ウェットタイプのドッグフードのメリット・デメリットって?

ウェットタイプのドッグフードとは、ドッグフーズに含まれる水分量が75%以上のことを指します。一般的にカリカリと呼ばれるドライタイプに比べて、どのような特徴があるのでしょうか?そこでこの記事では、ウェットタイプのドッグフードのメリット・デメリットに加え、おすすめのドッグフードをご紹介します! 2020年06月14日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬の食べ物犬のカテゴリ - 犬の食べ物
  • VIEW:224

ウェットタイプのドッグフードのメリット

出典:https://www.shutterstock.com

ドッグフードにはさまざまな種類がありますが、それぞれにメリットがあります。
それでは、はじめにウェットタイプのドッグフードのメリットを見てみましょう。

犬の食いつきが良い

ウェットタイプのドッグフードは、水分量が多いためにおいを強く感じます。
犬は嗅覚で食べ物が美味しいかどうかを判断するため、ドライタイプのドッグフードからウェットタイプに切り替えたときの食いつきに驚いてしまうかもしれません。

未開封時は長期保存ができる

ウェットタイプのメリットとして、未開封時に長期保存ができる点が挙げられます。
ほとんどの場合、ウェットタイプのドッグフードは缶詰かレトルトパウチに密封保存されています。
買い置きができるため、何度もドッグフードを買いに行く手間が省けるでしょう。

シニア犬におすすめ?

シニア犬は、加齢とともに老化が見られます。
顎や歯が弱くなるため、ドライタイプのドッグフードでは噛み砕けなくなってしまうかもしれません。
ですが、ウェットタイプのドッグフードは柔らかいため、シニア犬でも難なく食べることができるでしょう。

水分補給ができる

先述したとおり、ウェットタイプのドッグフードは全体の75%以上が水分でできています。
そのため、犬はドッグフードを食べるだけで十分な水分を補給することが可能です。

ウェットタイプのドッグフードのデメリット

出典:https://www.shutterstock.com

メリットの多いウェットタイプのドッグフードですが、良いことばかりではありません。
次は、デメリットもチェックしてみましょう。

栄養が十分に入っていないものがある

犬の健康は、ドッグフードに依存しています。
ドッグフードに十分な栄養が入っていなければ、ほかで摂取するのは難しいでしょう。
全体の75%以上が水分でできているウェットタイプのドッグフードは、逆をいえばたくさん食べても残りの25%分の栄養しか摂取できないということです。
もしも、ウェットタイプのドッグフードのみで犬を育てようと考えているのであれば、総合栄養食と表示されたものを選ぶと良いでしょう。

開封後の賞味期限が短い

未開封時は長期間の保存ができるウェットタイプのドッグフードですが、開封後はすぐに使い切ってしまわなければなりません。
水分量が多いため、一度開封してしまうと腐りやすくなってしまうのです。
また、品質を落とさないために防腐剤を使用しているものもあるため、注意しましょう。

歯にこびりつく

ウェットタイプのドッグフードは、柔らかいため犬の歯にこびりつきやすいです。
ドライタイプは歯につくことが少ないため、ウェットタイプよりも虫歯や歯石などのリスクは少ないといえます。
しかし、ウェットタイプのドッグフードを与えているのであれば、歯磨きをしてあげたほうが良いかもしれません。

価格が高い

ドライタイプのドッグフードに比べて、ウェットタイプは価格が高いことが多く見られます。
これは、輸入や容器にかかるコストから、価格が上がってしまうためです。
ウェットタイプのドッグフードを長期的に与えたいのであれば、お財布とも相談する必要があるかもしれません。

おすすめのウェットタイプのドッグフード4選

出典:https://www.shutterstock.com

それでは最後に、おすすめのウェットタイプのドッグフードをご紹介します。

おすすめのウェットタイプのドッグフード(1) ナチュラルハーベスト ホームスタイル 鶏ひざなんこつ

出典:https://item.rakuten.co.jp/ashu/nh-22678/

ウェットタイプでは珍しい、総合栄養食として販売されているドッグフードです。
コリコリとした食感が特徴の鶏ひざなんこつは、関節をサポートしてくれるコラーゲンがたっぷりと入っています。
また、原材料として使用される鶏ひざなんこつは、私たち人間が食べられる「ヒューマングレード」の原料を使用しているので、犬にも安心です。
ただし、鶏ひざなんこつは食感があるため、シニア犬には不向きかもしれません。


ナチュラルハーベスト ホームスタイル 鶏ひざなんこつ

おすすめのウェットタイプのドッグフード(2)PURE グリーントライプ

出典:https://item.rakuten.co.jp/ashu/tp-00067sh/

缶詰のウェットタイプのドッグフードでありながら、増粘剤や着色料などの添加物を使用していません。
この商品も総合栄養食として販売されているため、主食として与えることはもちろん、手作りフードのトッピングとしても利用できるでしょう。
また、間接のサポートの手助けをするコンドロイチンやグルコサミンも含まれているため、シニア犬にもおすすめです。


PURE グリーントライプ

おすすめのウェットタイプのドッグフード(3)ナチュラルハーベスト フェカリス1000 ポーク

出典:https://item.rakuten.co.jp/mpcpets/23813-1/#23813-1

レトルトパウチに入ったこの商品は、特別な乳酸菌「フェカリス」を1000億個配合した、穀物不使用のドッグフードです。
低カロリーに抑えているため、ダイエット中の犬に最適といえます。
しかし、あくまで主食というよりはドライタイプのドッグフードのトッピングとして与えたほうが良いでしょう。
手作りフードに加えるような使い方でも利用できそうです。


ナチュラルハーベスト フェカリス1000 ポーク

おすすめのウェットタイプのドッグフード(4)アニモンダ グランカルノ ウェットフード 牛肉と鶏肉

出典:https://item.rakuten.co.jp/dogparadise/4017721827324/

選び抜かれた新鮮な肉しか使用していないこのドッグフードは、人工的な調味料は一切使用していません。
肉本来の味を楽しむことができるため、犬は喜んで食べてくれるでしょう。
牛や鶏の心臓やレバーなどをふんだんに使用しており、ごろっとした肉を感じるこのドッグフードは、肉食動物である犬も満足すること間違いなしです。


アニモンダ グランカルノ ウェットフード 牛肉と鶏肉

ウェットタイプのドッグフードをうまく利用しよう

出典:https://www.shutterstock.com

犬にウェットタイプのドッグフードをメインに与えようとすることは、あまりおすすめできません。
なぜなら、総合栄養食として販売されているものはありますが、十分な栄養を確保できないものが多いからです。
それであれば、ウェットタイプをうまく利用し、ドライタイプにトッピングしたり、混ぜたりしたほうが良いでしょう。
そうすることで、水分・栄養補給もできる上に、食いつきが良くなることが予想されます。
ウェットタイプのドッグフードをうまく利用して、犬の元気の手助けをしてあげましょう。

参考サイト

帝塚山ハウンドカム 楽天市場店
https://item.rakuten.co.jp/ashu/nh-22678/

犬と猫のJohn&Coco ジョン&ココ
https://item.rakuten.co.jp/mpcpets/23813-1/#23813-1

ドッグパラダイスぷらすニャン
https://item.rakuten.co.jp/dogparadise/4017721827324/

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

オススメ

新着記事