【最新2023年】犬の名前の人気ランキングが発表!犬が聞き取りやすい名前とは?

愛犬の名前は生涯呼び続けることになるため、しっかりと決めてあげたいものです。
犬の名前は、どのようなものが人気なのでしょうか?
この記事では、犬の名前の付け方や2023年度の犬の名前の人気ランキングをご紹介します。 2023年09月02日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬の豆知識犬のカテゴリ - 犬の豆知識
  • VIEW:2,447

犬の名前の付け方にポイントってあるの?

出典:https://www.shutterstock.com

まずは、犬の名前の付け方をご説明します。
なんとなく名前を付ける人もいるでしょうが、だいたいの人はこれらのことを考えて名前を付けるはずです。

犬が覚えやすい名前にする

犬の名前を付ける際は、犬が覚えやすいものにするのがおすすめです。
犬は長い言葉は覚えにくく、しつけでも「待て」や「伏せ」などと簡単な短い言葉を使用します。
犬の名前も、昔から「ポチ」や「シロ」など短く言いやすい名前が多いですが、これは犬が覚えやすいというのもあったのでしょう。
ちなみに、家族の中には犬の名前をあだ名のように呼ぶ人もいるかもしれませんが、犬が混乱してしまうので犬の呼び方は統一したほうが良いです。

飼い主が呼びやすい名前にする

愛犬の名前は、飼い主が呼びやすいものにすることも大切です。
なぜなら、犬の名前が長いとどうしても短縮してあだ名のように呼んでしまうからです。
また、犬の名前は毎日何度も口にするため、2~3文字のほうが呼びやすいでしょう。

性別が判別しやすい名前にする

犬の名前は、一度聞いたらオスかメスかすぐに判別が付くものにしましょう。
犬の名前だけで性別が判別できると、近隣住人が飼っている犬とのトラブルを避けることにも繋がります。
もしも犬の名前で性別が判別できないのであれば、オス同士の喧嘩や発情期のメス犬とのトラブルに発展する可能性があります。
もちろん愛犬にオンリーワンの名前を付けてあげたいと考える人もいるでしょうが、参考までにオス犬は格好良い名前、メス犬は可愛らしい名前にすることがおすすめです。

人前で呼びやすい名前にする

犬を飼っていれば、自然とドッグランなどでほかの飼い主や犬と触れ合う機会が増えるでしょう。
愛犬の名前は、ほかの飼い主がいる前でも呼びやすい名前にすることをおすすめします。
いわゆるキラキラネームのような名前にしてしまうと、人前で呼んだ時に愛犬が後ろ指をさされてしまう可能性もあります。
もちろん犬は後ろ指をさされたことに恥ずかしさを感じることはありませんが、人前でも呼べる節度ある名前にすることも大切です。

犬が聞き取りやすい名前とは?

出典:https://www.shutterstock.com

犬の名前は、犬が聞き取りやすいものにするのもおすすめです。
犬が自分の名前を聞き取りやすければ、しつけなども行いやすいでしょう。

犬は子音が聞き取りにくい

人間の言葉は、母音と子音から成り立っています。
犬は、k、s、t、n、h、m、y、r、wの子音が聞き取りにくいと考えられています。
そのため、犬の名前は母音を中心に考えると良いでしょう。
例えば「アイ」という名前は、aとiという母音のみで成り立っているため、犬はとても聞き取りやすいです。

ほかの言葉と被らない名前が良い

先述したように、犬は母音が聞き取りやすいため、母音を中心とした名前がおすすめです。
しかし、しつけや日常生活で使用する言葉と母音が被らないようにしなければなりません。
例えば、「ララ」という名前を付けようとした時に、家の中でお父さんのことを「パパ」と呼んでいるのであれば、「パパ」を呼ぶたびに犬が自分の名前が呼ばれたと考えてしまいます。
また、しつけの言葉である「待て」や「伏せ」などと母音が被るような名前も避けましょう。
犬が混乱しないようにするために、わかりやすくほかの言葉と被らない名前を選ぶ必要があります。

【2023年度】犬の名前ランキング

出典:https://www.shutterstock.com

それでは最後に、2023年度の犬の名前ランキングをご紹介します。
愛犬の名前を付けるのに悩んでいる人は、これらの名前を参考にしてみてはいかがでしょうか?

第5位:ラテ

2023年度の犬の名前ランキング5位は、ラテでした。
ラテはイタリア語で「牛乳」という意味ですが、日本ではおしゃれな言葉として浸透しています。
ちなみにラテは、2021年度は9位、昨年度は7位だったので、徐々に人気となっていることがわかります。

第4位:マロン

2023年度の犬の名前ランキング4位は、マロンです。
マロンは、フランス語で「栗」を意味しています。
マロンという言葉も、ラテと同様に日本ではスイーツでお馴染みです。
ちなみに、マロンは昨年度も4位でした。

第3位:モカ

2023年度の犬の名前ランキング3位は、モカでした。
モカはコーヒー豆の種類ですが、犬の名前としても人気です。
昨年度も、今回同様に3位でした。
ここまで見るとわかるように、日本人は犬の名前にスイーツやカフェで使用されるような名前を好んで付けるようです。
ちなみに、カフェモカはチョコレートとエスプレットとミルクを混ぜたコーヒーのことであり、日本では「モカ」という単語よりもカフェモカのほうが馴染みがあるかもしれません。

第2位:ココ

2023年度の犬の名前ランキング2位は、ココです。
ココは呼びやすさから、長い間人気が高いのでしょう。
ちなみに、ココは昨年度も2位です。
また、海外の人気ブランドを連想させるような響きなのも、人気のポイントなのかもしれません。

第1位:むぎ

そして2023年度の犬の名前ランキング1位は、むぎです。
シンプルかつ可愛らしい響きのむぎは、オスやメスの性別に関係なく付けられる傾向にあります。
ちなみに、むぎは猫の名前ランキングでも1位を獲得しており、万能な名前だといえるでしょう。

犬の名前は呼びやすいものを付けよう

出典:https://www.shutterstock.com

犬の名前を付けるのは、いろいろと悩んでしまうものです。
しかし、オンリーワンのものを付けようとして呼びにくいものを付けてしまうと、犬自身も名前が覚えられないかもしれません。
犬の名前は、飼い主が呼びやすく犬が覚えやすい名前にすることが大切です。
また、一度聞いた時に性別が判別しやすいものでも良いでしょう。
これから犬を飼う人は、今回ご紹介した2023年度の名前ランキングを参考にしてみてはいかがでしょうか?

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

オススメ

新着記事