犬にキャベツを与えても大丈夫?与える際の注意点や適正量を解説

食物繊維が豊富で、便秘にも効果が期待できるキャベツ。
生や茹でても美味しいキャベツですが、犬に与えても大丈夫なのでしょうか?
この記事では、犬にキャベツを与えても大丈夫かどうかや、与える際の注意点について解説します。 2022年10月19日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬の食べ物犬のカテゴリ - 犬の食べ物
  • VIEW:4,487

犬にキャベツを与えても大丈夫?

出典:https://www.shutterstock.com/

まずは、犬にキャベツを与えても大丈夫かどうかを解説します。
犬にキャベツを与えることのメリットについても、見ていきましょう。

犬にキャベツを与えても大丈夫

結論から言うと、犬にキャベツを与えても大丈夫です。
しかし、犬は肉類をメインに食べなければ健康を維持することができないため、あくまで付け合わせとして与えることをおすすめします。
適正量を与えていれば、犬にとってキャベツはメリットの多い野菜のひとつといえるでしょう。

犬にキャベツを与えるメリット

犬にキャベツを与えるメリットは多いですが、やはり食物繊維による便秘への効果が期待できる点でしょう。
また、キャベツにはキャベジンという栄養素も含まれており、腸内環境を整える効果もあります。
ほかにも、ビタミンCやビタミンKなどのビタミンやミネラルが豊富に含まれているため、免疫力の維持や抗酸化作用などが期待できます。

キャベツの芯は与えないほうが良い

キャベツはどの部分でも与えても問題ありませんが、可能であれば芯の部分は与えないほうが良いでしょう。
芯の部分は硬いため、犬が丸呑みをして喉に詰まらせてしまう心配があります。

生でも加熱しても良い

犬にキャベツを与える際は、生のままでも加熱しても良いです。
しかし、加熱をするとキャベツに含まれるビタミン類が溶け出してしまうため、もしも加熱をするのであれば、加熱をしたときに出たスープもいっしょに与えることをおすすめします。
一方で、生のキャベツは加熱したものよりも消化しにくいことから、細かく刻んで与えると良いでしょう。

犬にキャベツを与える際の注意点

出典:https://www.shutterstock.com/

次に、犬にキャベツを与える際の注意点についてご説明します。
併せて、適正量についても見ていきましょう。

犬にキャベツを与えるときの適正量

犬にキャベツを与えるときの適正量としては、体重10kg以下の小型犬でキャベツの葉1枚が目安です。
体重20kg程度の中型犬が葉2枚、体重25kg以上の大型犬でも葉3枚程度に留めましょう。
キャベツは100gあたり24Kcalと低カロリーな食材ですが、キャベツで満腹にさせるわけにもいかないので、必ず適正量を守ることをおすすめします。
ちなみに、キャベツの与えすぎは、シュウ酸の過剰摂取により尿路結石の原因にもなるため、注意しましょう。

アレルギー

犬にキャベツを与えることで、アレルギー反応を示す可能性があります。
アレルギー症状としては、身体の痒みや下痢などが挙げられます。
犬にアレルギー症状が現れてもすぐに対処できるように、初めて犬にキャベツを与える際は少量を与えてしばらくは様子を見たほうが良いでしょう。

甲状腺に病気がある犬には与えない

キャベツには、ゴイトロゲンという成分が含まれています。
ゴイトロゲンは、少量であれば問題ないでしょうが、甲状腺を腫れさせて腫瘍の原因になる成分です。
そのため、甲状腺に病気がある犬には与えないほうが無難でしょう。

野菜を使用したドッグフードや犬用おやつ4選

出典:https://www.shutterstock.com/

キャベツのほかにも、犬に与えても大丈夫な野菜はたくさんあります。
しかし、野菜の調理は何かと大変だと考える人もいるでしょう。
最後に、野菜を使用したドッグフードや犬用おやつをご紹介します。

プライムケイズ イリオスマイル 養生野菜

手作りフード用の野菜ミックスです。
にんじんやごぼう、キャベツなどを細かくみじん切りにしてあるため、消化もしやすいでしょう。
「愛犬に手作りフードを与えたいけど、下処理が大変…」と考えている人に、おすすめです。


プライムケイズ イリオスマイル 養生野菜

犬用ベジタブルビスケット

国産野菜を食べやすいビスケットにした、犬用おやつです。
一般的につなぎで使用される穀物を一切使用していないため、穀物アレルギーの犬でも安心して食べることができます。
小型犬でも問題なく食べられる、崩れやすさがポイントです。


犬用ベジタブルビスケット

プライムケイズ イリオスマイル 手作りごはんの具 野菜ミックス

水でもどして簡単に手作りフードにできる、ペット用の乾燥野菜です。
肉類などといっしょに煮込むことで、効率的に栄養補給することができるでしょう。
この乾燥野菜があれば、キャベツや大根、にんじんなどを簡単に手作りフードに取り入れることができます。


プライムケイズ イリオスマイル 手作りごはんの具 野菜ミックス

イリオスマイル 乾燥野菜&フルーツ

さつまいもやにんじん、かぼちゃなどを乾燥させた犬用おやつです。
人間が食べられるレベルの食材にこだわって作られているため、安心して与えることができます。
もちろん合成着色料などの化学薬品は一切していないのも、嬉しいポイントです。


イリオスマイル 乾燥野菜&フルーツ

キャベツをうまく食事に取り入れよう

出典:https://www.shutterstock.com/

犬にキャベツを与えるのは、便秘への効果や免疫力の維持などのメリットがあります。
低カロリーのキャベツは、ダイエット食としてもおすすめですが、与えすぎるとシュウ酸により尿路結石の原因になるなどの注意点があるため、必ず適正量は守らなければなりません。
犬の健康維持のためには基本的に肉類をメインに与えなければなりませんが、キャベツなどの野菜で不足した栄養素を補給するなど、野菜もうまく食事に取り入れると良いでしょう。

参考サイト

文部科学省 食品成分データベース キャベツ(参照日:2022-08-19)
https://fooddb.mext.go.jp/details/details.pl?ITEM_NO=6_06284_7

iliosmile(参照日:2022-08-19)
https://item.rakuten.co.jp/iliosmile/sk071/
https://item.rakuten.co.jp/iliosmile/sk048/#sk048
https://item.rakuten.co.jp/iliosmile/bp036/#bp036

chocomoco(参照日:2022-08-19)
https://item.rakuten.co.jp/chocomoco/bege-bis-6set/

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

オススメ

新着記事