猫がいつものキャットフードを食べない?理由や対処方法を解説

愛猫が、突然いままで食べていたキャットフードを食べなくなることがあります。
飼い主としては、「もしかして体調不良?」と心配になってしまうかもしれません。
この記事では、猫がいつも食べているキャットフードを食べない理由や対処方法を解説します。 2022年09月15日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫の食べ物猫のカテゴリ - 猫の食べ物
  • VIEW:1,179

猫がいつものキャットフードを食べない理由

出典:https://www.shutterstock.com/

まずは、猫がいつも食べているキャットフードを食べない理由を解説します。
理由がわかれば、正しい対処ができるようになるはずです。

体調不良

猫も人間と同様に、体調不良になると食事をしなくなることがあります。
しかし、猫は基本的に多少の体調不良であっても元気に走り回り、食欲が減退することもありません。
そのため、体調不良が原因で食事をしないときは、急を要する可能性があります。

キャットフードに飽きた

もしかしたら、猫はいつも食べているキャットフードに飽きてしまったのかもしれません。
人間も、毎日同じ料理を食べていると飽きてしまうでしょう。
これは、一工夫することで再度キャットフードを食べるようになることが期待できます。

おやつで満腹だから

食事前におやつを与えていたのであれば、単に満腹でキャットフードを食べたくないと考えている可能性があります。
おやつは嗜好性が高く猫が喜んで食べますが、健康を維持するために必要な栄養素を摂取できないため、おやつの与えすぎには注意が必要です。

食が細くなったから

猫は、7~8歳になるとシニア猫と呼ばれる年齢になります。
シニア猫は、元気に走り回っていたころに比べると食が細くなります。
そのため、いままで食べていた量よりも食べられなくなってしまうのは、不思議なことではありません。

キャットフードが好みではないから

もしかしたら、猫はいつも食べているキャットフードが好みではないのかもしれません。
いままでは、我慢して食べていた可能性が考えられます。
これは、味や風味に敏感な猫だからこその理由で、それなりのクオリティのキャットフードでなければ、食いつきが悪くなっていくでしょう。

猫がいつものキャットフードを食べないときの対処方法

出典:https://www.shutterstock.com/

猫が食事をしないと、十分な栄養素が摂取できなくなりさまざまな病気の原因にもなるため、早めに対処しなければなりません。
次に、猫がいつも食べているキャットフードを食べないときの対処方法をご説明します。

キャットフードを変えてみる

猫がいつも食べているキャットフードに飽きてしまった、味が好みではないと感じているときは、キャットフードを変えてみるのがおすすめです。
キャットフードを高品質なものや違う素材を使用しているものに変えれば、猫はふたたびキャットフードを食べてくれるかもしれません。
ただし、急にキャットフードを変えると胃腸に負担がかかるため、1週間程度の時間をかけながら少しずつ切り替えていきましょう。

ウェットフードを与える

猫が食欲不振なときは、ウェットフードを与えるのも良いでしょう。
ウェットフードはドライフードに比べて風味が強く、猫の食いつきが良くなる傾向にあります。
しかし、ウェットフードは嗜好性が高く総合栄養食の基準をクリアしていない場合もあるため、購入する前にしっかりとチェックすることが大切です。

キャットフードをぬるま湯でふやかして与える

いつも与えているドライフードを変えたくないのであれば、ぬるま湯で軽くふやかしてから与えるのがおすすめです。
ドライフードをふやかすことで風味が増し、猫の食いつきが良くなるでしょう。
また、ドライフードの風味が溶け出した水を飲むことで、水分補給にもなります。

おすすめの猫用ウェットフード4選

出典:https://www.shutterstock.com/

猫がいま食べているキャットフードに飽きた場合や、食欲不振などが原因のときは、ウェットフードを与えることで解決することがあります。
最後に、おすすめの猫用ウェットフードをご紹介します。

ニュートロ デイリーディッシュ 成猫用 グルメ仕立て 6個セット

ウェットフードでありながら総合栄養食の基準をクリアした商品です。
ビーフやチキン、サーモンなど好みに合わせて味を選ぶことができます。
完全肉食動物の猫のために、第一主原料に肉を使用しています。


ニュートロ デイリーディッシュ 成猫用 グルメ仕立て 6個セット

カルカン パウチ お魚・お肉ミックス ゼリー仕立て

厳選された魚を特製だしで煮込んだ、ウェットフードです。
ジューシーなゼリー仕立てで、猫の食いつきも良くなるでしょう。
ウェットフードでありながら総合栄養食の基準をクリアしており、安心して与えることができます。


カルカン パウチ お魚・お肉ミックス ゼリー仕立て

シーバ リッチ ごちそうフレーク 贅沢お魚ミックス

かつおとサーモンを贅沢に使用した、ウェットフードです。
普段の食事にこのウェットフードを加えるだけで、猫がいつも食べているキャットフードを再び食べるようになるかもしれません。
ただし、総合栄養食ではないため、メインとして与えることは避けたほうが良いでしょう。


シーバ リッチ ごちそうフレーク 贅沢お魚ミックス

何も入れないまぐろだけのたまの伝説

新鮮なまぐろの白肉をたっぷりと使用した、猫用ウェットフードです。
入っているのは新鮮なまぐろとビタミンEだけなので、安心して猫に与えることができます。
国産で余計な添加物は含まれていないのも、嬉しいポイントです。


何も入れないまぐろだけのたまの伝説

猫がキャットフードを食べないのはかならず理由がある

出典:https://www.shutterstock.com/

猫は基本的に、多少の体調不良でも元気で食欲もあります。
そのため、もしもいつも食べているキャットフードを食べないのであれば、かならず理由があるはずです。
理由はさまざまですが、キャットフードを変えたりぬるま湯を混ぜたりすることで、再び食べてくれるようになるかもしれません。
今回ご紹介したウェットフードを与えることも検討しながら、愛猫がキャットフードを食べない理由を探ってみましょう。

参考サイト

Pets Village(参照日:2022-08-16)
https://item.rakuten.co.jp/kurosu/55102765ku/

Rakuten 24(参照日:2022-08-16)
https://item.rakuten.co.jp/rakuten24/65623/
https://item.rakuten.co.jp/rakuten24/22751/

楽天24 ペット館(参照日:2022-08-16)
https://item.rakuten.co.jp/nyanzaq/21677/

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

オススメ

新着記事