犬のリュックはどんな時に必要?リュックの選び方は?おすすめの犬用リュック4選

犬とのおでかけの際や、通院の際に便利なキャリーバッグですが最近ではリュックタイプのキャリーバッグを数多く目にします。本記事では、犬用リュックの必要性や選び方、おすすめの犬用リュックなど、詳しく解説いたします。 2023年01月16日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬とおでかけ犬のカテゴリ - 犬とおでかけ
  • VIEW:3,639

犬用リュックとは?

出典:https://www.shutterstock.com

犬用リュックとは、愛犬を背負って移動できるタイプのキャリーバッグです。

主流のトート型のキャリーバッグと違って、両手が自由になることや重さが分散されるので、飼い主の移動の負担も軽減されるなどの特徴があります。

最近では犬用リュックの種類も数多く販売されており、愛犬にあったリュックを選ぶことができます。

犬用リュックはどんな時に使える?

出典:https://www.shutterstock.com

通院時

歩いて通院したり、バスや電車などの公共交通機関を使って通院している場合にリュックは役立つでしょう。また両手が空くことから自転車にも乗ることも可能になるので、車を持っていないご家庭にも便利でしょう。

災害時

災害に備えて、犬用リュックを備えてるご家庭も多いようです。両手が空くので、飼い主も移動しやすく安全かつ早く行動できます。いざという時のために犬用の防災リュックを準備しておくのも良いでしょう。

旅行やショッピングなどのおでかけ

旅行やショッピングなどにも犬用リュックは便利です。飼い主への負担はもちろん、リュックの種類によっては犬への負担がかかりにくいものもあるので、長時間のおでかけも可能です。

犬用リュックの選び方

出典:https://www.shutterstock.com

犬種に合ったサイズ

犬用リュックでもサイズはさまざまです。愛犬の犬種に合ったサイズのリュックを選びましょう。大きいサイズほど、犬への負担が少ないと思われがちですが、余裕がある分、移動中の犬の姿勢が不安定になってしまうことがあります。
リュックにも適正犬種などの記載があるのでそれも参考によくチェックして選びましょう。

また、リュックを使用する時間により、選ぶサイズが変わります。1時間程の短時間の使用であれば、犬の体にフィットするものを、1時間以上の長時間の使用であれば、犬の体よりひと回り大きいものを選びましょう。

丈夫さや素材

犬用リュックを使用して安全に移動するためには、リュックの丈夫さもとても重要なポイントです。底面などの素材に固い素材が使われていると、安定性が上がり犬への負担もかかりにくいとされています。

クッション性の高いものなどは、犬への衝撃を抑えてくれたりと素材などによって、負担軽減につながったりするので、犬用リュックを選ぶ際は使われている素材なども要チェックしましょう。

またリュックごとに定められている適正体重をチェックし、体重オーバーしたものは使用しないようにしましょう。

機能性の高いもの

犬用リュックは機能性も多種多様です。ペット用に安全対策が施されているかどうか、購入前によく確認するようにしましょう。

例えば
・飛び出し防止金具
・外が見えるメッシュ窓
・熱がこもらないようメッシュ素材
・2WAYで使える
・大きさを変えられる
などの機能が備わっているものもあります。

機能性の高いものを選び、安心して使用できるものを選びましょう。

犬用リュックを使用する時の注意は?

出典:https://www.shutterstock.com

まずはリュックに慣れさせる

犬用リュックに入ることにまったく抵抗ない子もいれば、嫌がる子もいます。その場合は無理に入れることは絶対にやめてください。

ストレスが余計にかかったり、暴れたりすることで体に負担がかかります。おやつなどのご褒美も駆使して使用する日までにゆっくり慣らし、入っても怖くない、良いことがあると覚えてもらいましょう。

犬用リュックは災害時にも役に立つので、いざという時のためにもリュックに入る練習をしておくと良いでしょう。

公共交通機関では頭や体は全部入れる

犬用リュックを使ってバスや電車などの公共交通機関で利用する際は、必ず犬の頭や体全体がリュックの中に入ってる状態にしてください。頭だけ出ていたり、体の一部が出ていたりすると、乗車を断られる可能性もあるので注意が必要です。

劣化を要チェック

リュックは長期間の使用で劣化してくることもあります。破れていたり、肩紐がちぎれそうになっている状態で使用することは危険が伴うでしょう。

ある程度の劣化が見られた際は買い換えるか、部分交換などをしていつでも安全に使用できるようにメンテナンスもしっかり行いましょう。

また、内部の掃除もその都度行い、リュックの庫内を清潔に保ちましょう。

おすすめの犬用リュック4選

WINSUN キャリーリュック

拡張機能が付いた犬用リュックです。拡張すると簡易的なペットハウスにもなるので災害時などにおすすめです。使用しない時には折りたたんで収納することができるので収納場所もとりません。メッシュ窓が付いており通気性もよく、カバーで目隠しになるので、外が見えてしまうことでストレスになる子でも安心して使用できます。


WINSUN キャリーリュック

GEX OSOTOキャリートラベラーTall

ポリカーボネートという衝撃に強く軽量な素材で作られているリュックです。固い素材なので安定感があるため、長時間の移動時でも犬への負担が軽減されます。通院や旅行、普段のお出かけなど、さまざまなシーンに合わせた使用ができ、正面扉は透明窓になっているので、いつでも犬の様子を確認しながら使用できます。


GEX OSOTOキャリートラベラーTall

ランドリュック ビッグフィットキャリー

中型犬まで使用できるリュックです。開口部も大きく、重量も12kgまで対応しています。メッシュ窓が3カ所あるため通気性もよく、閉めることもできるので臨機応変な使用ができます。飼い主の背中が当たる部分もメッシュになっているので夏場でも蒸れを防げるのも嬉しいポイントです。飛び出し防止リードも付属しており、いざという時でも安心です。


ランドリュック ビッグフィットキャリー

K9 スポーツサック エア 2

スポーティーなデザインの犬用リュックです。犬の身体にフィットするような造りで、登山やサイクリングなどのアクティブに動くスポーツ時などにおすすめです。サイズ展開も豊富なため、さまざまな大きさの犬にも対応できます。


K9 スポーツサック エア 2

犬用リュックにもさまざまな種類がある

出典:https://www.shutterstock.com

犬用リュックはについてご紹介しました。犬用リュックがあればいつものおでかけが楽になったり、いざという時の災害時にも安全に避難することができるでしょう。犬用リュックを検討している方へ、本記事が参考になればと思います。

参考サイト

ブリッジワールド(参照日:2022-12-14)
https://item.rakuten.co.jp/burigi666/pet-htz01/

ペッツビレッジクロス〜ペット通販(参照日:2022-12-14)
https://item.rakuten.co.jp/kurosu/33120113ku/

みんな笑顔(参照日:2022-12-14)
https://item.rakuten.co.jp/petstown/p5517-2/

Out Tail Dog Outdoor Gear(参照日:2022-12-14)
https://item.rakuten.co.jp/outtail/k9/

著者情報

Hanaco

子育てをしながら、専業主婦ワーカーとしてお仕事をさせていただいております。以前はチワワを2匹飼っていました。
調べることや文章を考えることが好きで、自分の考えや経験などを活かせるようなお仕事をしたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

オススメ

新着記事