犬服の正しいサイズの測り方は?犬に服を着せる注意点も解説

寒い時期になると、犬にも服を着せてあげたほうが散歩も楽しめます。
ほかにも、犬服にはさまざまなメリットがあるため、犬を飼う上で服についても知っておいたほうが良いでしょう。
この記事では、犬に服を着せるメリットや注意点、犬服の正しいサイズの測り方をご紹介します。 2023年01月30日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬と暮らす犬のカテゴリ - 犬と暮らす
  • VIEW:4,289

犬に服を着せるメリット・注意点

出典:https://www.shutterstock.com/

まずは、犬に服を着せるメリットをご説明します。
併せて、犬に服を着せる際の注意点についても見ていきましょう。

寒さや暑さから身を守れる

犬に服を着せる最大のメリットは、寒さや暑さから身を守れるという点でしょう。
特に寒さに弱いシングルコートの犬種は、服を着せることで散歩時も寒さを感じにくくなります。
また、暑い時期は熱中症に気を付けなければなりませんが、メッシュ生地や冷感素材を使用した服を着せることで、日光を直接浴びずに若干ながら暑さから身を守れるはずです。
体温調節の苦手なシニア犬のために、服を着せるのも良いでしょう。

被毛が汚れるのを予防できる

犬に服を着せるのは、被毛の保護の意味もあります。
被毛を雨や泥から守るのはもちろん、ノミやダニ対策にもつながるでしょう。
犬に服を着せることで、雨の日の散歩もしやすくなるはずです。

抜け毛対策

犬は、換毛期になると抜け毛が目立つようになります。
犬によっては、毎日ブラッシングをしていても部屋中に抜け毛が落ちていることもあるでしょう。
そんな時に服を着せていれば、抜け毛が服に付着して部屋に抜け毛が落ちるのを予防することができます。

患部を守ることができる

犬が病気などで身体に炎症が起こってしまった時には、服を着せるのも良いでしょう。
服を着せることで、患部を直接舐めたり掻いたりできなくなるため、炎症の完治が早まることが期待できます。

無理に着せない

犬によっては、服を嫌がる可能性があります。
特に子犬の頃から服に慣れていない犬は、いきなり服を着せても抵抗するでしょう。
服を無理やり着せると犬のストレスになることもあるため、無理に着せるのは避けたほうが良さそうです。
ただし、シングルコートの犬種は寒い時期に服は必須ともいえるので、子犬の頃から慣れさせておく必要があります。

装飾の誤飲に注意

犬の服は、さまざまなデザインのものがあります。
ものによってはボタンなどの装飾が多く付いているものもありますが、装飾には十分に注意しなければなりません。
好奇心旺盛な犬であれば、ボタンなどの装飾を噛んで誤飲をしてしまう危険性もあります。

犬服の正しいサイズの測り方

出典:https://www.shutterstock.com/

次に、犬服の正しいサイズの測り方を解説します。
犬が動きやすいように、しっかりとフィットしたものを着せてあげましょう。

犬の首回りの測り方

犬の首回りは、もっとも太い部分を測るようにしましょう。
犬の首のもっとも太い部分は、首輪を締めている部分です。
そのため、犬が動き回って測りにくいのであれば、首輪を参考にすると良いでしょう。

犬の胴回りの測り方

犬の胴回りに関しても、前足の一番太い部分である付け根付近から測りましょう。
前足の付け根から背中を一周させて測ることで、犬の胴回りの長さを正確に測ることができます。
胴回りのサイズが小さければ犬は動きにくくストレスを感じてしまうため、きちんと測るようにしましょう。
ちなみに、胴回りのサイズが大きいのも、服としての効果が薄くなってしまいます。

犬の背丈の測り方

犬の背丈、つまり体長の測り方は首輪を締めている部分を参考にします。
首輪を締めている部分の1cmほど下から尻尾の付け根までの長さが、犬の背丈にあたります。
背丈に関してもサイズが合っていなければ動きにくさを感じてしまうため、3、4回測ると良いでしょう。

冬におすすめの犬用の服4選

出典:https://www.shutterstock.com/

最後に、冬におすすめの犬用の服をご紹介します。
これらの服を着て、寒い冬を乗り切りましょう。

Dolebean あったか起毛トレーナー

シンプルなデザインの犬服です。
起毛素材で、しっかりと犬の身体を温めてくれるでしょう。
4つのカラーで、愛犬に合うものを選ぶことができます。


Dolebean あったか起毛トレーナー

iDog ふんわりファータンク

はじめて服を着る犬でも着やすい、タンクトップの犬服です。
ファーがとても温かく、寒い時期も乗り切れることが期待できます。
さまざまなカラーから、愛犬に似合うものを探してみてはいかがでしょうか?


iDog ふんわりファータンク

DOGCHOiCE おしゃれなダウン風ジャケット

ダウン風で、しっかりと寒さをしのげそうな犬服です。
ユニオンジャックのロゴが、とてもおしゃれです。
13色のラインナップが用意されています。


DOGCHOiCE おしゃれなダウン風ジャケット

PETFiND フード付きダウン風ジャケット

フード付きの、ダウン風ジャケットです。
裏起毛を採用しており、寒さが苦手な犬でも冬を乗り切れるでしょう。
柔らかい生地で、はじめて服を着る犬でもストレスを感じにくいはずです。


PETFiND フード付きダウン風ジャケット

季節を問わず犬に服を着せよう!

出典:https://www.shutterstock.com

犬に服を着せるのは、寒さや暑さから身を守れるのはもちろん、抜け毛対策にもなります。
また、体温調節が苦手なシニア犬にもおすすめです。
しかし、はじめて服を着る時には、嫌がる犬もいるでしょう。
そのため、子犬の頃に服に慣れさせておくことをおすすめします。
しっかりとサイズを測り、犬にぴったりの服を着せてあげましょう。

参考サイト
DOG CHOICE!(参照日:2022-12-15)
https://item.rakuten.co.jp/dog-choice/dolebean-trainer/
https://item.rakuten.co.jp/dog-choice/down-jacket/

I DOG & I CAT(参照日:2022-12-15)
https://item.rakuten.co.jp/idog/14665-/

PET FiND(参照日:2022-12-15)
https://item.rakuten.co.jp/dog-wear-creative/crma-2577/

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

オススメ

新着記事