犬の歯磨きの必要性について。おすすめの歯ブラシもご紹介!

愛犬の歯磨きを、毎日きちんと行っている人は意外と少ないものです。
しかし、犬も毎日の歯磨きを習慣づけなければなりません。
この記事では、犬の歯磨きの必要性や歯磨きのやり方についてご説明します。 2021年12月21日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬の健康ケア犬のカテゴリ - 犬の健康ケア
  • VIEW:498

犬の歯磨きの必要性

出典:https://www.shutterstock.com

まずは本題である、犬の歯磨きの必要性について解説します。
愛犬の健康を守るためにも、しっかりと口腔ケアをしてあげましょう。

口臭予防

私たち人間と同様に、犬の歯磨きには口臭を予防するという意味があります。
犬の歯磨きを怠ると、歯垢が溜まり歯石ができてしまいます。
それらが原因となり、不快な口臭を発生させてしまうでしょう。
犬の口腔は、本来無臭であるはずです。
そのため、犬の口臭が不快に感じたときには、口腔になんらかの異常が現れているということになります。
犬の口腔はアルカリ性に保たれており、人間よりも歯石ができやすいといわれているため、日頃から注意して歯磨きをしなければなりません。

歯周病予防

犬は、人間と比べると虫歯ができにくい動物です。
そのため、虫歯予防として歯磨きをする必要はありません。
しかし、人間同様に歯磨きをしなければ歯周病のリスムが高くなってしまいます。
歯周病を予防するためには、毎日の歯磨きが大切です。
犬の口腔を常に清潔に保っておくことで、歯石ができにくくなるでしょう。

歯周病が原因で病気を併発する可能性がある

歯周病は、軽く考えてはいけません。
歯周病は口臭や歯のぐらつきだけではなく、症状が進行することで歯が抜けたり痛みにより食事ができなくなったりしてしまいます。
また、骨が解けることにより菌が身体中をめぐり、ほかの病気を併発する可能性もあるでしょう。
病気によっては最悪の場合は命に関わることもあるため、歯周病を予防するためにもしっかりと歯磨きをしなければなりません。

犬の歯磨きのやり方

出典:https://www.shutterstock.com

出典:https://www.shutterstock.com/

人によっては、犬の歯磨きのやり方がわからないという人もいるでしょう。
次に、簡単な犬の歯磨きのやり方についてご説明します。

まずは犬に口腔を触られることに慣れさせる

犬に歯磨きをする前に、口腔に触られることに慣れさせる必要があります。
犬の歯が手に当たると痛いので、きれいな軍手などをはめて犬の口の中を軽く触ってみましょう。
犬が嫌がらないようであれば、軍手をはめたまま犬の歯を優しくなぞってあげます。
軍手でも十分に犬の歯磨き効果は望めるため、犬が嫌がらなければそのまま軍手で歯磨きをしてしまいましょう。
また、軍手ではなくガーゼや犬用歯磨きシートでも効果は期待できます。

歯ブラシを使用する際はゆっくりと慣れさせる

犬にとって歯ブラシは異物なので、口に入れられるのを嫌がる場合もあります。
そのため、歯ブラシを使用する際には前歯から始めるようにしましょう。
犬が前歯を磨いても嫌がらないようであれば、優しく奥歯まで磨いてあげます。
犬の口を無理やり開ける必要はないので、優しく声をかけながら行いましょう。
また、犬にとって歯磨きが楽しい時間になるように、歯磨きが終わったらいっしょに遊んであげることも大切です。

犬の歯磨きのコツ

犬の歯の外側を磨くのは簡単ですが、歯の内側を磨く際には苦労することもあるでしょう。
犬の歯の内側を磨くためには、犬歯の後方に手を入れる方法がおすすめです。
犬歯の後方に手を入れることで、犬は抵抗することなく口を開けてくれるでしょう。
また、ひとりで歯磨きをするのが難しいようであれば、誰かに手伝ってもらうのも良さそうです。
ひとりが犬の口を開けてもうひとりが歯磨きをするといった役割分担をすれば、さらに歯磨きをスムーズに行えるでしょう。

おすすめの犬用歯ブラシや口腔ケア用品4選

出典:https://www.shutterstock.com

最後に、犬用ハブラシや口腔ケア用品をご紹介します。
犬の口腔ケアをするためには、必ずしも歯ブラシでなければならないというわけではありません。
これらのグッズを使用しながら、犬の口腔の健康を守ってあげましょう。

犬用ハブラシ Ci シュワワ

ハンドル部分に特殊な素材を採用して、ネック部分を磨きやすい形状に曲げることを可能にした歯ブラシです。
また、歯ブラシが斜めにカットされていることで、犬の口に入れやすくなっています。
日本製かつ安価なため、安心して使用することができるでしょう。


犬用ハブラシ Ci シュワワ

ライオン ペットキッス 歯みがきシート

犬を歯磨きに慣れさせるためには、この歯磨きシートを使用してみることをおすすめします。
この歯磨きシートを指に巻き付けて犬の歯を軽く磨くことで、しっかりと口腔ケアをすることができるでしょう。
また、きれいになった歯をコーティングしてくれるため、歯垢や歯石の予防にも繋がるはずです。


ライオン ペットキッス 歯みがきシート

ペット 指歯ブラシ

気軽に犬の歯磨きをしたい人は、指サックタイプの歯ブラシもおすすめです。
柔らかいシリコン製のため、優しく犬の歯磨きをすることができるでしょう。
通常の歯ブラシを嫌がる犬でも、この歯ブラシであれば問題ないこともあるはずです。


ペット 指歯ブラシ

グリニーズ プラス

しっかり噛める弾力性と形状で、高い歯磨き効果を実現した歯磨きガムです。
主原料は100%自然素材を使用しているため、安心して犬に与えることができるでしょう。
また、総合栄養食としての基準も満たしており、歯磨きのついでに栄養補給をすることもできます。


グリニーズ プラス

犬の口腔ケアはとても大切

出典:https://www.shutterstock.com

犬は歯磨きをしなくても虫歯はできにくいですが、人間よりも歯周病になりやすいといわれているため、しっかりと毎日歯磨きをしなくてはいけません。
歯周病が進行し過ぎると、強い痛みを伴うことはもちろん、ほかの病気の原因になる可能性もあります。
歯周病を予防するためにも、歯ブラシや歯磨きシートを使用しながら犬の口腔ケアをしてあげましょう。

参考サイト

デンタルフィット(参照日:2021-12-10)
https://item.rakuten.co.jp/d-fit/73449/

XPRICE楽天市場店(参照日:2021-12-10)
https://item.rakuten.co.jp/a-price/4903351001251/

torekagu(参照日:2021-12-10)
https://item.rakuten.co.jp/torekagu/4589971642304/

charm 楽天市場店(参照日:2021-12-10)
https://item.rakuten.co.jp/chanet/245132/

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

オススメ

新着記事