犬にウェットフードを与えるメリット・デメリットについて

ドッグフードには、大まかに分けてドライフードとウェットフードの2種類があります。
今回は、トロっとした見た目と美味しそうな香りが特徴のウェットフードについて見ていきましょう。
犬にウェットフードを与えるメリット・デメリットや正しい食事の与え方を解説します。 2021年08月12日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬の食べ物犬のカテゴリ - 犬の食べ物
  • VIEW:1,274

犬にウェットフードを与えるメリット・デメリット

出典:https://www.shutterstock.com/

まずは、犬にウェットフードを与えるメリット・デメリットをご説明します。
これをチェックした上で、愛犬にウェットフードを与えるかどうか判断をするとよいでしょう。

水分補給ができる

暑い時期になると気を付けたいのが、熱中症です。
しかし、私たち飼い主の気持ちとは裏腹に、犬はあまり水を飲んでくれないこともあります。
そんなときにウェットフードを与えることで、効率よく水分補給をさせることができるでしょう。

嗜好性が高い

犬は嗅覚に優れているため、食べ物の美味しさをにおいで感じ取ります。
ウェットフードはにおいが強いため、嗜好性が高いフードといえるでしょう。
特に食欲がないときやシニア犬になって食が細くなってきたときなどにウェットフードを与えることで、犬の食欲増進が期待できます。

柔らかくて食べやすい

シニア犬になって顎の力が弱くなってくると、ドライフードは硬くて食べにくいこともあります。
ウェットフードであれば柔らかいため、シニア犬でも難なく食べることができるでしょう。

歯につきやすい

ウェットフードは柔らかくて水分量が多いため、歯につきやすいというデメリットがあります。
フードが歯に付着したまま過ごしていると、歯周病の原因にもなるでしょう。

保存がきかない

ウェットフードは水分量が多く、腐りやすいです。
そのため、開封後はすぐに犬に食べさせなければなりません。
開封後は冷蔵庫で保管したとしても、1日が限界でしょう。

栄養価が低い

これはすべてのウェットフードにいえるわけではありませんが、ドライフードに比べて栄養価が低いというデメリットがあります。
犬には、総合栄養食と水を与えていれば健康上に問題が出ることはありません。
しかしウェットフードは、総合栄養食であることが少ないです。
そのため、総合栄養食でないウェットフードは、あくまでドライフードへのトッピングなどにしか使えないということになります。

正しい犬の食事の与え方

出典:https://www.shutterstock.com/

どれだけ良質なドッグフードでも、正しく犬に与えなければ健康的な身体を維持することはできません。
次に、正しい犬の食事の与え方を見ていきましょう。

正しい量を与える

ドライフードやウェットフードに関係なく、犬には正しい食事量を与えなければいけません。
正しい食事量を与えなければ、肥満や栄養不足のリスクが高まります。
だいたいの目安はドッグフードのパッケージに記載してありますが、心配であれば獣医師に相談してみるとよいでしょう。

年齢によって回数を増減させる

子犬は、成長を助けるために多くの食事をしなければなりませんし、消化器が発達していないため、一度に多くの食事をすることができません。
そのため、子犬は1日4~5回に分けて食事をさせる必要があります。
消化器が発達した成犬になってからは、1日2回を目安に与えるとよいでしょう。

犬が食べ終えるのを待たない

犬がドッグフードを残していたら、「まだ食べるかもしれない」と置きっ放しにするのはやめましょう。
そうすると、犬は「いつでも食事ができる」と考えるようになり、積極的に食事をしなくなってしまいます。
そのため、犬がドッグフードを残したらすぐに片づけましょう。
もちろん、食欲旺盛な犬がドッグフードを残すというのは体調不良などが原因となっていることもあるので、心配であれば動物病院へ連れて行くことをおすすめします。

おすすめの犬用ウェットフード4選

出典:https://www.shutterstock.com/

最後に、おすすめの犬用ウェットフードをご紹介します。
「たくさんの種類があってどれを選べばよいかわからない」という人は、ドッグフード選びの参考にしてみてはいかがでしょうか?

Plaiaden アソート

人間も食べられるヒューマングレードの原材料を使用した、ウェットフードです。
ペット先進国であるドイツで作られた、添加物に頼らない製法が人気です。
牛やチキン、豚など5種類のアソートになっているため、飽きずにローテーションすることができるでしょう。


Plaiaden アソート

メディダイエット 犬用 シニアアクティブ

パテタイプ、シチュータイプ、ペーストタイプとライフステージに合わせて与えることができるウェットフードです。
アレルギーに悩む犬のために、麦やトウモロコシなどの穀物類は一切使用していません。
7歳以上のシニア犬を飼っているに、おすすめのウェットフードといえるでしょう。


メディダイエット 犬用 シニアアクティブ

デビフ ささみ&チーズ

低脂肪高たんぱくの鶏ささみと、角切りチーズをミックスしたウェットフードです。
植物性ゼリーでほどよく固めており、嗜好性も抜群でしょう。
また、ウェットフードでありながら総合栄養食であるのもポイントです。


デビフ ささみ&チーズ

PURE サーモン&グリーントライプ

人工着色料や香料、保存料を含まない自然派のウェットフードです。
独特なにおいがありますが、これこそが犬の嗜好性を高める理由といえます。
100%放牧飼育のニュージーランド産のミートを使用している、総合栄養食です。


PURE サーモン&グリーントライプ

ウェットフードで犬に効率よく水分補給をさせましょう

出典:https://www.shutterstock.com/

ウェットフードのメリットとしては、効率よく水分補給ができるという点が挙げられます。
また、嗜好性が高いため、食が細くなってきたシニア犬にもおすすめです。
ですが、総合栄養食でなければ犬の健康を維持することはできません。
そのため、犬にウェットフードをメインに与えるのであれば、総合栄養食と記載されたものを選びましょう。
また、ドライフードをメインに与えたい人であっても、トッピングにウェットフードを加えることで、食欲増進が期待できます。

参考サイト

タローとジロー(参照日:2021-07-07)
https://item.rakuten.co.jp/taro-jiro/plaiaden-dog-wet-assort-asu/

Vet’s Labo(参照日:2021-07-07)
https://item.rakuten.co.jp/vetslabo/df000079/

AIAI(参照日:2021-07-07)
https://item.rakuten.co.jp/auc-aicarrot/4970501033370/

ロゴスペットサイト(参照日:2021-07-07)
https://item.rakuten.co.jp/logos-pet/dogcan-nutripe-8885003137753/

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

オススメ

新着記事