大型の猫との暮らしってどんなもの?飼育の注意点も解説

猫は、犬のように小型犬や大型犬などサイズによって呼び方が変わることはありません。
しかし、小型の猫に比べると2倍ほどにもなる大きな種類の猫もいます。
この記事では、大型の猫の種類や、一緒に暮らす際の注意点について解説します。 2022年06月09日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫と暮らす猫のカテゴリ - 猫と暮らす
  • VIEW:4,073

大型の猫の種類

出典:https://www.shutterstock.com

まずは、大型の猫種をご紹介します。
ほかの種類に比べると2倍ほどにもなることがあるため、抱き心地が良いでしょう。

メインクーン

大型の猫というと、メインクーンを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?
メインクーンは、数ある猫種の中でもかなり大型で、個体によっては10kgを超えることもあります。
平均するとオスが6~8kg、メスが4~6kgですが、それでもほかの猫種に比べるとかなりの大きさです。
ちなみに、メインクーンは「世界一しっぽが長い猫」と「世界一ヒゲが長い猫」としてギネスブックに登録されています。

ラグドール

「大きなぬいぐるみ」という意味のラグドールは、その名の通りぬいぐるみのように可愛らしく大人しい猫種です。
正式に認可されたのは2000年代なので、比較的新しい猫種といえます。
大人しい性格なので、子どもがいる家庭でも安心です。

ノルウェージャンフォレストキャット

北欧ノルウェー王国原産のノルウェージャンフォレストキャットは、大きな身体と長い被毛が特徴の猫種です。
性格は大人しい反面、寂しがり屋な部分もあります。
ほかの人や猫とも仲良くできるため、多頭飼いにも向いている猫種といえるでしょう。

ラガマフィン

マガマフィンは、ラグドールから派生した猫種です。
とても遊び好きで、飼い主にもよく懐きます。
人好きな性格からか寂しがり屋な一面もあるため、長時間の留守番をするときはいたずらをしてしまうこともあるでしょう。
ちなみに、ラガマフィンというのは「いたずらっ子」という意味があります。

大型の猫との暮らし・飼育の注意点

出典:https://www.shutterstock.com

大型の猫との暮らしは、どのようなものなのでしょうか?
併せて、飼育をする際の注意点もご説明します。

猫用に作られたものでも小さいことがある

大型の猫は、一般的に作られた猫用のキャットタワーやケージ、トイレなどでは、小さく感じられることがあります。
特に、猫用ベッドなどは大きな身体を包み込むことができないかもしれません。
その大きな身体はとても魅力的ですが、猫用グッズを揃えるのに苦労することもあるでしょう。

膝に乗せると重い

大型の猫は甘えん坊な性格であることが多いため、膝に乗って甘えてくることがあります。
通常サイズの猫であれば膝に乗ってきても負担はありませんが、体重が5kg以上の大型の猫が膝に乗るとなると、飼い主の膝にもかなりの負担になるでしょう。

肥満に注意

大型の猫は、大きな身体を維持するためにも、食欲旺盛であることが多いです。
そのため、肥満に注意しなければなりません。
猫の肥満は、足腰への負担が大きくなるのはもちろん、さまざまな病気の原因にもなります。

大型の猫は成長スピードが遅い

大型の猫を飼う際は、成長スピードを覚えておく必要があります。
通常の猫は、だいたい1歳で成猫となりますが、大型の猫は2~3歳ほどで成猫になります。
そのため、通常の猫が1歳未満の子猫のときに栄養価の高い食事を小分けにして与えて成長を促すのと同様に、大型の猫は2~3歳まで食事を小分けにして与えなければなりません。
また、大きな身体を維持するために、動物性たんぱく質が多く含まれた栄養価の高い食事を成猫になっても与え続けることが大切です。

大型の猫を飼育する際に役立つ商品4選

出典:https://www.shutterstock.com

最後に、大型の猫を飼育する際に役立つ商品をご紹介します。
これらのグッズがあれば、大型の猫との暮らしがより快適なものになるでしょう。

アイリスオーヤマ キャットランドケージ

大型の猫でもゆったりと過ごせるような、大きなケージです。
段差部分はカスタマイズできるため、子猫からシニア猫までのさまざまな猫に対応しています。
キャットタワーの柱部分の爪とぎや天井部分のハンモックなど、猫に嬉しいポイントがたくさんあります。


アイリスオーヤマ キャットランドケージ

ハピネコ 超タフネス設計 頑丈 キャットタワー

大型の猫が20匹乗っても倒れる心配の少ない、耐久性に優れたキャットタワーです。
猫の年齢に合わせて、高さは2段階に調節することができます。
板と生地の間には柔らかいクッションが入っているため、猫の足腰に負担となることもありません。


ハピネコ 超タフネス設計 頑丈 キャットタワー

キャットタワースタジアム Advanced

どっしりとした土台で、大型の猫が上り下りしても、ぐらつくことが少ないキャットタワーです。
木製繊維を固めた素材で、耐久性にも優れています。
体重約6kgの猫が乗ってもぐらつかない、ハンモックトレーが付いているのも特徴です。


キャットタワースタジアム Advanced

OFT メガトレー

大型の猫のために作られた、猫用トイレです。
通常の猫用トイレでは手狭であっても、このトイレであればゆったりと使用できるでしょう。
丸洗いができるため、トイレの清潔を保つことができます。


OFT メガトレー

大型の猫は魅力がいっぱい!

出典:https://www.shutterstock.com

大型の猫は、通常の猫にはない魅力がたくさんあります。
包容力のある大きな身体は、通常の猫を抱き上げたときには感じることができない抱き心地でしょう。
しかし、大型の猫は成長スピードが遅いため、食事に気を配る必要があります。
また、キャットタワーやトイレなど、通常の猫用に作られたものだと小さく感じることもあるでしょう。
大型の猫でも快適に暮らすことができるように、飼い主としてできる限りの気遣いをしてあげることが大切です。

参考サイト

Pet館(参照日:2022-04-28)
https://item.rakuten.co.jp/dog-kan/251639/

タンスのゲン(参照日:2022-04-28)
https://item.rakuten.co.jp/tansu/38500020/

Liv House(参照日:2022-04-28)
https://item.rakuten.co.jp/neolead/nl-pje01/

OFT STORE(参照日:2022-04-28)
https://item.rakuten.co.jp/ip-plus/megatray-blueberry/

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

オススメ

新着記事