猫のジャンプ力はどれくらい?猫のジャンプ力の秘密について

木に登って降りられなくなる猫がいるほど、猫のジャンプ力は高いです。
実際に、猫のジャンプ力はどれくらいなのでしょうか?
この記事では、猫のジャンプ力と高くジャンプできる理由について解説します。 2023年01月05日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫の豆知識猫のカテゴリ - 猫の豆知識
  • VIEW:1,693

猫のジャンプ力はどれくらい?

出典:https://www.shutterstock.com/

まずは本題である、猫のジャンプ力についてご説明します。
ここをチェックすると、猫が高い木に軽々と登ることも納得できるかもしれません。

猫のジャンプ力は1.3~1.5m

猫のジャンプ力は、体高の約5倍の高さがあるといわれています。
つまり、体高約30cmの猫であれば、約1.5mのジャンプ力があるということです。
当然ながら猫の身体能力や性別などの個体差はありますが、猫によっては2m以上のジャンプ力を誇る猫もいます。
これを人間に当てはめると、身長170cmの人がジャンプをすると、約8m50cmもの高さを飛ぶことができるということになります。
人間に当てはめることで、猫のジャンプ力が驚異的だということがわかるでしょう。

猫のジャンプ力が低い時は?

当然ながら、猫によってはジャンプが苦手なこともあります。
1mの高さもジャンプできない猫もいますが、主な理由としては肥満が挙げられるでしょう。
また、足の怪我や病気などでも、猫のジャンプ力が低下することがあります。
ちなみに、過去に高くジャンプをした時に落ちてしまったり怪我をしてしまったりした経験がある猫は、恐怖心からかジャンプ力が低下することもあるでしょう。

猫が高い場所から着地をしても怪我をしない理由

高い場所へと軽々ジャンプする猫は、同じく高い場所から着地をすることも可能です。
もちろん木の上に登りすぎて降りられないこともありますが、多少の高さであれば猫は着地をしても怪我をしません。
その秘密は、猫の着地の仕方にあります。
猫は、どんな体勢でも4本足で着地をする能力を持っています。
これは空中立ち直り反射と呼ばれ、猫特有の能力といえるでしょう。
空中立ち直り反射によりどんな状態でも4本足で着地することで衝撃が分散されて、猫は高い場所から着地をしても怪我をしないのです。

猫が高くジャンプできる理由

出典:https://www.shutterstock.com

小さな猫の身体であれだけのジャンプ力があるのには、何か秘密があるに違いありません。
次に、猫が高くジャンプできる理由を解説します。

後ろ足が発達しているから

猫のジャンプ力の秘密は、後ろ足にあります。
猫の後ろ足の筋肉は速筋と呼ばれ、瞬間的に力を出すことが可能です。
この速筋により、猫は高い場所へ軽々と登ったり、一気に獲物との距離を詰めたりすることができます。

背骨に柔軟性があるから

猫の背骨はとても柔軟性があり、丸めたり伸ばしたりすることができます。
この背骨の柔軟性も猫のジャンプ力には大切で、後ろ足と背骨を連動させて、バネのようにジャンプをすることが可能です。

猫にとって必要な行動だから

猫は野生で生活をする上で、ジャンプをすることが欠かせません。
高い場所に登って獲物を探したり外敵から身を守るために高い場所へ登ったりすることは、猫にとって必要不可欠です。
キリンが高い場所のものを食べるために首が長くなったのと同様に、猫にとって生きる上で必要なためジャンプ力が発達したと考えられます。

身体が小さいから

猫の体重は、約3~5kgと小柄です。
この身体の小ささも、猫のジャンプ力には好条件です。
同じネコ科のライオンは大きな身体をしているため、ジャンプ力が苦手だといわれています。
どちらもネコ科にも関わらずジャンプ力に差が出るのは、猫が小柄かつ筋肉質だからでしょう。

おすすめのキャットタワー4選

出典:https://www.shutterstock.com/

高い場所が大好きな猫には、キャットタワーを設置してあげると良いでしょう。
最後に、おすすめのキャットタワーをご紹介します。

mwpo キャットタワー 130

オーソドックスなタイプの、キャットタワーです。
ハウスやハンモックなどが備え付けられており、猫の遊び場として重宝するでしょう。
程良い高さで、万が一猫が転落しても怪我をするリスクが低いです。


mwpo キャットタワー 130

キャットタワーStadium Sクラスモデル ファブリック

猫の多頭飼いをしている人は、このキャットタワーがおすすめです。
194cmと十分な高さやハンモック、隠れ家など猫同士が遊ぶのに最適でしょう。
しっかりとした土台で、転倒の心配もありません。


キャットタワーStadium Sクラスモデル ファブリック

キャットツリー TOTEM

突っ張り棒で床と天井を固定するタイプの、キャットタワーです。
キャットタワーの転倒が心配な人は、突っ張りタイプのものを選んでおけば安心でしょう。
丈夫なプライウッドという木材を使用し、段差のレイアウトも自由に組み替えることができます。
豊富なオプションも取り揃えているので、オリジナルのキャットタワーを作ることもできます。


キャットツリー TOTEM

キャットタワーStadium つっぱり式 キャットタワー

スリムな形をしたキャットタワーです。
突っ張りタイプで、部屋のスペースを圧迫することもありません。
部屋にキャットタワーを設置するスペースが少ない人は、このキャットタワーをおすすめします。


キャットタワーStadium つっぱり式 キャットタワー

猫のジャンプ力は驚異的

出典:https://www.shutterstock.com/

猫は、体高の約5倍のジャンプ力を持っています。
人間でいうと、約8m50cmの垂直飛びができるということです。
人間に当てはめることで、猫のジャンプ力が驚異的だということがわかるでしょう。
なぜ猫がそこまでジャンプできるかというと、後ろ足に秘密があります。
後ろ足の速筋や柔軟な背骨により、猫の驚異的なジャンプ力を生んでいるのです。

参考サイト
Mwpo(参照日:2022-12-07)
https://item.rakuten.co.jp/ohamakaguya/mwpo-130/

Liv House(参照日:2022-12-07)
https://item.rakuten.co.jp/neolead/nl-fpjer03/
https://item.rakuten.co.jp/neolead/nl-ctp01/

タープ&テントのスマイルプライス(参照日:2022-12-07)
https://item.rakuten.co.jp/smile88/a13153/

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

オススメ

新着記事