猫は1日何時間眠るの?猫の睡眠時間について解説

猫を飼っている人であればわかるでしょうが、猫は1日の大半を寝て過ごしています。
実際には、猫は1日何時間眠るのでしょうか?
この記事では、猫の睡眠時間について解説します。 2023年02月26日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫の豆知識猫のカテゴリ - 猫の豆知識
  • VIEW:11,384

猫の睡眠時間について

出典:https://www.shutterstock.com

まずは本題である、猫の睡眠時間についてご説明します。
猫といっしょに暮らす上で、猫の睡眠については必ず知っておかなければなりません。

猫は1日16時間以上寝る

すべての年齢の猫を平均すると、1日に約16時間の睡眠を必要とします。
当然ながら猫の年齢によって、睡眠時間に若干の違いはあります。
成猫であれば、14時間程度の睡眠時間でも健康を維持することが可能でしょう。
しかし、体力の少ない生後5ヶ月未満の子猫やシニア猫は、1日20時間寝ることもあります。

猫はもともと夜行性

猫は、夜中にひとりでバタバタと走り回ることがあります。
猫好きの間では「夜の運動会」などといわれていますが、猫はもともと夜行性の動物です。
そのため、猫が夜に運動を始めるのはおかしなことではありません。
しかし、ペットとして飼われている猫は、飼い主の生活リズムに合わせてくれることが多いです。
猫といっしょに生活をしていれば、猫が夜にいっしょに寝てくれることもあるでしょう。
マイペースと言われている猫ですが、猫なりに飼い主に寄り添ってくれているのです。

猫の眠りは浅い

睡眠には、眠りの浅い「レム睡眠」と、眠りの深い「ノンレム睡眠」があります。
人間は1時間半ごとにレム睡眠とノンレム睡眠が切り替わりますが、猫は人間よりもレム睡眠の時間が長いといわれています。
猫が眠りの浅いレム睡眠が長いことの理由には、猫の警戒心の高さが関係しているのでしょう。
外で生活をしている時に熟睡をしてしまうと外敵に襲われるリスクが高くなるため、猫は熟睡をせずに、いつでも身体を動かせる状態にしています。

猫は寝起きが良い

猫は、寝起きに寝ぼけていることはありません。
寝起きにいつでも逃げられるように、猫は起きた瞬間に薄目を開けて周囲を警戒します。
ちなみに、猫が寝起きにみせるあくびや身体を伸ばす仕草にも、きちんと理由があります。
あくびをして酸素を身体に取り入れて、身体を伸ばしてすぐに身体を動かす準備をしているのです。

猫がたくさん寝る理由

出典:https://www.shutterstock.com

なぜ猫は、1日の大半を寝て過ごすのでしょうか?
次に、猫がたくさん寝る理由を解説します。

狩りの成功率を高めるため

猫は肉食動物なので、1日に獲物を1匹捕まえれば必要なエネルギーを摂取することができます。
ですが、当然ながら毎日の食事をしなければ健康を維持することができません。
そのため、猫は狩りを失敗するわけにはいかず、1日の数少ない狩りのチャンスを成功させる必要があります。
狩りは一瞬で終わりますが、獲物を探したり追いかけたりするのに、かなりの体力を使います。
狩りのために体力を温存しなければならないため、猫は1日の大半を寝て過ごすのです。

猫が雨の日にたくさん寝る理由

猫は、雨の日はいつも以上にたくさん寝ます。
これは、雨の日だと猫の獲物が巣穴から出てこずに活動しないため、「狩りをしても意味がない」と考えて、よく寝ているのだと考えられます。
ちなみに、「猫が顔を舐めると雨が降る」と言われているのは、湿気により被毛がわずかにベタつくため、普段よりもグルーミングを多くするのだとされています。

おすすめの猫用ベッド4選

出典:https://www.shutterstock.com

最後に、おすすめの猫用ベッドをご紹介します。
愛猫がゆっくり寝られるように、寝心地の良いベッドを用意してあげましょう。

あたたかいふわふわ ペットベッド

しっかりとしたボリューム感がある、猫用ベッドです。
猫が顎を乗せるクッションも付いており、猫の安眠の助けになってくれるでしょう。
また、底面には滑り止めが付いているため、猫が飛び乗ってもずれる心配はありません。


あたたかいふわふわ ペットベッド

ドーム型 ペットベッド

ドーム型の猫用ベッドです。
ドーム型ベッドは保温性が高いため、寒い時期にもおすすめです。
また、まわりの視線も気にならず、猫は安心して寝ることができるでしょう。


ドーム型 ペットベッド

EMME ラウンド クッション

オールシーズンで使用できる、猫用ベッドです。
外側の生地には、高級感のあるコール天素材を使用しています。
厚手でしっかりとしているため、長い間使用できるでしょう。


EMME ラウンド クッション

ペットベッド 花型

可愛らしいデザインの、猫用ベッドです。
ふわふわで高品質な綿を使用しており、猫がゆっくりと寝られるでしょう。
可愛らしい4種類のカラーを用意しているため、部屋のデザインに合わせて選ぶことができます。


ペットベッド 花型

猫は1日の大半を寝て過ごす

出典:https://www.shutterstock.com

猫は、1日に16時間程度を寝て過ごします。
また、もともと夜行性であることもあり、日中は寝ていることが多いです。
特に子猫やシニア猫は体力が少ないため、1日20時間以上を寝て過ごします。
猫がたくさん寝るのは、狩りのために体力を温存しているという説が濃厚です。
また、雨の日にいつも以上に多く寝るのは、雨の日は獲物である小動物が活動しないという理由もあります。
猫が安心してたくさん寝られるような生活環境づくりはもちろん、質の良い猫用ベッドも用意してあげると良いでしょう。

参考サイト
セシールのコテージ(参照日:2023-01-13)
https://item.rakuten.co.jp/cecilescottage/ce-1003/

地球問屋(参照日:2023-01-13)
https://item.rakuten.co.jp/auc-r-style/pet03-10-10m/

life choice 寝具厳選館(参照日:2023-01-13)
https://item.rakuten.co.jp/lifeinqc/dh0040s/

Melville(参照日:2023-01-13)
https://item.rakuten.co.jp/melville/mel-petbedyp293/

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

オススメ

新着記事