猫が狭い場所を好きなのはなぜ?意外な理由をご紹介

猫が狭い場所に好んで入っていく姿を見たことがありませんか?
なぜ、猫は狭い場所が好きなのでしょうか?
この記事では、猫が狭い場所を好きな理由やおすすめのペットハウスをご紹介します。 2022年01月11日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫の豆知識猫のカテゴリ - 猫の豆知識
  • VIEW:3,368

猫が狭い場所を好きな理由

出典:https://www.shutterstock.com

意外にも、猫はさまざまな理由で狭い場所に入り込んでいるのです。
まずは本題である、猫が狭い場所を好きな理由についてご説明します。

本能

猫が狭い場所に入るのは、本能であるといわれています。
もともと外で生活をしていた猫は、狩りをして毎日を過ごしていました。
また、さまざまな外敵からも身を隠さなければなりません。
自身を守りつつ獲物も狙えるとなると、狭い場所が最適ということになります。

獲物を隠すため

狭い場所は外敵に見つかりにくいため、狩りをして獲物を隠す場所に最適です。
また、猫にとっては同時にネズミなどの獲物を探す場所としても狭い場所は有効でした。
愛猫が狭い場所におもちゃなどを隠すのは、そのころの名残なのかもしれません。

安心できるから

私たち人間でも狭い場所が好きな人がいますが、猫も狭い場所にいると安心するようです。
身体が密着するくらいに小さなダンボールに猫が入り込むのは、人間にとっては息苦しく見えます。
しかし、猫にとっては身体が密着するからこそ、安心することができるのでしょう。
この安心感からか、猫は小さなペットハウスも好む傾向にあります。

寒さから身を守るため

猫は、寒さが苦手な動物です。
もちろん暑さにも強くはありませんが、寒いとストーブの前から動かなくなるくらい寒さが苦手な猫が多いでしょう。
狭い場所に入りこむと、自分の体温を外に逃がすことが少なくなるため、猫は身体の温かさを保つことができます。
猫にとって狭い場所は、温かくてかつ安心できるという最高の場所なのかもしれません。

1人になりたいから

マイペースな猫は、飼い主と四六時中いっしょにいるよりも、時には1人になりたいときもあります。
特にストレスが溜まっているときには、狭い場所に1人で過ごすことが多くなりがちです。
狭い場所は外敵にも狙われずに自分だけの空間でのんびりすることができるため、1人で過ごすには最適の場所といえるでしょう。

猫が狭い場所に入る際の注意点

出典:https://www.shutterstock.com

猫を飼っていると、猫が狭い場所に無理やり入ろうとしていることもあるでしょう。
次に、猫が狭い場所に入る際の注意点について解説します。

閉じ込めに注意!

猫は、狭いタンスやクローゼットの中に入ろうとすることもあるでしょう。
そして飼い主の気が付かないうちに戸を閉めてしまうと、猫が閉じ込められてしまいます。
タンスやクローゼットの中に閉じ込められても猫の鳴き声で気が付くことはあるでしょうが、ビニール袋やゴミ袋に猫が閉じ込められると窒息の危険性もあるため、注意しなければなりません。

放っておく

猫が狭い場所にいるときは、1人になりたいのかもしれません。
そのため、無理に猫を構おうとはせずに、そっとしておいてあげましょう。
狭い場所にいる猫は、満足したら自然と飼い主のそばに寄ってくるはずです。
しかし、猫がペットハウスから出てこない場合などは寒さを感じていることもあります。
猫の姿が長時間見えないときには、室温の見直しをしてみることも大切です。
ちなみに、猫が快適に過ごせる室温は22~25℃前後といわれています。

体調不良の可能性

猫が狭い場所に長時間いる場合には、寒さを感じているほか体調不良も疑う必要があります。
そのため、猫がいつもと様子が違わないかをチェックしてあげましょう。
もしも猫がぐったりとしていて元気がなさそうなときや食欲不振である場合には、一度動物病院へ連れて行くことをおすすめします。

猫が好きそうなペットハウス4選

出典:https://www.shutterstock.com

最後に、猫が好きそうなペットハウスをご紹介します。
あえて少し狭めに作っているこれらのハウスは、きっと猫が気に入ってくれるはずです。

鮫ハウス

サメ型のペットハウスです。
内部はほどよく狭いため、猫もリラックスして休むことができます。屋根を潰してオープンタイプのペットベッドとしても使用することができます。
底面には防水加工が施されているなど、見た目や居心地だけでなく機能性にも優れています。

猫ハウス

狭い場所が好きな猫のために、入口部分が狭く作られたペットハウスです。
入口部分が狭いため猫の体温を外に逃がしにくく、綿フランネル生地により保温性が高くなっています。
カボチャのような、可愛らしいデザインも特徴です。

天然籐ネコちゃんハウス

上質な天然ラタンを使用した、おしゃれなペットハウスです。
夏は涼しく冬は暖かいラタン素材は、通気性に優れているため1年を通して使用することができます。
職人がひとつひとつ丁寧に編み込んで仕上げたペットハウスは、猫好きの友人へのプレゼントにもおすすめです。


天然籐ネコちゃんハウス

Anikitty キャットハウス

GBoardと呼ばれる、強力な再生紙で作られたペットハウスです。
猫の休憩スペースでありながら、壁面では爪とぎもすることができます。
シンプルなデザインのペットハウスは、どんなインテリアにも合わせやすいでしょう。


Anikitty キャットハウス

猫は狭い場所にいると落ち着く

出典:https://www.shutterstock.com

猫は、狭い場所が大好きな動物です。
狭い場所が好きなのは、本能はもちろん自身の安全を確保できるという理由もあります。
また、寒さが苦手な猫には体温が外に逃げないという理由でも、狭い場所に好んで入るのでしょう。
愛猫が快適に過ごすことができるように、少し狭めのペットハウスを設置してあげてはいかがでしょうか?

参考サイト

QOMOLM(参照日:2021-12-02)
https://item.rakuten.co.jp/qomolm/ay2-jo-72/

StreetFashion(参照日:2021-12-02)
https://item.rakuten.co.jp/aozora0121/mc190/

WORLD(参照日:2021-12-02)
https://item.rakuten.co.jp/lifecare-s/03179/

Pets Village(参照日:2021-12-02)
https://item.rakuten.co.jp/kurosu/55102296ku/

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

オススメ

新着記事