犬の聴力はどれくらい優れている?人間やほかの動物と比較

犬は、人間と比べると聴覚や嗅覚が優れていると言われています。
今回は、犬の聴覚にスポットを当ててみましょう。
この記事では、犬の聴覚がどれくらい優れているか、人間やほかの動物との比較と併せてご紹介します。 2022年05月24日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬の豆知識犬のカテゴリ - 犬の豆知識
  • VIEW:792

犬の聴力はどれくらい優れている?

出典:https://www.shutterstock.com

まずは本題である、犬の聴覚がどれくらい優れているのかを解説します。
人間やほかの動物と比べながら、犬の聴覚を紐解いていきましょう。

犬は1km以上離れた音も聞き取れる

犬は、1kg以上離れた場所での音も聞き取ることができます。
これは、犬の祖先といわれるオオカミが遠く離れた仲間やほかの動物の鳴き声を聞くために、聴覚が発達したのだと考えられます。
ちなみに、森のように障害物が多い場所ではなく、何もない広い場所であれば、1kmよりもさらに離れた場所の音も聞くことが可能です。
一説によると、人間と比較すると犬のほうが人間よりも400倍遠くの音を聞き取れるといわれています。

犬は人間よりも広い周波数を聞くことができる

人間が聞き取れる周波数は、約20〜20,000Hzだと言われています。
周波数は、低いと低音、高ければ高音となります。
人間の日常会話は、250〜4,000Hzと考えられ、一般的には1,000Hzより低ければ低音域、4,000Hzよりも高ければ高音域です。
健康診断などで行う聴力検査も、1,000Hzと4,000Hzの音域を使用しています。
そして、犬の聞き取れる周波数は約65〜50,000Hzです。
人間よりもはるかに広い周波数と聞き取ることができることがわかりますが、特に高音域に強いといえます。
ちなみに、犬のしつけなどで使用する犬笛は、16,000Hz以上の音を出すことができるため、人間には聞こえなくとも、犬にはハッキリと聞こえています。

ほかの動物と犬の比較

それでは、ほかの動物と比べると犬はどれほどの聴力を持っているのでしょうか?
まずは、犬とともにペットとして人気の猫は、犬と同様の周波数を聞き取ることができます。
次に、小さな身体の持ち主であるネズミは、犬の倍近くである1,000〜100,000Hzを聞くことができると考えられていますが、これは自身に降りかかる危険を事前に察知しなければいけないからでしょう。
また、さらに広い周波数を聞き取ることができるのが、イルカです。
イルカの種類にもよりますが、150,000Hzほどの高音域まで聞き取ることができます。
そして、地球上で最も聴力が優れていると言われているのが、蛾です。
蛾の一種であるハチノスツヅリガは、なんと人間と比較すると15倍にあたる300,000Hzまで聞き取ることが可能です。

聴力の良い犬と暮らす際の注意点

出典:https://www.shutterstock.com

犬は聴覚が優れているため、いっしょに暮らす際にはいくつかの注意点があります。
犬が不自由なく暮らすことができるように、可能な限りの配慮をしてあげましょう。

むやみに大きな音を出さない

犬は人間よりも聴覚が優れているため、生活をする上でむやみに大きな音を出さないようにしましょう。
大きな音の中で生活をすることで、内耳の中にある音を伝達する細胞が損傷してしまう可能性があります。
日頃から大きな音に囲まれて生活をしていると、聴力の低下にも繋がるため、気をつけなければなりません。
大音量の音楽はもちろん、近所の工事の音も犬の聴覚を低下する原因となるため、配慮して生活をすることが大切です。

感染症に注意

犬といっしょに暮らすときは、真菌や細菌などの感染症に注意しましょう。
散歩中に真菌や細菌に感染して外耳炎を発症して、難聴になってしまう犬もいます。
耳の病気は犬が痒がったり耳から悪臭がしたりするため、異常がみられたらすぐに獣医師に診てもらうことをおすすめします。

突然大きな音を出さない

大きな音に囲まれて生活をするのは犬の聴覚に悪影響を及ぼすことは先述しましたが、突然大きな音を出すのも避けなければなりません。
突然大きな音を出してしまうと、犬はびっくりしてしまいます。
犬の性格によってはストレスとなることもあるため、ドアを勢いよく閉めるなど大きな音が出ないように気をつけましょう。

音が鳴るぬいぐるみ・おもちゃ4選

出典:https://www.shutterstock.com

犬は、音が鳴るおもちゃが大好きです。
これらのおもちゃを利用して、愛犬とコミュニケーションをとってみましょう。

ペットぬいぐるみおもちゃ16点セット

音が鳴るおもちゃが16点セットになった商品です。
16点もあれば、万が一犬におもちゃを破壊されてしまっても、次々新しいものを与えることができるでしょう。
どれも可愛らしいデザインで、愛犬におもちゃを与えるのが楽しみになるはずです。


ペットぬいぐるみおもちゃ16点セット

P.L.A.Y フライドチキン

フライドチキンの形をした、可愛らしいおもちゃです。
人間の子ども用品と同等の品質基準で生産されているため、安心して犬に与えることができます。
また、汚れたら洗濯機で丸洗いできるのも、嬉しいポイントです。


P.L.A.Y フライドチキン

シャカシャカ アルパカ

ふわふわの身体が可愛らしい、アルパカの形をした犬用おもちゃです。
大きめサイズなので、大型犬でも楽しむことができるでしょう。
平らな身体部分はシャカシャカ音がして、立体的なアルパカの顔はピッピと鳴る笛入りです。


シャカシャカ アルパカ

音が鳴る輪っかのおもちゃ

犬が噛むと、ピッピと音が鳴る笛入りのおもちゃです。
輪っかの形をしているため、犬と引っ張り合いをして遊ぶことができます。
おもちゃの中に笛が埋まっているので、誤って部品を誤飲してしまう心配も少ないでしょう。


音が鳴る輪っかのおもちゃ

犬は人間よりも聴覚が優れている

出典:https://www.shutterstock.com/

犬の聴覚は、人間よりも高音域や遠くの音を聞き取ることができます。
そのため、遠くでほかの犬が遠吠えをしたり犬笛の音が聞こえると、耳を動かして反応するでしょう。
犬といっしょに暮らす際には、聴覚が優れていることを再認識して、大きな音を出さないように気をつけなければなりません。

参考サイト

ホームスウィートホーム(参照日:2022-04-15)
https://item.rakuten.co.jp/homesweethome/kk-013787/

Pet館(参照日:2022-04-15)
https://item.rakuten.co.jp/dog-kan/7138481/

ライフライク(参照日:2022-04-15)
https://item.rakuten.co.jp/life-like/10000047/

ペット雑貨のPet cueb(参照日:2022-04-15)
https://item.rakuten.co.jp/inuzuki/go-t003/

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

オススメ

新着記事