猫が運動不足になるとどうなる?対策法や猫用おすすめおもちゃをご紹介

猫は室内で生活していると運動不足になりがちです。では、猫が運動不足になるとどのような影響があるのでしょうか。ここでは、猫が運動不足になったときのサインや対策の方法について解説します。 2024年01月09日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫と暮らす猫のカテゴリ - 猫と暮らす
  • VIEW:4,167

猫が運動不足になるとどうなる?

出典:https://www.shutterstock.com

猫は基本的に室内で生活しているため、運動不足になりやすい傾向があります。猫の運動不足をそのまま放置してしまうと、どのようなことが起こるのでしょうか?

肥満になる

猫が運動不足になると肥満になる可能性があります。運動不足により消費カロリーが減少し、通常の食事やおやつを同じ量与え続けると、カロリーオーバーが起き、徐々に体重が増えていきます。
肥満になると、適正な体重まで戻すのが難しく、食事量の削減やおやつの制限が必要になります。これにより、猫はストレスを感じる可能性があります。
また、肥満は健康リスクを伴い、病気にかかりやすくなることがあります。特に避妊去勢手術を受けた猫は肥満になりやすいため、食事内容を調整して注意深くケアすることが重要です。

ストレスが溜まる

猫が運動不足になるとストレスが溜まってしまいます。多くの猫は室内で飼われているため、十分な運動が得られないことがあります。特に運動が得意でない猫もいますが、キャットタワーなどを導入して上下動を促進すると良いでしょう。
また、猫と一緒に遊ぶ時間を増やすことも有効です。おもちゃや猫じゃらしを使用して猫の好奇心を引き出し、運動不足を解消する手助けとなります。

病気を引き起こす

猫が運動不足になると、健康への影響が懸念されます。運動不足により筋肉が衰え、骨や関節に炎症が生じ、肝臓や腎臓にも負担がかかる可能性があります。見た目が健康に見えても、体内で問題が進行していることもあります。猫の定期的な健康診断は、潜在的な問題を早期に発見する助けとなります。

ただし、動物病院への訪れがストレスとなる場合は、かかりつけの獣医と相談して、ストレスの軽減策を考えるのも良いでしょう。

運動不足にさせないコツとは?

出典:https://www.shutterstock.com

運動不足になってしまうと肥満などの病気を引き起こしてしまうため、普段から運動不足にならないように対策していくことが大切です。
ここでは、猫を運動不足にさせないコツをご紹介します。

おもちゃを用意する

猫が運動不足にならないよう、体を動かせるようなおもちゃを用意することがおすすめです。おもちゃを準備することで、猫は楽しく運動し、運動不足を解消することができます。猫と遊ぶときは、おもちゃを使いましょう。手や足、洋服などで遊んでしまうと、猫は人の体を噛んでもいいと誤解してしまいます。

おもちゃは一緒に遊ぶ用のものだけでなく、猫が一人でも楽しめるものも用意しておくと良いです。

部屋に猫が体を動かせる仕組みを作る

猫が体を十分に動かせるような環境を作ってあげましょう。具体的な方法として、キャットウォークを壁に設置することが挙げられます。猫は上下運動が好きなので、高い場所に登れるようにすると喜びます。
ただし、賃貸住宅では壁に直接キャットウォークを取り付けることが難しい場合もあります。その際は、キャットタワーなどを利用して、猫が自由に遊べるスペースを提供しましょう。

キャットタワーを用意する

猫の運動不足を対策としては、キャットタワーを導入するのがおすすめです。キャットタワーには様々な種類があり、高さや大きさも異なります。部屋のどのスペースに配置するかや、どれくらいのサイズが収まるかを確認してから選びましょう。

キャットタワーには据え置きタイプと突っ張りタイプがあります。賃貸住宅の場合は、契約などを確認してから設置することをおすすめします。

運動不足解消のためのおすすめおもちゃをご紹介

猫用のおもちゃには運動不足を解消できる物もたくさん販売されています。
ここでは「運動不足解消のためにおすすめのおもちゃ」についてご紹介します。

猫じゃらし 11点セット 釣り竿タイプ

釣り竿タイプの猫じゃらしです。猫の狩猟本能を引き出し夢中になって遊ぶことができるため、運動不足も解消できます。おもちゃは10種類あるため、長期的に遊ぶことができます。


猫じゃらし 11点セット 釣り竿タイプ

電動猫じゃらし

電動で動き回る猫じゃらしです。自動走行なので留守番のときや猫と一緒に遊ぶ時間が取れないときなどに活用しましょう。自由自在に動き回るため猫も夢中になって遊んでくれます。


電動猫じゃらし

キャットタワーStadium Sクラスモデル

省スペースでも設置することができるキャットタワーです。頑丈さと安全性にこだわり作られているため安心して使用することができます。お手入れが簡単なだけでなく、上下運動ができるため運動不足解消できます。真ん中にはハウスがついているため、リラックスできる場所も確保できます。


キャットタワーStadium Sクラスモデル

S型猫トンネル

S型の猫用トンネルです。トンネルには猫が遊ぶことができる仕組みがあり、途中で抜け出すこともできます。使用しないときはコンパクトに収納でき、省スペースでも使用できます。

室内でも運動できるようにしておこう

出典:https://www.shutterstock.com

ここでは「猫が運動不足になったときや対策法、おすすめおもちゃ」についてご紹介しました。

猫が運動不足になってしまうとストレスが溜まり肥満になります。他にも病気を引き起こす可能性があるため注意が必要です。
運動不足解消のためにも猫と一緒におもちゃで遊ぶことやキャットタワーなども準備しておいてあげましょう。

参考サイト
・purple7 (参照日:2023-12-19)
https://item.rakuten.co.jp/purple7/cattoy-lod/

・ilychee (参照日:2023-12-19)
https://item.rakuten.co.jp/ilychee/mja1121/

・Liv House (参照日:2023-12-19)
https://item.rakuten.co.jp/neolead/nl-fpjer03/

・ユニホーム 楽天市場店 (参照日:2023-12-19)
https://item.rakuten.co.jp/unihome/pc002cx/

著者情報

こばやし

犬、ハムスター、うさぎ、爬虫類、魚類などの生き物と生活していたので小さい頃から動物が好きでした。
動物関係の専門学校を卒業後、動物看護師として動物病院で勤務していました。
動物看護師、愛玩動物飼養管理師などの資格を取得しており、現在はドッグアロマやドッグマッサージについて勉強中です。

オススメ

新着記事