猫の食欲が低下したのはなぜ?原因や対処方法を解説

愛猫の食欲が低下すると、「もしかして病気?」と心配になってしまう飼い主は多いはずです。
実際のところ、猫の食欲低下の原因は何が考えられるのでしょうか?
この記事では、猫の食欲が低下したときに考えられる原因や対処方法を解説します。 2022年10月06日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫の健康ケア猫のカテゴリ - 猫の健康ケア
  • VIEW:162

猫の食欲が低下したときに考えられる原因

出典:https://www.shutterstock.com/

まずは、猫の食欲が低下したときに考えられる原因についてご説明します。
原因がある程度特定できれば、正しい対処ができるはずです。

病気

猫が急に食欲不振に陥るのは、やはり何らかの病気が原因である可能性も考えられます。
多くの病気で食欲不振になりますが、考えられる病気としては慢性腎不全や猫風邪、糖尿病などでしょう。
ほかにもさまざまな病気で、猫の元気がなくなり食欲不振に陥るものがあるため、早めに対処しておくことをおすすめします。

キャットフードに飽きた

もしかしたら、猫はいままで食べているキャットフードに飽きてしまったのかもしれません。
私たち人間も毎日のように同じものを食べていれば、飽きてしまうでしょう。
特に定期的におやつなどをもらっておらず、毎日同じキャットフードしか与えられていない猫は、食事に飽きてしまいやすい傾向にあります。

口内が痛い

猫は、空腹で食事をしたいのに、口内が痛いことが原因で食べられない可能性があります。
猫は虫歯になりにくい動物ですが、定期的に歯磨きをしていない場合、口内炎や歯周病などのリスクは高くなります。
口内の病気は人間には見つけにくいかもしれませんが、日頃から猫の体調管理をきちんとしておくことで、早期発見に繋がるでしょう。

ストレス

猫は神経質な性格であることが多く、些細なことでストレスを感じてしまいます。
特に引っ越しなどで生活環境が大きく変わったときには、ストレスから食欲不振に陥ることがあるでしょう。
また、ほかの猫や動物を迎え入れたときにも、ストレスを感じることがあるため注意が必要です。

夏バテ

猫も人間と同じように、夏バテにより食欲不振になっている可能性があるでしょう。
夏バテ程度であれば良いですが、熱中症になると命に関わることもあるため、暑い時期の体調管理には特に気を付ける必要があります。

老化

猫はだいたい7歳頃からシニア期に入りますが、老化により食が細くなった可能性も考えられます。
シニア猫は若い頃に比べると運動量も減るため、必然的に食事量も減っていくでしょう。
ただし、シニア猫は若い猫よりも健康を維持するために良質な動物性たんぱく質を必要とすることから、食事にいままで以上に気を配ることが大切です。

猫の食欲が低下したときの対処方法

出典:https://www.shutterstock.com

次に、猫の食欲が低下したときの対処方法を解説します。
猫が食事をしなければ栄養不足になり健康を維持することができなくなるため、早めに対処する必要があるでしょう。

動物病院へ連れて行く

猫の食欲がなく、同時にいつもよりも遊んだり元気がなかったりしているときには、一度動物病院へ連れて行くことをおすすめします。
もしかしたら、猫は何らかの病気を発症している可能性があるかもしれません。
もしも病気ではない場合でも、獣医師に診せることで猫の食欲不振の原因がある程度は特定できるはずです。
病気は早期発見が大切なので、猫に何か異常がみられたときには、早めの対処をしましょう。

キャットフードを変えてみる

猫がキャットフードに飽きてしまった場合は、思い切ってキャットフードを変えてみるのも良いかもしれません。
特に肉類をメインにした良質なキャットフードであれば、猫の食いつきが戻る可能性があります。
しかし、突然キャットフードを切り替えると猫の胃腸に負担がかかることもあるため、1週間程度を目安に徐々に新しいフードに切り替えていきましょう。

ウェットフードを与える

水分量の多いウェットフードは、香りが強く嗜好性が高いです。
そのため、ウェットフードを与えることで猫の食欲が改善することが考えられます。
しかし、ウェットフードは総合栄養食の基準をクリアしたものが少ないため、与えすぎは避けたほうが良いでしょう。
あくまで、猫の食欲が改善するまでのつなぎにするべきです。
ただし、当然ながらウェットフードでも総合栄養食の基準をクリアしたものもあるため、それであれば主食として与えても問題ありません。

おすすめの猫用ウェットフード 4選

出典:https://www.shutterstock.com

猫の食欲を刺激するために、香りの強いウェットフードを与えてみるのも良いでしょう。
最後に、おすすめの猫用ウェットフードをご紹介します。

ニュートロ デイリーディッシュ トレイ

ウェットフードでありながら、総合栄養食の基準をクリアした商品です。
チキンやサーモン、ツナなど数種類から選ぶことができるため、愛猫の好む味を見つけることができるでしょう。
小分けタイプになっており、いつでも新鮮な状態で猫に与えることが可能です。


ニュートロ デイリーディッシュ トレイ

シーバ リッチ ごちそうフレーク 贅沢お魚ミックス

かつおやサーモンの素材の味を活かした、猫用ウェットフードです。
猫の大好きな魚の香りが強いため、食欲の改善が期待できます。
日頃与えているドライフードに混ぜて与えるのがおすすめです。


シーバ リッチ ごちそうフレーク 贅沢お魚ミックス

ミャウミャウ ジューシー

まぐろやサーモン、シーフードブレンドなど4種の味がセットになったウェットフードです。
さまざまな味がセットになっていることから、猫が飽きずに食べ続けてくれることが期待できます。
また、総合栄養食の基準をクリアしているのも嬉しいポイントです。


ミャウミャウ ジューシー

アイシア 黒缶パウチ

まぐろとかつおの血合肉をベースに、人気の具材をミックスしたウェットフードです。
DHAやEPA、鉄分やタウリンなど、健康に配慮された栄養素が豊富に含まれています。
総合栄養食の基準をクリアした、良質なウェットフードといえるでしょう。


アイシア 黒缶パウチ

猫の食欲の低下は早めに対処しましょう

出典:https://www.shutterstock.com/

猫の食欲の低下の原因は、病気やストレスなどさまざまです。
どれも早めに対処しなければ、猫の健康に悪影響を及ぼす可能性があるでしょう。
特に病気の場合は命に関わる可能性もあり、早めの対処が必要です。
愛猫の体調管理を日頃からきちんと行い、食欲の低下を含めた異常にいち早く気が付けるようにしましょう。

参考サイト

FOREMOST ONLINEPROSHOP(参照日:2022-09-12)
https://item.rakuten.co.jp/petgoods-foremost/ncw-set-01/

Rakuten24(参照日:2022-09-12)
https://item.rakuten.co.jp/rakuten24/22751/
https://item.rakuten.co.jp/rakuten24/13358/

V-drug(参照日:2022-09-12)
https://item.rakuten.co.jp/v-drug/0270030_4571104713050_1/

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

オススメ

新着記事