猫用システムトイレを選ぶメリットとは?タイプ別の特徴と選び方

猫用のトイレは、いくつかの種類がありそれぞれ特徴が異なります。ここでは、猫用システムトイレの仕組みやメリット、選び方のポイントについてご紹介します。 2022年03月23日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫のトイレ猫のカテゴリ - 猫のトイレ
  • VIEW:1,528

猫は意外とトイレにこだわりあり!?

出典:https://www.shutterstock.com

猫はトイレトレーニングが順調に進む子が多いといわれます。実際、トイレを設置してあげるだけで子猫のうちから教えられなくともトイレがきちんとできる猫も多いですよね。一方で、トイレできちんと排泄できるまでに紆余曲折ある子もいます。

猫のトイレに悩んだことのある飼い主さんなら、トイレの種類を変えてみたり、場所を工夫したりと、苦労したことがあるのではないでしょうか。

猫用トイレにはいくつかのタイプがありますが、どんなタイプでも順応しやすい猫と、そうでない猫がいます。トイレに苦労をしている場合は、もしかするとトイレのタイプを変えることで改善する可能性もあるということです。

これから猫を飼う人も含めて、どんなトイレが良いか悩んでいる方は、システムトイレの仕組みを知って、その他のトイレとの違いを見比べながら検討してみると良いでしょう。ここでは、システムトイレの特徴や選ぶメリット、選び方のポイントを解説していきます。

猫用システムトイレの仕組みとは

出典:https://www.shutterstock.com

システムトイレは、簡単に言えば2層で構成されているトイレのことを指します。見た目は他のトイレとあまり変わらないように見えるものが多いですが、よく見るとトイレの中にスノコがあり、おしっこを吸収するシートと猫砂の両方を使います。

システムトイレで排泄をすると、おしっこはスノコの下に落ちてシートが吸収してくれます。うんちはスノコの上に敷いた猫砂の部分に残る仕組みです。

システムトイレを使うメリット

システムトイレ専用のシートは消臭効果が高く吸収量も多いものが多いため、普段のお掃除はうんちと汚れた猫砂を取り除くだけ。他のタイプに比べると、掃除の頻度が少なくて済むのが特徴です。消臭効果によって、猫のトイレのニオイが家にこもりにくく、すぐにトイレのお掃除ができない飼い主さんにとっては利便性の高い点がメリットと言えるでしょう。

また、おしっこのシートは引き出しから出し入れできるものが多く、シートの交換自体にもさほど手間がかかりません。シートであればおしっこの色も分かるため、おしっこから健康状態を把握することもできます。

デメリットもある

システムトイレはとても便利な点が多いですが、メリットばかりとは限りません。他のトイレに比べると、本体自体が割高なものが多く、また吸収量や消臭効果が素晴らしいシートであれば、そのぶん費用も高くなりがちです。

さらに、猫砂の処分にも注意が必要。猫砂にはトイレで流せるものも多いですが、システムトイレ用の猫砂はトイレに流せません。

2層構造によって、トイレを丸洗いする時に少し手間が増えることもデメリットになるかもしれません。これは、できるだけ単純な構造のものを選ぶことでデメリットと感じにくくなるでしょう。

猫用システムトイレの種類と選び方

出典:https://www.shutterstock.com

システムトイレは形の違いでメリットも異なるため、選ぶ際にはその点も考慮して検討されることをおすすめします。

オープン型

システムトイレの中では最もシンプルなオープン型でしょう。安価なものも多く丸洗い時の手間もさほどかかりません。同じような形のものはシステムトイレ以外にもあるため、トイレの見た目を変えずにシステムトイレに移行したい場合はこちらが便利です。そこまで深さがないため、猫砂を入念にかくクセのある子が使用した場合は周囲に飛び散りやすいというでメリットがあります。

ハーフカバー型

オープン型よりも少しガッチリしていて、壁がやや高いのが特徴です。猫砂が飛び散りにくく、トイレ内にニオイがこもりにくいことから、猫にとっても飼い主にとっても使いやすいとされています。

ドーム型

小さな猫のハウスのように、カバーが全面を覆っているのがこちらのタイプです。大きくてそれなりに重量もありますが、人目があると落ち着いて排泄ができない、という猫には使いやすいです。また、お客さんが来ている時には不快感を与えにくくなるでしょう。猫によって好みが分かれやすいタイプなので、慣れるまでに時間がかかる可能性もあります。

バケツ型

蓋のついたバケツのような形をしたトイレです。蓋の一部に猫が出入りできる穴が開いています。出入り口の場所が上部にあり、かがまないと中が見えない点が他とは大きく違うポイントです。猫砂が散らばることはほぼなく、見た目がトイレとはかけ離れていることから、生活感なく置ける点がメリットと言えます。人目を避けて排泄したい猫にとっては安心できるトイレです。猫によって好みが分かれやすく、また足腰の弱いシニア猫には使いにくい可能性があります。

おすすめの猫用システムトイレ4選

ユニ・チャーム デオトイレ 快適ワイド

ハーフカバータイプのシステムトイレです。こちらの商品は、トイレの切り替えの成功率が高く、慣れるかどうか心配な方にもぴったり。専用の猫砂とシートがあり、消臭と抗菌作用によりニオイが低減できます。


ユニ・チャーム デオトイレ 快適ワイド

アイリスオーヤマ 上から猫トイレ システムタイプ

猫が中に入っても快適に砂かきができる、ゆとりのあるサイズ感です。猫トイレには見えないのもポイント。どんなに勢いよく猫砂をかいても、飛び散ることはありません。少し大きい印象はありますが、シンプルな構造なのでお手入れは簡単です。


アイリスオーヤマ 上から猫トイレ システムタイプ

ユニ・チャーム デオトイレ フード付き

すっぽりとトイレを包むようにフードがついているタイプです。トイレの中で心置きなく排泄できそうですね。お部屋にニオイが充満しにくい造りですが、この商品専用の猫砂やシートの消臭効果に対しての評価も高いです。


ユニ・チャーム デオトイレ フード付き

花王 ニャンとも清潔トイレ シンプルタイプ

システムトイレの中で最もシンプルなタイプです。置場所にあまり困ることなく設置しやすいのがポイント。この商品の場合、入り口の高さを変えることができます。


花王 ニャンとも清潔トイレ シンプルタイプ

猫のシステムトイレで毎日のお掃除を楽チンに

出典:https://www.shutterstock.com

システムトイレを使うと、おしっこの掃除の頻度が減り、とても楽チンになります。特に、仕事などで家を空ける機会の多い飼い主さんにとっては、メリットの大きいものではないでしょうか。トイレの切り替えのために購入する場合は、猫の好みを想像したり、レビューを参考にして検討されることをおすすめします。

参考サイト

コーナンeショップ 楽天市場店(参照日2022-2-25)
https://item.rakuten.co.jp/kohnan-eshop/4520699691663/
https://item.rakuten.co.jp/kohnan-eshop/4520699636954/

キャットランド(参照日2022-2-25)
https://item.rakuten.co.jp/cat-land/252039/

犬とEnjoy!ドッグパーク(参照日2022-2-25)
https://item.rakuten.co.jp/dogland/7070121/

著者情報

こば

小さな頃から保護された犬や猫を迎えて生活。現在は黒猫の「ジジ」に翻弄されながら、発見と感動の毎日を送っています。
実体験を振り返りつつ、飼い主さんの役に立つような情報を分かりやすく記事にすることを目標にしています。

オススメ

新着記事