水分補給は大切!犬が水を飲まない時の対処法やおすすめウェットフードもご紹介

犬にとって水分補給はとても大切です。水分補給を怠ると脱水症状や熱中症を引き起こす可能性が考えられます。ここでは、水分補給の大切さ、犬が水を飲まないときの対処法やおすすめウェットフードをご紹介します。 2022年08月15日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬の健康ケア犬のカテゴリ - 犬の健康ケア
  • VIEW:2,492

犬にとって水分補給の大切さ

出典:https://www.shutterstock.com

水分補給は犬にとっても大切なことです。
ここでは犬にとって水分補給の大切さをご紹介します。

犬の体の約70%が水分

犬の体の約70%が水分だと言われています。体の水分量が減少することで脱水を引き起こし、犬の体に様々な影響を及ぼします。
気温が高い時期は体内の水分を失いやすくなります。春先でも脱水症状を起こすことがあるため、散歩中でも水分を摂取し、脱水を防ぎましょう。

1日に1kgあたり50~60mlの水分を摂取する

1日に体重1kgあたり50~60mlの水分を摂取することが望ましいです。
体重5kgの犬であれば、250~300ml程度となります。気温が高い日は水分が体内から逃げやすいため、多めに水分を与えることがおすすめです。

水分不足になると脱水症状を起こす

体に水分が足りていない状態となると、脱水症状を引き起こします。脱水症状は元気がなくなったり、食欲の低下、嘔吐や下痢などの症状がみられることがあります。このような症状が表れた際はかなり症状が進行しているため、早急に動物病院を受診しましょう。

犬が水を飲まない時の対処法

出典:https://www.shutterstock.com

水分補給の大切さを知っていても、犬が水分を積極的に摂取してくれるとは限りません。
ここでは、犬が水を飲まない時の対処法をご紹介します。

ご飯から水分補給

犬があまり水を飲む姿が見られないときは、ご飯から水分補給をさせましょう。
水分補給にはウェットフードがおすすめです。ウェットフードは水分量が多く、嗜好性も高くなっています。少し体調を崩していても柔らかく食べやすくなっています。

氷を与える

犬が水を飲まない時の対処法として、氷を与えることもおすすめです。氷を口に入れることで少しずつ水分を摂取することができます。しかし、大きいまま丸飲みしてしまうと喉が傷ついてしまう可能性があるため、犬の口の大きさにあったサイズを選びましょう。
氷のまま与えることが危険だと感じるようであれば、かき氷のように削って与えることもおすすめです。

口の端から少しずつ水を飲ませる

犬があまりにも水を飲まない場合は、口の端から少しずつ水を飲ませてあげましょう。
口の端からはシリンジや清潔なスポンジなどを使い、少しずつ与えることがおすすめです。

おすすめ犬用ウェットフード4選

ウェットフードには多くの水分が含まれているため、水分補給にもおすすめです。
ここでは、おすすめのウェットフードをご紹介します。

ニュートロ シュプレモ カロリーケア トレイ

総合栄養食のウェットフードです。ドライフードのトッピングとしても活用でき、総合栄養食なので、これだけでも十分に栄養を補給することができます。低カロリーで、成犬に最適な栄養バランスに設計されています。


ニュートロ シュプレモ カロリーケア トレイ

ペットパラダイス ウェットフード 4個セット

こだわりの食材で仕立てた栄養補完食です。素材に国産鶏ささみをベースに風味豊かな丸鶏スープを使用し無添加で作られています。鶏ささみほぐし、鶏ささみ+まぐろ、鶏ささみ+野菜、鶏ささみ+緑黄色野菜の4種類から、愛犬の好きなものを選ぶことができます。


ペットパラダイス ウェットフード 4個セット

プレイアーデン 犬用 グレインフリー ウェットフード

農薬や化学肥料を一切使わない100%勇気の原材料で作られているウェットフードです。人間が食べることができるグレードの新鮮な食材を厳選しています。種類もビーフやチキン、七面鳥、豚や野うさぎ、マスなど、豊富なラインナップもポイントです。


プレイアーデン 犬用 グレインフリー ウェットフード

サリダリ 犬用 ウェットフード 牛赤身レトルト

無添加で作られたウェットフードです。牛もも肉や赤身部分を使用したレトルトで、高圧高温加熱レトルト加工されているので、常温で保存できます。


サリダリ 犬用 ウェットフード

水分をしっかり補給させよう

出典:https://www.shutterstock.com

ここでは、水分補給の大切さ、犬が水を飲まない時の対処法やおすすめウェットフードをご紹介しました。
犬にとっても水分補給はとても大切なものです。水分補給を怠ることで脱水を引き起こしてしまう可能性が高くなります。暑い時期はそのまま熱中症を発症してしまうこともあり、大変危険です。
水分補給をするためには犬に少しずつ飲ませる方法、ご飯から水分を摂取する方法、氷などを与える方法があります。犬が飲みやすい方法を選んで与えるようにしましょう。

参考サイト

・ペッツビレッジクロス〜ペット通販 (参照日:2022-07-07)
https://item.rakuten.co.jp/kurosu/10042817/

・ペットパラダイス (参照日:2022-07-07)
https://item.rakuten.co.jp/pet-para/021-87317/

・うちの子 お元気堂 (参照日:2022-07-07)
https://item.rakuten.co.jp/uchinoko-ogenkidou/12mmr-pa0025/

・犬の幸せ サリーとダリオ (参照日:2022-07-07)
https://item.rakuten.co.jp/sallyanddario/ushi_retort_1/

著者情報

こばやし

犬、ハムスター、うさぎ、爬虫類、魚類などの生き物と生活していたので小さい頃から動物が好きでした。
動物関係の専門学校を卒業後、動物看護師として動物病院で勤務していました。
動物看護師、愛玩動物飼養管理師などの資格を取得しており、現在はドッグアロマやドッグマッサージについて勉強中です。

オススメ

新着記事