのです。

記憶には2つの種類がある 

記憶には、大別すると「短期記憶」と「長期記憶」の2つがあります。

●短期記憶

短期記憶とは、「一時的な期間しか覚えていられない記憶」のことです。

短期記憶の例として、“初対面の相手に名前を聞きそのときは覚えていられるが、つぎの日には忘れてしまっている”場合などが挙げられます。

あまり重要ではない事柄について記憶があいまいになるのも、短期記憶として認識しているためだと考えられます。

●長期記憶

長期記憶とは、「時間が経過しても長期的に覚えている記憶」のことです。

長期記憶は短期記憶の連続(繰り返し)によって保持されます。
例えば、英単語の勉強を夜に行ったとします。しかし翌朝になるとあまり記憶できていなかった。そのため単語帳を開いて再度勉強した。このように何度も繰り返し短期記憶を蓄積することで、長期記憶へと変換していきます。

自分の名前や仕事で必要となるスキルなど、重要なものであればあるほど記憶として色濃く残り続けると考えられています。

猫は短期記憶と長期記憶のどちらに優れているのか? 

猫は短期記憶に優れた動物だといわれていますが、長期記憶においてもおもしろい実験結果が出ています。

実験では、エサが入った箱を事前に覚えさせ、猫がどの程度の時間覚えていられるかを計測しました。すると驚くべきことに、約16時間経過したあとでもエサの在り処をしっかりと覚えていました。

先述したように、長期記憶は自身に重要なものであるほど色濃く記憶として残ります。この実験で猫はエサがもらえるというメリットが存在していたため、長期記憶として認識できていたと考えられます。

興味を示さないものに対して猫は10秒程度しか覚えていられないとする研究もあります。そのことから、猫においても自身が受けるメリットと記憶に大きな関係があるといえるでしょう。

猫は本当に飼い主のことを忘れてしまうのか? 

出典:https://www.shutterstock.com

結論からいうと、猫と飼い主の関係性によって異なります。

先述したように、長期記憶は自身に重要なものであるほど色濃く残ります。それは飼い主と猫の関係性でも変わりません。

例えば、家族で猫を飼っているケースで考えてみましょう。主にお母さんが猫の世話をしておりあなたはほとんど接していません。その場合、猫はお母さんとあなたのどちらを自分にとって重要な存在だと認識するでしょうか?このケースだと間違いなくお母さんのほうですよね?

このように、猫が飼い主であるあなたを自分にとって重要な存在だと認識していれば、少し愛猫と会えない期間があったとしても忘れられることはないでしょう。

とはいえ、離れている期間が長すぎる、外見がかなり変わったなど、猫が飼い主を識別できないほどの変化がある場合は忘れられてしまう可能性が高いです。

愛猫に忘れられないようにする方法は? 

出典:https://www.shutterstock.com

愛猫に忘れられないようにする方法をご紹介します。

子猫期を一緒に過ごす 

子猫期に過ごす時間が長いほど、猫の記憶に残りやすいといわれています。

猫は生後2週齢~9週齢の頃に社会化期を迎えます。
社会化は猫が人間やほかの動物との正しいコミュニケーション方法を学ぶ期間です。
そのことから、この期間を愛猫と一緒に過ごすことで、より鮮明に記憶として残ると考えられています。

良い関係を築く 

日頃のお世話や遊びなど、愛猫と良い関係を築くことができれば、決して忘れられることもありません。

動物と関係を築くのには時間がかかります。毎日少しずつでも時間を取り、おもちゃで遊ぶ、おやつを与える、などのコミュニケーションを取ってみましょう。

猫は警戒心の強い動物なので最初は苦労するかもしれません。
愛猫が自分を好きになってくれるよう、時間をかけて向き合ってください。

定期的に接する 

長期出張や一人暮らしなどがはじまると、愛猫と接する時間も極端に減ります。

人間もそうですが、長期間会っていない相手への関心は少しずつ薄れていくものです。飼い主に対する猫のなかでの重要度が変わってしまうと、知らぬ間に忘れられてしまうかもしれません。

可能であれば時間を作って愛猫に会いに行くようにしてください。短時間でも同じ空間で過ごすことができれば、あなたの顔やニオイを思い出してくれるでしょう。

愛猫はあなたとの時間をしっかり覚えています 

出典:https://www.shutterstock.com

「猫は3日で飼い主を忘れる」という話は、飼い主との関係性が希薄な場合に発生しうるものです。

「愛猫が自分のことを忘れてしまった…」と嘆いている方がいれば、愛猫との付き合い方を見直してみましょう。

そうすることで、これまで以上に愛猫からの信頼を得られるようになるはずですよ!

著者情報

U.SHOHEI

父親が犬のブリーダーをしていたこともあり子どもの頃から犬に囲まれた生活を送る。

現在は趣味の動物園・水族館めぐりから得た知識をもとに幅広く動物に関する記事の執筆をおこなっている。

得意な生物は、犬・猫・海洋生物・エキゾチックアニマル。

オススメ

新着記事