猫が高い所が好きなのはなぜ?おすすめのキャットタワー5選

猫は軽々と高い所へ昇りますよね。身軽で高い所が好きという印象が強いですが、猫はなぜ高い所が好きなのでしょうか?
そこで今回は、猫が高い所が好きな理由とおすすめのキャットタワーをご紹介します。 2021年06月07日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫と暮らす猫のカテゴリ - 猫と暮らす
  • VIEW:3,085

猫が高い所が好きな理由

出典:https://www.shutterstock.com

安全性の確保

1つ目の理由は、安全性を確保するためです。

多くの肉食動物は、地面を歩いて獲物を探します。
猫は自分より強い動物から襲われないように、地面から離れた木の上などの高い場所におり、危険を回避しているのです。

その他の理由としては、地面や草地ではノミ・ダニの被害にあうことも多く、木の上にいることで害虫から身を守っているという説も考えられています。

視野の広い場所が好き

木の上などの高い場所にいると、視野が広くなり、天敵などをいち早く発見することができます。
家の中でも高い場所にいれば、飼い主が何をしているのかすぐに確認できるのです。

基本的に猫は俊敏で、危険を察知するとすぐに逃げる性質を持っています。
そのためには辺りを広く見渡せて、自分で安全性を確認できる場所を好むという説が一般的でしょう。

また、視野の広い場所にいることで、獲物がどの位置にいるのかを把握しやすくなります。
ネズミの巣穴がどこにあるかなど、木の上から観察することでエサを獲りやすくなると言われています。

自分を優位に見せる

高いところに登るには、体力や筋肉、優れたバランス感覚が必要です。

猫は本能的にその事実を理解しているのか、より高いところにいる猫の方が「強い・偉い」と認識します。
そんなに高い場所に登れるなんて、きっと強い肉体の持ち主に違いない!と思っているのかも知れません。

猫にとって上下の位置関係は非常に重要です。
自分を優位に見せるためには、より高いところに登りたいと考えます。
だからこそ、猫は高いところが好きだと言われているのです。

しかし、年齢を重ねるごとに登ることが難しくなり、逆にストレスを感じる場合もあります。
シニアの年齢に差し掛かったら、キャットタワーの位置などを調節してあげてくださいね。

猫が高い所に上る際の注意点

出典:https://www.shutterstock.com

猫は木に登ることは得意ですが、降りることは得意ではありません。
その理由として、爪の形が挙げられます。
猫の爪は内側に向かって軽くカーブしているので、登る時はうまい具合に引っ掛かるものの、降りる時は滑ってしまうようなのです。

実際に、登ることはできても降りてこられなくなる、という事がよくあります。
子猫やシニア猫になるとさらに注意が必要です。

シニア猫は足腰の筋力が弱っているため、落ちてケガをすることも多いでしょう。
ケガをすると動けなくなり、そのまま寝たきりということも少なくありません。
そうなると介護が必要な状態になり、愛猫も飼い主さんも負担になってしまいます。

最悪の結果を防ぐためにも、子猫やシニア猫がいる場合は、ケガ防止のためにキャットタワーなどの高さ調節が大切です。
子猫の場合は、少しの高さも降りられなくなる子もいますので、しっかり様子を見ておくようにしてくださいね。

パニックになって高い所に登ることも!?

出典:https://www.shutterstock.com

うっかり登って降りられなくなるパターン以外に、恐怖におびえて高い所に登ってしまうこともあります。
そんな時は恐怖の原因を取り除き、優しく誘導するように声掛けをしてください。

パニックを起こしている場合、無理に捕まえようとすると恐怖から噛みついたり、暴れたりすることがあります。
飼い主さんがケガをすることも考えられますから、慌てずじっくり対応しましょう。

おすすめキャットタワー5選

① RAKU 木登りタワー

省スペースに設置できる突っ張り棒タイプのキャットタワーです。
支柱には麻紐が巻いてあり、爪とぎができます。
登りやすいように、台が3か所設置されているのも特徴です。
さらなる安定感が欲しい方には極太タイプも用意されているので、愛猫にあわせて選んであげてくださいね。

高いところに駆け登るのが好きな子にはおすすめです。
天井や壁を傷めずに設置できるため、賃貸住宅での使用にもピッタリだと言えるでしょう。


RAKU 木登りタワー

② Mwpo キャットタワー

ふかふかのベッドやハンモックを装備した、のびのびとくつろげるデザインのキャットタワーです。
支柱には爪とぎ用の麻紐が巻かれており、転倒防止用帯も付いているので必要に応じて壁に固定することも可能です。

多頭飼いのご家庭にもってこいの豪華さで、みんな一緒に遊ぶ姿を眺めれば、飼い主さんも愛猫もお互い楽しめますよ。


Mwpo キャットタワー

③ FEANDREA キャットタワー

愛猫の運動不足解消に最適な遊び心満載のキャットタワーです。
タワーにはハウス・ハンモック・紐など、猫が遊びたくなるようなおもちゃが沢山設置されています。
特に上部のパンチ用おもちゃは、1か所に集中していて夢中になれそうですね。

高さも154cmと程よく、愛猫の様子が見やすいだけではなく、掃除もしやすくなっています。
ハンモックが低い位置にあるので、小さな猫でもくつろぎやすいのではないでしょうか。


FEANDREA キャットタワー

④ Mauタワー ミルキーエッグ

スタンダードな設計ながら、台座や小部屋を卵型にすることで温かみのある雰囲気を演出しています。
トップのベッドにはクッション性のある素材を使用しており、お昼寝スペースに最適です。

猫が登りやすいよう、20~30cmごとに足場も設置されています。
お部屋のインテリアに馴染む、シンプルデザインがお好みの飼い主さんにおすすめです。
子猫からシニア猫まで、楽しく遊んでもらうことができますよ。


Mauタワー ミルキーエッグ

⑤ キャットタワー スタジアム

スムーズに最上階まで登れるよう設計された、大型のキャットタワーです。
天板にはMDF素材を使用し、人が乗っても壊れないほど頑丈な仕様となっています。

最上部の天板には柵が付いており、うっかりの落下防止にも配慮された造りです。
寝相の悪い子でも安心して使ってもらえますね。

多頭飼いや大柄な子にもぴったりの安定感で、思い切り駆け上がって遊びたい子や高い所が好きな子にもおすすめです。


キャットタワー スタジアム

愛猫にあった高さのキャットタワーを選ぼう!

出典:https://www.shutterstock.com

猫が高い所を好むのは、本能から来るものが大きいようですね。
しかし、登れるけど降りられなくなることもよくあります。

キャットタワーを用意する場合には、飼い主さんから十分手が届くような高さが望ましいでしょう。
どんなキャットタワーにしょうか迷っている方は、おすすめのキャットタワーもご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

参考サイト

えびす楽天市場店(参照日:2021-05-05)
https://item.rakuten.co.jp/ebisushop-japan/ck0202/

MWPO 楽天市場店(参照日:2021-05-05)
https://item.rakuten.co.jp/ohamakaguya/mwpo-57/

ハッピーヘルスストア(参照日:2021-05-05)
https://item.rakuten.co.jp/happyh/0lw9quvnm3gks4j6/

オリジナルキャットタワー Mau(参照日:2021-05-05)
https://item.rakuten.co.jp/maushop/mt-027/

Liv House(参照日:2021-05-05)
https://item.rakuten.co.jp/neolead/nl-pjer02/

著者情報

Hanaco

子育てをしながら、専業主婦ワーカーとしてお仕事をさせていただいております。以前はチワワを2匹飼っていました。
調べることや文章を考えることが好きで、自分の考えや経験などを活かせるようなお仕事をしたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

オススメ

新着記事