猫が運動不足になるとどうなる?運動不足にさせないコツをご紹介

いまは猫を外飼いしている人は少なく、ほとんどが完全室内飼いをしているでしょう。
完全室内飼いは猫の行動に制限がかかるため、運動不足になりがちです。
この記事では、猫が運動不足になるとどうなるか、運動不足にさせないコツについてもご紹介します。 2021年06月04日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫の健康ケア猫のカテゴリ - 猫の健康ケア
  • VIEW:13,641

猫が運動不足になるとどうなる?

出典:https://www.shutterstock.com/

まずは、猫が運動不足になるとどうなるか見ていきましょう。
見た目はもちろん、健康面でも問題が出てきますので、なるべく運動不足にさせないようにすることをおすすめします。

肥満になる

私たち人間と同じように、猫も運動不足になると肥満になるおそれがあります。
肥満は普段から高い場所への昇り降りの多い猫にとっては、とても負担になるでしょう。
身体が重くて動きにくいのはもちろん、昇り降りする際に足腰への負担にもなります。
また、肥満の猫は糖尿病などの心配もしなくてはいけません。
肥満になると発症のリスクが高い病気はいくつもありますので、それらの病気から守るためにも猫を運動不足にさせない努力が必要です。

ストレスが溜まる

猫は運動不足になると、徐々にストレスが溜まってきます。
ストレスを発散するために、急に走り出したり過剰なグルーミングを行ったりして、心身ともに負担をかけてしまうでしょう。
また、家具やインテリアを破壊するなどをしてストレス解消をしようとするため、飼い主も猫の問題行動に悩むことになります。
ストレスが原因の問題行動はしつけでは治せないため、しっかりと対策をする必要があるでしょう。

猫を運動不足にさせないコツ

出典:https://www.shutterstock.com/

次に、猫を運動不足にさせないコツについてご紹介します。
これらのコツを守るだけで、猫の運動不足になるリスクは減っていくはずです。

猫といっしょに遊ぶ

定期的に猫じゃらしなどのおもちゃでいっしょに遊ぶことで、運動不足解消に繋がります。
また、猫とのコミュニケーションにもなりますので、信頼関係を築くにも良いでしょう。
猫の狩猟本能を刺激するような遊びをして、走ったり飛んだりさせて運動不足を解消させることが大切です。

ひとり遊びをさせる

おもちゃによっては、猫にひとり遊びさせることができるものがあります。
ひとり遊びができるおもちゃは、飼い主の留守中にも遊べるというメリットがありますが、気を付けなければならない点があることも覚えておきましょう。
それは、おもちゃを誤飲することや、壊れる可能性があることです。
小さいおもちゃであれば、誤って猫が飲み込んでしまうこともあるかもありません。
また、おもちゃが壊れてしまい、その欠片で怪我をしてしまうことも考えられます。
そのため、猫にひとり遊びできるおもちゃを与えるのであれば、耐久性に優れたものを選ぶようにしましょう。

猫の行動スペースを広くする

床に物が落ちていたり、インテリアが多かったりするのであれば、それらを猫の行動スペースから取り除いてあげましょう。
猫の行動スペースが広がることで、猫は動きやすくなってひとりで部屋を走りまわることもあるはずです。
ひとりで走り回ることで、運動不足解消に繋がります。

キャットタワーを設置する

キャットタワーは、昇り降りがあるため運動不足解消に繋がりやすいです。
また、高い場所が好きな猫にとっては寝る場所にもなるはずです。
ただし、子猫やシニア猫などの運動能力の低い猫であれば、そこまで高さのあるキャットタワーは選ばないようにしましょう。
万が一キャットタワーから落ちてしまったときのことも考え、適正サイズのものを選ぶことが大切です。

おすすめの猫の運動不足解消グッズ4選

最後に、猫の運動不足解消グッズをご紹介します。
飼い主ひとりでは限度があるため、これらのグッズも利用してみてはいかがでしょうか?

出典:https://www.shutterstock.com/

(1)猫じゃらし 11点セット

猫といっしょに遊ぶのは、このおもちゃがおすすめです。
釣り竿タイプの猫じゃらしのため、猫の狩猟本能を刺激させるような俊敏な動きを表現することができます。
また、10種類と豊富な種類のおもちゃが付属しているため、猫も飽きにくく長く遊べるでしょう。


猫じゃらし 11点セット

(2)pidan 電動猫じゃらし

猫にひとり遊びさせることができる、電動猫じゃらしです。
バルーン型のおしゃれなデザインで、インテリアとして部屋に置くこともできます。
電池式で場所をとることもなく、10分で自動ストップをするため猫にひとり遊びさせるには最適のおもちゃです。


pidan 電動猫じゃらし

(3)猫のみつまたトンネル

好奇心旺盛な猫には、このトンネルタイプのおもちゃがおすすめです。
潜ったり隠れたりすることができ、中にはおもちゃも付属しています。
猫が好きなカサカサという音が鳴る素材を使用しているため、飽きずにトンネルで遊んでくれるでしょう。


猫のみつまたトンネル

(4)キャットタワー スタジアム

遊び盛りの猫を飼っている場合や多頭飼いをしているのであれば、このキャットタワーを設置してみましょう。
高さ194cmのハイタワーモデルで、存分に昇り降りをすることができます。
ハイタワーモデルでありながら、登りやすく設計されているため、肥満気味の猫でも難なく使用することができるでしょう。


キャットタワー スタジアム

猫の運動不足はなるべく早めに対処しましょう

出典:https://www.shutterstock.com

猫が運動不足になると、肥満になることはもちろん、ストレスも溜まってしまいます。
肥満やストレスはさまざまな病気の原因となるため、なるべく早めに対処しなければなりません。
たしかに肥満気味、いわゆるぽっちゃり猫は可愛らしいものですが、猫の健康のことを考えて運動不足解消に努めましょう。

参考サイト

purple7(参照日:2021-05-02)
https://item.rakuten.co.jp/purple7/cattoy-lod/

fancy(参照日:2021-05-02)
https://item.rakuten.co.jp/fancy99/lan-284/

clever(参照日:2021-05-02)
https://item.rakuten.co.jp/clever2016/p437-438/

Liv House(参照日:2021-05-02)
https://item.rakuten.co.jp/neolead/nl-pjer02/

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

オススメ

新着記事