犬の室内での寒さ対策とは?おすすめ防寒グッズをご紹介

寒さが厳しくなる季節は室温調節をしっかりする必要があります。ここでは、犬のための室内での寒さ対策やおすすめ防寒グッズについてご紹介します。 2022年11月17日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬と暮らす犬のカテゴリ - 犬と暮らす
  • VIEW:6,841

室内での寒さ対策とは?

出典:https://www.shutterstock.com

犬の生活環境が寒すぎてしまうと体調を崩す可能性もあります。寒さが厳しい時期は室内にいてもしっかりと寒さ対策をすることが望ましいです。
ここでは「室内での寒さ対策」についてご紹介します。

暖房などを使用して室温を管理する

犬が寒く感じないよう、暖房などで室温を管理してあげましょう。
室温は20~24℃、湿度は40~60%程度が理想です。

理想の室温は、犬種にもより異なります。被毛が密に生えており寒さに強い犬もいれば、被毛が短く寒さに弱い犬もいます。
犬により適切な室温が異なるので、犬が明らかに寒がっている様子であれば、適宜調節してあげましょう。

冬用ベッドや毛布を活用

犬用の冬用ベッドや毛布を用意してあげましょう。
暖房を使用しても、温められた空気は天井付近に上昇し、冷たい空気が床の方に下がります。
犬は低い位置にいるため、人は暖かく感じていても犬にとっては寒いという可能性もあるでしょう。

そのため、冬用のベッドや毛布を活用し、犬が寒いときに自分で温まれるようなグッズを用意しておきましょう。

ペット用ヒーターの導入

ペット用ヒーターは、電源コードをコンセントに差し込み、置くだけで暖かく過ごすことができる商品です。ペットが使用することを目的として作られているため、安全性も高くなっています。

商品によっては犬用ベッドに入れて使用することができるものもあるため、犬の生活スタイルに合わせて購入できます。

寒さ対策の注意点とは?

出典:https://www.shutterstock.com

寒さ対策は犬の体温を保つためにも大切なことですが方法を誤ることで犬がケガをしてしまうことや皮膚炎を引き起こしてしまうこともあります。そのため寒さ対策をするときには注意すべきことをしっかり頭に入れておきましょう。
ここでは「寒さ対策の注意点」についてご紹介します。

ケガややけどに注意

寒さが厳しい時期は、人用のヒーターを使用することもあると思います。
犬があまりにもヒーターに近づきすぎると、やけどをしてしまう可能性もあります。

ペット用の商品は安全対策が施されていますが、誤った使用方法をすることでケガをしてしまう可能性が高くなります。

犬が安全に温まれるよう、暖房やヒーターなどのグッズを利用する際には、飼い主の目の届く範囲で使用することをおすすめします。

洋服は適度に脱がせる

冬用の洋服は保温性の高いものが多く、散歩に使用すると暖かく過ごすことができます。
しかし、室内でも着続けることで摩擦による毛玉や、湿気がこもることによって皮膚炎を引き起こす可能性も考えられます。

洋服は適度に脱がせて皮膚や被毛の状態もしっかり確認することがおすすめです。

おすすめ防寒グッズをご紹介

近年ではペットが快適に生活ができるような専用の便利グッズも多く販売されるようになりました。寒さが厳しい時期には防寒グッズを上手に活用し、寒さを乗り切ることがおすすめです。
ここでは「おすすめ防寒グッズ」についてご紹介します。

ドーム型 ペットベッド

ペット用のドーム型ベッドです。中にはもこもこクッションを入れることができるため、寒さが厳しい時期に最適な商品となっています。ドーム型になっているため体をすっぽり入れることができ、安心して休むことができます。


ドーム型 ペットベッド

EMME 高反発 ペットベッド

オールシーズン使用することができるペット用のベッドです。人間用の寝具にも使われる素材と製法で作られているため、寝返りや起き上がりがしやすくなっています。秋冬タイプのカバーはもこもこで暖かく過ごすことができます。


EMME 高反発 ペットベッド

ペット用ホットカーペット

7段階温度調節が可能なペットヒーターです。ペットベッドだけでなくペットハウス、床などに設置することができます。犬がいたずらしないような工夫がされているため、安心して使用することが可能です。


ペット用ホットカーペット

iDog ふんわりファータンク

ふんわり素材の犬用洋服です。安価で購入することができ、両面フリース素材で作られているため、散歩中も温かい状態で過ごすことができます。


iDog ふんわりファータンク

寒い時期はしっかり防寒対策をしよう

出典:https://www.shutterstock.com

ここでは、犬のための室内での寒さ対策やおすすめ防寒グッズについてご紹介しました。
犬は暑さより寒さに強いイメージもあります。しかし近年の冬の冷え込みはかなり厳しく室内で生活していてもしっかりと寒さ対策を行うことが必要です。
寒さ対策としてはいろんなグッズを活用することがおすすめで、犬の性格に合わせて選んでいきましょう。
寒さ対策は必要ですが犬がケガをしないように工夫することが必要です。電気ストーブなどは犬がやけどしてしまう恐れもあるため、使用中は犬を隔離するなど安全に使用できるようしっかり対策しましょう。

参考サイト

・地球問屋(参照日:2022-10-04)
https://item.rakuten.co.jp/auc-r-style/pet03-10-10m/

・lifechoice寝具厳選館 (参照日:2022-10-04)
https://item.rakuten.co.jp/lifeinqc/dh0038m/

・MOONSHOT 楽天市場店 (参照日:2022-10-04)
https://item.rakuten.co.jp/moonshot/ik-4030-bu/

・犬の服のiDog (参照日:2022-10-04)
https://item.rakuten.co.jp/idog/14665-/

著者情報

こばやし

犬、ハムスター、うさぎ、爬虫類、魚類などの生き物と生活していたので小さい頃から動物が好きでした。
動物関係の専門学校を卒業後、動物看護師として動物病院で勤務していました。
動物看護師、愛玩動物飼養管理師などの資格を取得しており、現在はドッグアロマやドッグマッサージについて勉強中です。

オススメ

新着記事