足の短いコーギーでも選びやすいベスト型ハーネス15選!他の形状との違いも解説

ハーネスは、首への負担が少ないお散歩アイテムとして知られていますが、コーギーのような足の短い犬種は特にサイズ選びが重要です。今回は、コーギーに合うベスト型ハーネスの紹介と、ベスト型以外の形状との違いについてご紹介します。 2024年05月26日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬とおでかけ犬のカテゴリ - 犬とおでかけ
  • VIEW:1,889

犬用ハーネスは形の違いで特徴が異なる?

出典:https://www.shutterstock.com

ハーネスを探していると、形状の違いや着脱の仕方の違いに気づきますよね。どんな形状のものがあり、どのような特徴があるのか押さえておきましょう。

首にかけるタイプ

首にかけて胴の部分でカチッととめるタイプは、「8の字型」と呼ばれることもあります。小型犬よりも大型犬によく選ばれるタイプです。ハーネスの特性上、引っ張っても首に負担がかかりにくいですが、8の字型の場合は引っ張りすぎるとそれなりに首に負担がかかります。考え方によっては、適度に首への圧がかかりコントロールしやすいという意見もあります。

両肩を通すタイプ

首にひっかけずに、両足を通して使用するタイプは、特に小型犬など呼吸器への負担が気になるワンちゃんやシニア犬によく選ばれます。形状の特性上、引っ張っても首に圧力がかからず、息苦しさを感じにくくなっています。

実は、この両肩を通すタイプはベスト型との見分けが曖昧で、両肩を通すタイプのハーネスも次にご紹介する「ベスト型」として認識されていたり、販売されていたりします。

ベスト型

犬用の洋服と同じ生地を用いて作られているような、まさしくベストのような見た目をしたハーネスを「ベスト型」と呼ぶことが多いです。ただ、先ほどもご紹介したように、両肩を通すタイプの一部も「ベスト型」として捉えられるため、明らかに衣服のようなものばかりがベスト型だとは言いにくいのが現状です。

洋服のような見た目のベスト型ハーネスは、ハンドメイドで製作される商品も多く、おしゃれです。しかし、生地によっては耐久性が高くなく、旅行やお散歩時の使用には不向きな場合もあるようです。

コーギーのハーネス選びで重要なポイントは?

出典:https://www.shutterstock.com

首輪もハーネスも、一番大切なのは「安全性」です。簡単に抜けてしまうようでは、愛犬やその周囲にいる人や愛するペットを守ることができません。安全に関するポイントをしっかりとおさえておきましょう。

抜けないサイズを選ぶ

コーギーは、足が短く首が太いことから、ハーネスも首輪も抜けやすいと言われています。特に、激しい動作をした時や後ろに引っ張った時は要注意です。

ハーネスを販売するメーカーごとに、サイズは慎重に確認する必要があります。なぜなら、同じ「Sサイズ」でも、メーカーや製品によってそのサイズが違うからです。愛犬のサイズをきちんと計り、メーカーのサイズ表と照らし合わせて購入されることをおすすめします。

犬の動きを妨げない

耐久性の低い素材はお散歩時に破れてしまうリスクも高くなり危険です。しかし、厚すぎる革製のものや金属製のものはワンちゃんの負担になります。犬の動きを妨げない、柔らかく頑丈な素材で作られているものを選びましょう。

できればシンプルなものを

ベスト型ハーネスの中には、デザイン製が高くおしゃれなものもあります。しかし、基本的にはシンプルなものの方が安心です。特にコーギーは興奮しやすい子も多いため、視界を妨げるような装飾の多いものは避けた方が無難でしょう。

コーギーにおすすめのベスト型ハーネス15選

ここからは、コーギーにおすすめのベスト型ハーネスについてご紹介していきます。なお、メーカーが「ベスト型」と打ち出している場合は、いわゆる両肩を通すタイプのハーネスに近い場合であってもベスト型として紹介しております。

ASHU ウェアハーネス 迷彩

裏地はメッシュ生地となっており、抜け毛は粘着テープ等で簡単にとることができます。手洗いで綺麗にすることもでき、軽くて柔らかな付け心地はお散歩時の負担になりにくく安心。


ASHU ウェアハーネス 迷彩

パピア 犬用ハーネス

世界的に知られているペットファッションブランド・パピアのハーネスです。小型犬から大型犬まで、サイズ展開が豊富で、とてもシンプルな見た目も特徴。


パピア 犬用ハーネス

リード付きベストハーネス

控えめな色合いのチェック柄がかわいい、リードとセットになったハーネスです。リードをつける部分は二重になっており、より安心して使えます。


リード付きベストハーネス

iDog 犬用コンフォートハーネス リード付き

アウトドア好きにはたまらない、おしゃれなアースカラーのハーネスです。耐久性が気になるベスト型ハーネスですが、こちらの商品は小型犬の引っ張りには耐えられるくらいの強度で作ってあるそう。着脱は、背中の面ファスナーで簡単です。


iDog 犬用コンフォートハーネス リード付き

ベスト型ハーネス

手頃な価格で購入可能な、シンプルで使いやすいハーネスです。ネコちゃんにも使うことができ、マジックテープでサイズ調整できるため体のサイズに合わせてしっかりフィットさせることができます。


ベスト型ハーネス

iDog SHIELD COAT 犬用コンフォートハーネス リード付き

撥水・防汚加工が施されたリード付きハーネスです。雨の後のお散歩などでも、汚れがハーネスに染み込みにくくお手入れが簡単そうですね。胸元からお腹まで広い面で支えてくれるため、お散歩時の首や気管への負担もかかりにくくなっています。


iDog SHIELD COAT 犬用コンフォートハーネス リード付き

ASHU ウェアハーネス ボーダー M

ベストハーネスはお洋服のように着せられる点もポイント。裏地にはメッシュ素材が採用されており、通気性もしっかり確保してあります。


ASHU ウェアハーネス ボーダー M

リード付きベストハーネス

足を入れて、マジックテープとフックでとめて着用します。外面・内面の両方がメッシュ素材となっていますが、内面は毛が絡み付かないように目の細かなメッシュが使われています。


リード付きベストハーネス

ベスト型ハーネス

愛犬にとって負担になりにくい範囲で可愛いハーネスが欲しい!という飼い主さんに選びやすい、リボンがついたベスト型ハーネスです。リードはナイロン製、金具部分は錆びにくい素材が用いられていて、生地もしっかりしていると評価されています。


ベスト型ハーネス

犬用ベスト型ハーネス&リード

マジックテープで着脱が簡単、反射板もついています。生地の切断面がしっかりとした素材で処理されていて、肌への当たりも優しそうな印象ですね。


犬用ベスト型ハーネス&リード

犬用ベスト型ハーネス

付け心地にこだわって作られた、両肩を通すタイプのベストハーネスです。調整ベルトの部分は伸縮ゴムになっている、少し珍しいタイプ。柔らかなメッシュのソフトクッションで、肌への当たりも優しく蒸れにくいのも嬉しいポイントです。


犬用ベスト型ハーネス

likalika BEAR BEBE ハーネス

わずか45gの、超軽量ハーネスはワンちゃんの負担が少なく動きも邪魔しません。愛らしいクマちゃんの柄もキュート。ワンタッチのバックルで簡単に装着できます。


likalika BEAR BEBE ハーネス

ハーネス&リードセット

ホールドの巾が広いため、脱げのリスクが軽減されています。シンプルで着脱は簡単、ストレスの少ないハーネスを探したい方におすすめ。反射テープが付いており、暗い道でのお散歩の安全性も高めてくれます。


ハーネス&リードセット

メッシュハーネス

パステルカラーが爽やかで、速乾素材が使用されているため雨の日のあとも安心して使えます。耐久性と安全性を高めるために、PPテープがハーネスに付いているなどの工夫も。


メッシュハーネス

ASHU ウェアハーネス&リードセット S

黒色と赤色の配色がちょうどよく、上品な印象も与えてくれますね。コーギーの綺麗な毛色ともよく合いそう。メッシュ素材で通気性がよく、夏場のお散歩にも使いやすいです。


ASHU ウェアハーネス&リードセット S

コーギーのハーネス選びは安全性をよく確認して選ぼう!

出典:https://www.shutterstock.com

犬用のベスト型ハーネスは、その定義がなかなか曖昧な部分もありますが、基本的に胸元に布が当たり衝撃を分散させてくれるような形状をしています。足の短いコーギーは、サイズが違えば脱げてしまうリスクも高く、慎重に選ぶ必要があります。しかし、問題なく着用できれば、お散歩中の負担が和らぎ快適でしょう。ぜひ、愛犬にぴったりなハーネスを見つけてあげてくださいね。

著者情報

こば

小さな頃から保護された犬や猫を迎えて生活。現在は黒猫の「ジジ」に翻弄されながら、発見と感動の毎日を送っています。
実体験を振り返りつつ、飼い主さんの役に立つような情報を分かりやすく記事にすることを目標にしています。

オススメ

新着記事