犬はバナナを食べても大丈夫?成分や与える時の注意点をご紹介

犬は食べてはいけない食材が多くあります。では、バナナを与えても問題はないのでしょうか。ここでは、犬がバナナを食べても大丈夫か、バナナの成分、与える時の注意点、バナナを使用した犬用のおやつをご紹介します。 2022年04月22日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬の食べ物犬のカテゴリ - 犬の食べ物
  • VIEW:4,097

犬はバナナを食べても大丈夫?

出典:https://www.shutterstock.com

まず結論として、犬はバナナを食べても問題ありません。
バナナは栄養も豊富で、柔らかく嗜好性も高いため、食が細い犬やシニア犬にもおすすめな食材といえるでしょう。

バナナの栄養素とは?

バナナにはどんな栄養成分が豊富に含まれているのでしょうか。
ここでは、バナナの栄養素についてご紹介します。

カリウム・食物繊維・ビタミンなどの栄養が豊富

バナナにはたくさんの栄養が豊富に含まれています。

・カリウム
カリウムは細胞内の浸透圧や神経刺激の伝達などの働きがあります。心機能においても大きな働きがあります。

・食物繊維
食物繊維は腸内環境を整える働きがあります。そのため、便秘や下痢などが気になる犬にもおすすめです。

・ビタミンB
バナナにはビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、ビタミンB6、葉酸などのビタミンが豊富に含まれています。ビタミンには、皮膚の健康維持、代謝促進などの効果があります。

低カロリー

バナナのカロリーは1本86kcalで、意外と低カロリーな果物です。なおかつ食物繊維が豊富なため、ダイエット中の犬にも与えることができます。ただ、糖質も含まれているため、与える量を誤ると肥満を引き起こす可能性もあるため注意が必要です。

バナナを与える際の注意点とは?

出典:https://www.shutterstock.com

バナナは犬に与えても問題ない食材だということがわかりましたが、与え方を間違えると犬にとって害になることもあります。そのため、与え方や与える時の注意点はしっかり確認することがおすすめです。
ここでは、犬にバナナを与える際の注意点についてご紹介します。

与える量を守る

低カロリーで栄養豊富でも、過剰に与えることで肥満や体調不良を引き起こす可能性があります。
そのため、バナナを与える量は1日の摂取カロリーの10%程度に抑えるようにしましょう。

アレルギーに注意

初めてバナナを与える時には、アレルギーに注意する必要があります。
そのため、1日目は小指の先程度の大きさを与え、体調に問題がなければ、少し量を増やし与えます。
食物アレルギーの症状は痒み、皮膚の赤み、抜け毛・脱毛などです。他にも下痢や嘔吐などがみられることもあるため、様子を見ながら与えることがおすすめです。

皮は与えない

バナナの皮は消化に時間がかかってしまうため、誤って食べてしまうと胃や腸に詰まってしまう可能性があります。腸閉塞を引き起こすと最悪の場合、命の危険にさらしてしまうこともあるため、バナナを与える時には皮は取り除きましょう。

バナナを使用した犬用のおすすめおやつをご紹介

バナナは犬に与えても問題ない食材なため、バナナを使用したおやつもたくさんの種類があります。
ここでは、バナナを使用したおすすめ商品をご紹介します。

ヤギミルクボーロ

バナナが使われた犬用ボーロです。バナナが含まれたフルーツボーロだけでなく、ヤギミルクボーロ、野菜ボーロなどの種類があるため、他の味のボーロを試してみることができます。ボーロなので食べやすく、子犬やシニア犬にもおすすめです。


ヤギミルクボーロ

帝塚山ハウンドカム オリジナルクッキー

砂糖や添加物を一切使用しておらず、素材の味を楽しむことができる犬用のクッキーです。バナナ以外にも、チーズ、りんご、ブロッコリー、かぼちゃ、にんじん、芋などの種類があります。


帝塚山ハウンドカム オリジナルクッキー

mof mof Deli 南国バナナチップス

国産・無添加・無着色で作られたバナナチップスです。食物繊維、各種ビタミン、カリウムが豊富に含まれています。チップスは犬も食べやすく、簡単に与えることができます。


mof mof Deli 南国バナナチップス

スキップドッグ バナナチップス

国産の食材で作られた犬用おやつです。素材そのままの旨味や甘みが引き立ち、栄養価も高くなっています。バナナの栄養をしっかり摂取することができます。バナナ以外にも、乾燥野菜とフルーツ、さつまいもなどの味もあります。


スキップドッグ バナナチップス

バナナは適量を守って与えましょう

出典:https://www.shutterstock.com

ここでは、犬がバナナを食べても大丈夫かをご紹介しました。
バナナは犬に与えても大丈夫な食材で、低カロリー、食物繊維や栄養素が豊富に含まれているため、食べさせることで犬の健康的な生活をサポートしてくれます。
初めてバナナを与える時には、少量ずつから始め、一日に与える量もしっかり守るようにしましょう。

参考サイト

・文部科学省 食品成分データベース バナナ(参照日:2022-04-07)
https://fooddb.mext.go.jp/details/details.pl?ITEM_NO=7_07107_7

・犬用自然派おやつ専門店iliosmile (参照日:2022-04-07)
https://item.rakuten.co.jp/iliosmile/mf031/

・帝塚山ハウンドカム 楽天市場店 (参照日:2022-04-07)
https://item.rakuten.co.jp/ashu/treats-cookie/

・犬の服のiDog (参照日:2022-04-07)
https://item.rakuten.co.jp/idog/snid009/

・チワワ専門店スキップドッグ! (参照日:2022-04-07)
https://item.rakuten.co.jp/skipdog/10001349/

著者情報

こばやし

犬、ハムスター、うさぎ、爬虫類、魚類などの生き物と生活していたので小さい頃から動物が好きでした。
動物関係の専門学校を卒業後、動物看護師として動物病院で勤務していました。
動物看護師、愛玩動物飼養管理師などの資格を取得しており、現在はドッグアロマやドッグマッサージについて勉強中です。

オススメ

新着記事