猫が夜中に暴れる理由や対処法について解説

猫は夜中に暴れてしまうことはありませんか。寝ているときに走り回られてしまうと困ってしまいますよね。ここでは「猫が夜中に暴れる理由や対処法、運動不足解消のおもちゃ」についてご紹介します。 2023年01月13日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫と暮らす猫のカテゴリ - 猫と暮らす
  • VIEW:4,088

猫が夜中に暴れる理由について

出典:https://www.shutterstock.com

猫を飼育していると一度は夜の運動会を経験したことがあるのではないでしょうか。夜の運動会とは、夜になって猫が走り回り暴れることです。カーテンレールに登り寝ている飼い主の体の上に飛び降りるなんてことになると大変ですよね。
猫を飼育するときにはなぜ猫が夜暴れるのか理由を知っておくことがおすすめです。
ここでは「猫が夜中に暴れる理由」についてご紹介します。

夜のほうが活動的になる

猫が夜中に暴れる理由として「夜のほうが活動的になる」ということがあげられます。

猫は野生で生活している頃は夜に活動し獲物を捕らえていました。夜活動する分昼間しっかり寝ることでエネルギーを蓄えていました。その名残から猫は夜のほうが活動的になってしまい、暴れてしまうのです。

ただ人に飼育され一緒に生活することにより、昼活動し夜は静かに眠る猫もいます。

ストレスや運動不足

猫が夜中に暴れる理由として「ストレスや運動不足」があげられます。

猫はストレスを感じると、攻撃的な性格になったり物を壊す暴れるなどの行動を起こします。自由気ままに生活しているように見えますが、やはりストレスを感じます。

生活リズムの変化や不衛生な生活環境、飼い主にかまってもらえないなどによりストレスを溜め込んでしまうことがあり、ストレスは病気を引き起こす可能性もあるためストレスの原因を知り発散させてあげることが大切です。

運動不足では単純に運動量が足りていないためエネルギーが有り余ってしまい夜中暴れます。ほとんどの猫が完全室内飼育で生活しているため1日の運動量を室内遊びでまかなう必要があります。キャットタワーや一人遊びができるおもちゃを活用するだけでなく、猫と一緒に遊び時間を作りたくさん体を動かしてあげましょう。

病気の可能性もある

猫が夜中に暴れる理由として「病気の可能性」もあげられます。

病気により体に痛みが生じている場合、体に触られることを嫌がり攻撃的になることがあります。さらに夜中に暴れてしまうこともあるため、普段は夜おとなしくしていたのにも関わらず急に暴れる回数が増えた場合は動物病院の受診を検討することがおすすめです。

動物病院を受診するときには、猫の体を触るだけでなく、元気や食欲、排泄物の状態、歩き方などもみておくことがおすすめです。暴れるだけでなく、元気や食欲がない、排泄物の状態がいつもと異なる、歩き方がおかしいなどがみられる場合は、早めに動物病院を受診しましょう。

猫が暴れたときの対処法とは?

出典:https://www.shutterstock.com

猫が夜暴れてしまうと眠りづらくなることがあり、困ってしまいますよね。しかし、同対処すれば猫は落ち着いてくれるようになるのでしょうか。
ここでは「猫が暴れたときの対処法」についてご紹介します。

生活リズムを整える

猫が夜中に暴れてしまうときには「生活リズムを整える」ことがおすすめです。

猫が夜中に暴れてしまうのは野生の頃の名残です。しかし、生活リズムを整えることで夜中に暴れる回数を少なくすることができます。昼間にたくさん体を動かし、夜はしっかり眠れるように環境を整えてあげましょう。

夜はテレビや音楽などの音量を小さくし、猫が安眠できるように寝心地の良いベッドを用意するなど環境を整えることがおすすめです。

日中にたくさん運動させる

猫が夜中に暴れてしまうときには「日中たくさん運動させる」ことがおすすめです。

日中体を動かすことにより夜は疲れてしまうためぐっすり眠れるようになります。日中一緒に遊んであげることができるのであれば時間を作り遊んであげましょう。構うことができない場合は猫が退屈することのないようにキャットタワーや一人で遊ぶことができるおもちゃを用意しましょう。

必要があれば動物病院を受診する

猫が夜中に暴れてしまうときには「必要に応じて動物病院を受診」しましょう。

猫が暴れる原因が病気の場合は動物病院を受診し、治療を行うことが望ましいです。動物病院を受診するときには普段の様子や元気や食欲など気になることなど伝えることができるようメモしておきましょう。

猫のストレス解消におすすめおもちゃをご紹介

猫が夜大暴れする原因の中にはストレスもあげられます。そのため、夜暴れることのないように日中ストレスを解消させてあげることが望ましいです。
ここでは「猫のストレス解消におすすめおもちゃ」についてご紹介します。

キャットツリー CROWN170

高さ170cmのキャットタワーです。部屋を2つ完備しているだけでなく、ねずみのおもちゃや最上段の台座など仕掛けがたくさんあり楽しむことができます。階段はスロープになっているため子猫や老猫などにも優しい仕様です。上下運動がしっかりできるため運動不足解消におすすめです。


キャットツリー CROWN170

極太猫爪とぎポール

麻縄巻きタイプ、綿縄巻きタイプの2種類から選ぶことができる爪とぎです。小さいため省スペースでも設置することができます。爪とぎはストレス発散だけでなく運動不足解消にも効果が期待できます。


極太猫爪とぎポール

S型 キャットトンネル

S型のトンネルであるき回るだけでなく隠れることや跳ね返ることもできます。直径27cmの入り口なので、体が大きい猫にもおすすめです。折りたたみ式になっているため持ち運びや収納にも便利です。


S型 キャットトンネル

自動レーザー

自動でレーザーが動くため猫の夢中になって遊ぶことができます。留守番が長い猫でも飼い主の代わりに遊んでくれるため運動不足解消にも効果的です。
レーザーは猫の目にも負担をかけないものを使用しており、コンパクトサイズなので部屋の中でも邪魔になることはありません。静かで使いやすく、お出かけ先でも活用できます。


自動レーザー

普段からストレスや運動不足解消を心がけよう

出典:https://www.shutterstock.com

ここでは「猫が夜中に暴れる理由や対処法、運動不足解消のおもちゃ」についてご紹介しました。
猫が夜中に暴れる理由として「本能」「ストレス・運動不足」「病気」などが原因としてあげられます。猫はよる活発に活動するという本能があります。そのためよる暴れやすくなる傾向があります。
しかし、夜中に暴れてしまうと飼い主だけでなく近隣トラブルを引き起こす可能性もあります。猫が夜中に暴れないようにしっかり対処していきましょう。

参考サイト

・マックスシェアー maxshare (参照日:2022-12-13)
https://item.rakuten.co.jp/maxshare/a04934/
https://item.rakuten.co.jp/maxshare/a10544/

・ペットのlife&styleショップ (参照日:2022-12-13)
https://item.rakuten.co.jp/nagaipet/ajd0033/

・better life(参照日:2022-12-13)
https://item.rakuten.co.jp/minty2022/laser/

著者情報

こばやし

犬、ハムスター、うさぎ、爬虫類、魚類などの生き物と生活していたので小さい頃から動物が好きでした。
動物関係の専門学校を卒業後、動物看護師として動物病院で勤務していました。
動物看護師、愛玩動物飼養管理師などの資格を取得しており、現在はドッグアロマやドッグマッサージについて勉強中です。

オススメ

新着記事