猫を甘やかし続けるとどうなる?困ることや飼い主ができることは?

猫は甘やかしすぎるとわがままになるだけでなく困ったことも多くなります。では甘やかしすぎないために飼い主ができることはあるのでしょうか。ここでは「猫を甘やかすとどうなるのか、困ることや飼い主ができること」についてご紹介します。 2024年01月19日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫と暮らす猫のカテゴリ - 猫と暮らす
  • VIEW:9,316

猫を甘やかしすぎるとどうなる?

出典:https://www.shutterstock.com

猫が甘えてくると、つい可愛くて我慢できない気持ちになりますよね。でも、猫をあまり甘やかしすぎると、わがままになってしまうことがあります。

例えば、おやつや食事を猫が要求するたびに与えすぎると、健康に悪影響を与える可能性があります。食べ物には1日に与えるべき量がありますので、何度も甘えてきても許容量を超えないように気をつけましょう。

猫の健康を守るためには、猫が何かを要求してきたときにすぐに応じるのではなく、バランスを保つように努めることが大切です。

猫を甘やかしすぎたときに困ることとは?

出典:https://www.shutterstock.com

猫を甘やかしすぎてしまうと猫だけでなく飼い主が困った事態になってしまうことがあります。
ここでは「猫を甘やかしすぎたときに困ること」についてご紹介します。

猫がどんどんわがままになる?

猫を甘やかしすぎると、わがままになることがあります。例えば、猫が呼ぶたびに即座に応じると、朝や夜など忙しい時間でも何度も鳴き続けることがあります。飼い主が寝ているときでも、関係なく起こされることがあり、それが原因で飼い主が体調を崩すこともあります。
猫が何かを要求してきたときは、すぐに対処するのではなく、少し時間を置いてから対応することがおすすめです。

しつけが難しくなる?

猫を過度に甘やかすと、しつけが難しくなることがあります。猫は基本的にはあまりしつけが必要ない動物ですが、時にはしつけが必要になることもあります。例えば、トイレトレーニングはトイレの場所を教えるために行います。猫が自由にどこでもトイレをすることを放置すると、部屋が汚れる可能性があります。
猫のしつけでは怒ることはありませんが、誤った行動を避けさせるためには積極的に誘導することが大切です。

病気の危険性も?

猫を過度に甘やかすと、病気にかかるリスクが高まります。特に気をつけなければならないのは、肥満や糖尿病、高脂血症などです。これに加えて、尿結石症などもリスクが上がります。これらの病気は治療に長期間かかり、治療費も高額になることがよくあります。

飼い主ができることとは?

出典:https://www.shutterstock.com

猫を甘やかしてしまったとき甘やかさないようにするためには飼い主の行動がとても大切です。飼い主の行動次第で猫の行動は変わります。
ここでは「飼い主ができること」についてご紹介します。

猫のわがままは聞かない

猫を飼う上で大切なのは、猫のわがままにすぐに応じないことです。猫が何かを要求しているとき、すぐにその要求に応じてしまうと、猫の行動がエスカレートし、わがままになってしまいます。わがままが習慣化すると、元の状態に戻すのが難しく、再びしつけるのも手間がかかります。
猫のわがままに同情してしまうこともあるかもしれませんが、その瞬間にすぐに応じるのではなく、冷静に対処することが重要です。

猫用のおもちゃを用意する

飼い主ができることとして、猫用のおもちゃを用意することが大切です。猫が甘えてくる原因の一つは、退屈な時間が多いことです。そのため、猫が飽きずに楽しめるように、さまざまなおもちゃを用意してあげましょう。特に一人でも十分に遊べるおもちゃは、飼い主が常に対応する必要がないためおすすめです。

食事は給餌量を守る

飼い主ができることの一環として、食事では給餌量を守ることが大切です。猫の健康を考えて、1日の給餌量をしっかり守りましょう。猫の体の大きさ、体重、年齢によって適切な量は異なるので、都度計算することがおすすめです。

おやつを与えるときは、普段の食事を少し減らして調整しましょう。一度体重が増えてしまうと減らすのが難しいため、できるだけ適正な体重を保つよう心がけましょう。これは猫の健康だけでなく、ストレスの軽減にもつながります。

留守番のときに遊べるおもちゃをご紹介

猫が留守番をしているときは退屈な時間になってしまうことが多いです。そのため、留守番中でも体を動かすことができるおもちゃはとても大切になります。
ここでは「猫が留守番のときに遊べるおもちゃ」についてご紹介します。

ボール回転盤 猫じゃらし付き

猫が夢中になって遊ぶことができるおもちゃです。360度の回転盤で猫じゃらしがついており、丈夫で長く遊ぶことができます。丸い形状になっているため怪我をしにくいのも特徴の一つです。猫の本能をくすぐる仕掛けになっているため、ストレスの解消にも効果が期待できます。


ボール回転盤 猫じゃらし付き

電動猫じゃらし

自動走行で障害回避機能があるおもちゃです。ランダム走行をするため猫が退屈せずに遊んでくれます。思わぬ動きをするため、猫だけでの留守番中にも楽しめるでしょう。


電動猫じゃらし

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

人気の高い猫用のおもちゃです。電動おもちゃなので、猫だけでも遊ぶことができます。カサカサと音がする素材を使っているため、猫も夢中になって遊んでくれます。ランダムに動き周り猫を退屈させません。


キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

自動LEDポインター

LEDポインターで猫が遊ぶことができるおもちゃです。赤いドットが猫の狩猟本能を呼び覚まし夢中になって遊ぶことができます。留守番中も猫と一緒に遊んでくれるため退屈せずに過ごすことができます。


自動LEDポインター

愛猫がかわくても甘やかしすぎには注意!

出典:https://www.shutterstock.com

猫を甘やかすとどうなるのか、飼い主ができること、そして困ることについて解説しました。猫は甘やかすとわがままになり、夜や忙しい時間でも要求が止まらなくなってしまう可能性があります。そのため、猫を甘やかしすぎず、メリハリをもたせることが大切です。
飼い主は猫を甘やかしすぎないよう心がけ、猫だけでも楽しめるおもちゃを利用してみることをおすすめします。

参考サイト
・PET FUN(ペットファン) (参照日:2023-12-19)
https://item.rakuten.co.jp/petfun/t0012cball/

・ilychee (参照日:2023-12-19)
https://item.rakuten.co.jp/ilychee/mja1121/
https://item.rakuten.co.jp/ilychee/mjp1122/

・charm 楽天市場店(参照日:2023-12-19)
https://item.rakuten.co.jp/chanet/184066/

著者情報

こばやし

犬、ハムスター、うさぎ、爬虫類、魚類などの生き物と生活していたので小さい頃から動物が好きでした。
動物関係の専門学校を卒業後、動物看護師として動物病院で勤務していました。
動物看護師、愛玩動物飼養管理師などの資格を取得しており、現在はドッグアロマやドッグマッサージについて勉強中です。

関連特集

オススメ

新着記事