ボンベイってどんな猫?特徴や性格、気になる価格もご紹介!

アメリカが原産の猫、ボンベイ。
日本ではまだマイナーな猫種ですが、どのような性格をしているのでしょうか?
この記事では、ボンベイの特徴や性格、価格について解説します。 2023年07月24日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫の種類猫のカテゴリ - 猫の種類
  • VIEW:5,523

ボンベイの特徴とは?

出典:https://www.shutterstock.com/

まずは、ボンベイの特徴についてご説明します。
ただの黒猫のように見えるかもしれませんが、ボンベイならではの特徴があるのです。

光沢のある黒い被毛

ボンベイの一番の特徴は、やはりその被毛です。
光沢のある黒い被毛は、どこか気品を感じさせます。
ボンベイの艶やかな被毛は、バーミーズによるものです。
もともとはアメリカンショートヘアとバーミーズを異種交配して生まれた猫種であり、バーミーズ特有の艶やかな被毛を受け継いでいます。
また、ボンベイの光沢のある被毛は、黒以外の余計なカラーを持たずに、年齢を重ねることで艶やかさが増していくといわれています。

筋肉質な身体

ボンベイは、筋肉質な身体をしているのも特徴のひとつとして挙げられます。
筋肉質な身体は、アメリカンショートヘアの特徴を受け継いでいるといえるでしょう。
ちなみに、ボンベイの筋肉質な身体と美しい黒い被毛は、「小さなクロヒョウ」とも言われています。
美しい見た目から世界中で人気の高い猫種ですが、日本では希少です。

被毛以外はアメリカンショートヘアに近い

先述したように、ボンベイの身体的な特徴としては、アメリカンショートヘアに近い見た目が挙げられます。
黒い被毛のアメリカンショートヘアはいませんが、黒い被毛以外の部分はほぼアメリカンショートヘアだといえるでしょう。
特に、尻尾と手足の形はアメリカンショートヘアの影響を大きく受けています。

ボンベイの平均体重

ボンベイは、オスとメスで体重が異なります。
個体差はありますが、オスが約3.8~5.2kg、メスだと約2.5~3.8kgが平均体重です。
ほぼすべての猫種にいえることですが、やはりボンベイもメスのほうが一回り小さい傾向にあります。

ボンベイの価格

ボンベイの価格は、平均すると30~40万円ほどでしょう。
しかし、日本では希少であるボンベイは、ペットショップで見つけることは難しいかもしれません。
また、ブリーダーの数も多くはないため、もしもボンベイを飼いたいのであれば個別にペットショップやブリーダーに問い合わせる必要があるでしょう。

ボンベイの性格は?

出典:https://www.shutterstock.com/

次に、ボンベイの性格について解説します。
飼いやすい性格であれば、ボンベイを飼ってみたいと考える人もいるでしょう。

フレンドリー

ボンベイは、とてもフレンドリーな性格をしています。
これは、アメリカンショートヘアの性格をうまく受け付いていると考えて良いでしょう。
ほかの人や動物にもフレンドリーに接することができるボンベイは、子どもがいる家庭でも問題はなさそうです。

オスとメスで性格が違う?

ボンベイは、オスとメスで性格が異なるといわれています。
オスのボンベイは甘えん坊で活発な性格をしており、遊び好きです。
それに対してメスのボンベイはマイペースで落ち着きがあることから、良い意味で猫らしい性格だといえます。
もちろん個体差はありますが、性別によって性格が異なるのもボンベイの魅力です。

鳴き声は控えめ

ボンベイは、あまり大きな声で鳴くことはありません。
どちらかというと、ほかの猫種と比べて鳴き声は控えめです。
そのため、集合住宅で飼っても鳴き声で近隣住人に迷惑をかける心配は少ないでしょう。

ボンベイの飼育に役立つ商品4選

出典:https://www.shutterstock.com/

最後に、ボンベイの飼育に役立つ商品をご紹介します。
これらのグッズを揃えておけば、ボンベイとの生活がより快適になるはずです。

キャットタワーStadium SLIMOA

好奇心旺盛なボンベイには、このキャットタワーがおすすめです。
スリムでありながらもステップやハンモックなどの機能が充実しており、高い場所でゆっくりとできるでしょう。
また、スリムタイプですが安定しており、倒れる心配もありません。


キャットタワーStadium SLIMOA

シリコーンブラシ ケトルン 短毛用

シリコーン製の猫用ブラシです。
ボンベイに限ったことではありませんが、猫の被毛の清潔を保つにはこまめなケアが必要です。
毛の質にもよりますが、ブラシの特殊な形状で、抜け毛や無駄毛を効率よく取り除きます。


シリコーンブラシ ケトルン 短毛用

S字 猫トンネル

ボンベイの遊び場所として、このトンネルをおすすめします。
長さのあるトンネルは、くぐり抜けたり隠れたりして遊ぶことができます。
また、出入口は直径27cmもあるため、ボンベイが引っかかる心配もないでしょう。


S字 猫トンネル

ペッツルート カシャカシャじゃれる スティックタイプ

ボンベイと遊ぶ際は、このおもちゃがおすすめです。
天然羽毛と、シャカシャカとなるフィルム部分が、ボンベイの好奇心を刺激します。
また、持ち手部分は飼い主に配慮して柔らかいチューブが付いているのもポイントです。


ペッツルート カシャカシャじゃれる スティックタイプ

ボンベイは日本では希少種

出典:https://www.shutterstock.com/

アメリカンショートヘアとバーミーズの特徴を引き継いだボンベイは、フレンドリーな性格をしており子どもがいる家庭でも問題なく飼うことができる猫種です。
しかし、アメリカでは多く流通しているボンベイですが、日本ではまだまだ希少な猫種だといえます。
そのため、もしもボンベイを飼いたいのであれば、事前にペットショップやブリーダーに問い合わせをする必要があるでしょう。

参考サイト
Liv House(参照日:2023-05-16)
https://item.rakuten.co.jp/neolead/nl-cs175/

猫用品のゴロにゃん 楽天市場店(参照日:2023-05-16)
https://item.rakuten.co.jp/56nyan/734917/

nagaipet(参照日:2023-05-16)
https://item.rakuten.co.jp/nagaipet/ajd0033/

charm 楽天市場店(参照日:2023-05-16)
https://item.rakuten.co.jp/chanet/191564/

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

オススメ

新着記事