舐める場所によって意味が違う?犬が飼い主を舐める理由を知りたい!

犬が気持ちいっぱいになると、飼い主の一部を舐めようとします。そのとき舐める場所は必ずしも同じではなく、状況によって変化します。本記事では、犬が飼い主を舐める心理についてまとめています。 2019年12月11日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬の豆知識犬のカテゴリ - 犬の豆知識
  • VIEW:85,007

犬が舐めるという行為をするときには?

出典:https://www.shutterstock.com

犬を抱っこすると、顔をべろべろと舐め続けることがありますよね。犬にとって、飼い主の手や顔を舐めることには、きちんとした理由があるのです。特に手を舐めている時の心情は、「自分は決して攻撃などはしません」という、やや弱気な気持ちになっていると言われています。

もう一つは、舐めることで飼い主さんへの信愛の情を示しているとも言われています。全ての「舐める行為」は、プラスの感情に働きかけていると考えて良いでしょう。逆に、嫌いな相手の手や顔を簡単に近づけることはしないはずです。

犬が飼い主さんの手を舐めるとき

犬が飼い主に手渡しでおやつをもらうとき、その行動は単に「おやつが欲しい」という気持ちを表していると考えられます。ただ、甘えたい気持ちや前の悪戯を反省しているという意味も含まれる場合があります。時には、飼い主が忘れていることでも、犬は「あの時はごめんなさい……」という反省の気持ちを突然示すこともあります。

手を舐め続けたり、しつこくかまって来るときには、甘えたいという感情が高まっていることが考えられます。このようなとき、飼い主が上手に対応すれば、犬も大満足することができます。

飼い主の顔や鼻を舐めるとき

犬が飼い主の鼻先を舐めるときは、飼い主に甘えたいと思っているときです。この仕草は、犬が飼い主にしか見せない特別なものの一つです。幼い頃から、犬は母犬の鼻先を舐めて、おっぱいを求めたり、甘えたいという気持ちを示してきました。そのため、飼い主の顔を舐める犬は、今でも甘えん坊の気持ちを持っているのかもしれません。

口元を舐めるのは立派な敬礼?

出典:https://www.shutterstock.com

飼い主と犬が理想的な関係を築いている場合、犬は飼い主の口元を舐めて敬意を表します。犬にとって、自分が尊敬し、最も信頼している存在である飼い主は、ボスのような存在です。犬が舐めたくなるのは、親のような存在である飼い主に限られます。犬が飼い主の口元を大胆に舐めるのは、愛情を示したいと感じたときです。

犬を迎え入れて、初めて口元を舐めてくれたときは嬉しいものです。それは、犬が心を開いて、飼い主を自分にとって大切な存在と認めているときです。そう考えると、感慨深いですよね。

手を舐めるときには情報収集も?

犬にとって、飼い主の手からは慣れ親しんだ匂いがするものです。その手を舐めることで、多くの犬が心を落ち着かせることができます。手にはたくさんの情報が詰まっているので、犬たちはそれを舐めて、飼い主さんについて何かを知ろうとしているのかもしれません。

足を舐めるときには「遊んで欲しい」という欲求も

足を舐めるときは、他の場所よりも少し遊び心があると言えます。遊んで欲しいという気持ちや、足の匂いが好きで舐める犬もいます。

犬は自分の気持ちに従って飼い主を舐める部位を変えている?

出典:https://www.shutterstock.com

犬が舐める場所は、その時の気持ちや伝えたいことによって変わることがあります。言葉を持たない犬ですが、自分の気持ちを伝えようと懸命に努める様子は本当に愛らしいものです。そして、舐められた飼い主も、そのような愛犬のことをもっと深く理解しようと思えるでしょう。犬にとっては、舐める行為も深い感情を表していることが多いようです。

著者情報

UCHINOCO編集部

UCHINOCO編集部では、ペットに関するお役立ち情報をお届けしています。

オススメ

新着記事