【猫の十戒とは】猫の扱い方をまとめたユーモアたっぷりな10の約束

突然ですが、みなさんは「猫の十戒」をご存じでしょうか?「犬の十戒は聞いたことがあるよ!」という方も多いと思いますが、実は「猫の十戒」というものも存在しています。そこで今回は、猫を飼う際の約束事をユーモアたっぷりにまとめた「猫の十戒」について解説します。 2024年05月19日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫と暮らす猫のカテゴリ - 猫と暮らす
  • VIEW:16,399

猫を飼育するうえで大切な決まり事を猫視点でまとめた「猫の十戒」とはどのような内容なのでしょうか?愛猫の気持ちを理解する際のヒントに活用してみてください。

「猫の十戒」とは

出典:https://www.shutterstock.com

猫の十戒とは、猫を飼育するうえでの約束ごとを猫視点で10個にまとめたものです。犬好きのなかで有名な「犬の十戒」との対比がおもしろいと話題になっています。

猫の十戒がはじめて紹介された原文には諸説あり、日本愛玩動物協会の支所がホームページで掲載したもの、犬の十戒をモチーフにネット上で作成されたものなど、さまざまな説があります。

「猫の十戒」の内容

出典:https://www.shutterstock.com

「猫の十戒」をひとつずつご紹介します。
おもしろいなかにも、しっかりと猫を飼育するうえで大切なことが数多く含まれていますので、愛猫家の方はぜひ参考にしてください。

《補足》

※先述したように原文がどこから出てきたものなのかわかっていません。そのため、インターネット上などで広く知られている内容をご紹介します。また、一部の元文章にわかりにくい点があることから、言い換えなどを用いて修正しています。

猫の十戒①

《本文》
私の生涯はだいたい15年くらいですが、たまに20年以上生きてしっぽが裂けます
ほんのわずかな時間でもあなたが私の側から離れるのは嫌です
私が家族になってやります、覚悟しなさい

《解説》
猫の平均寿命は12~18歳とされています。そのため、「限りある短い時間を大好きな飼い主と一緒に過ごしたい」という猫の気持ちが描かれているようです。

「20年以上生きてしっぽが裂けます」という部分についてはよくわかっていませんが、おそらく「年老いた猫は人間の言葉を理解できる猫股(ねこまた)という妖怪へ変化する」という話をモチーフにしているのではないかと考えられます。

猫股は人の言葉を理解できるといわれているので、「あなた(飼い主さん)の言葉をちゃんと理解しているよ」という意味なのかもしれません。

猫の十戒②

《本文》
あなたが私に望むことを理解するつもりはありません。待つだけ時間の無駄です

《解説》
飼い主からのおすわりやお手などの指示(コマンド)に忠実な犬とは正反対で、猫はとても自由気ままな動物です。そのため本文では、「私に命令しても無駄よ!」という気持ちをあらわしているようです。

猫の十戒③

《本文》
私を崇拝しなさい。私にとってそれが一番重要なことです

《解説》
猫は単独で行動する動物です。そのため、自身のナワバリなどに他者が侵入するのを極端に嫌います。この一文では、猫と接する際はきちんと動物としての習性を理解したうえで対応する必要があるということを伝えています。

猫の十戒④

《本文》
私を何時間も叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで
でも狭いところは好きなので段ボールは用意しなさい
あなたには友達もいるし、仕事や趣味もあるだろうけど
私のお世話をすることに勝るものはないはずです

《解説》
長時間におよぶ叱責や罰をあたえても、猫が怖がるだけでしつけとしての効果はほとんど期待できません。また、飼い主には友達や仕事、趣味などの楽しいことや人間関係がありますが、猫には飼い主しか信頼できる相手がいません。この一文では、猫と接する際に気を付けるべきことと、しっかりお世話することの大切さを伝えています。

猫の十戒⑤

《本文》
私に話しかけなさい
話の内容はどうでもいいですが、私に話しかけているのはわかります
褒めてくれる言葉はとくに

《解説》
人間の言葉は理解できないものの、自分に対して話しかけてくれているのを猫は知っています。とくに褒め言葉をかけてもられると嬉しくなるようです。この一文では、愛猫とのコミュニケーションをしっかり取ることの大切さを伝えています。

猫の十戒⑥

《本文》
私をどのように扱ったか、私は絶対に忘れません
恨みは倍返しにします

《解説》
猫は飼い主が自身をどう扱ったかしっかり覚えています。そのため、愛猫に対する接し方を見つめなおすことの重要性を説いています。

猫の十戒⑦

《本文》
私を叩く前に思い出しなさい
私の歯はあなたの骨をかみ砕くことぐらい簡単にできます
気が向いたときにしか噛まないだけです

《解説》
動物が噛む力のことを咬合力(こうごうりょく)といい、人間で約60kgです。しかし猫はそれを遥かに上回る、約100kgの咬合力があるといわれています。ちなみに犬は小型犬で約100kg、大型犬になると約160kgとされており、猫よりも噛む力が強いです。

この一文では、「猫は基本的に本気で噛んだりしないので、飼い主も暴力を振るわないでほしい」という気持ちが込められています。

猫の十戒⑧

《本文》
「私のいうことを聞かない」と怒る前に、一度思い返してみなさい
十分に食事をあたえましたか?日向で昼寝しているのを邪魔しませんでしたか?
年を取って体が弱ってきたのかもしれません
まあどちらにしろ、私がしたいことに従わないほうが悪いのです
あきらめなさい

《解説》
猫だけでなく動物を飼育していると、いうことを聞いてくれずイライラする場面があります。そんなとき「なぜこんな態度を取るんだろう?」と、猫の視点で考えることの大切さを伝えています。

猫の十戒⑨

《本文》
私が年を取っても世話をしなさい
あなたも同じように年を取りますが、私は年を取ってもかわいいのです

《解説》
猫の老化はとても早く、生後1年で約16歳、2年で24歳とすすんでいき、その後は1つ年を取るごとに4年分が換算されていきます。

若いときはよいのですが、年を重ねるにつれて病気やケガのリスクも高くなり、場合によっては介護が必要になることもあるでしょう。

猫らしい少し上から目線の言葉ではあるものの、動物を飼ううえで重要な“終生飼育”の大切さを説いています。

猫の十戒⑩

《本文》
最期の旅立ちの時には、すぐ側で私を見送りなさい
「かわいそうで見ていられない」とか「私のいないところで逝かせてあげて」なんていうのは絶対に許しません
いつまでも撫で続けなさい。かわいいね、いい子だねと言い続けなさい
そこまでいうなら、私も着替えの時間を少し短くしてやります
もちろん、気が向いたらですが

《解説》
猫と飼い主との別れを彷彿とさせる内容となっています。ここまで9つの注文を付けてきた猫ですが、何だかんだ言いつつも、最期の時間を「飼い主さんと一緒に過ごしたい」ということなのでしょう。最期の瞬間まで猫らしい天邪鬼な姿が想像できます。

「猫の十戒」は猫の生き方そのものである

出典:https://www.shutterstock.com

今回は「猫の十戒」について解説しました。猫の十戒は犬の十戒とくらべ、とてもユーモア溢れる内容となっています。しかしそれと同時に、猫を飼育するうえで大切なことを教えてくれます。

すでに猫を飼育している方だけでなく、これから飼おうと考えている方も、ぜひ猫の十戒を覚えておいてくださいね。

著者情報

U.SHOHEI

父親が犬のブリーダーをしていたこともあり子どもの頃から犬に囲まれた生活を送る。

現在は趣味の動物園・水族館めぐりから得た知識をもとに幅広く動物に関する記事の執筆をおこなっている。

得意な生物は、犬・猫・海洋生物・エキゾチックアニマル。

オススメ

新着記事