猫はヨーグルトを食べても大丈夫?メリットや注意点を解説

腸内の健康を考えて、毎日ヨーグルトを食べている人も多いはずです。
そこで、猫がヨーグルトを食べたがることもあるでしょう。
この記事では、猫がヨーグルトを食べても大丈夫かどうかや、与える際の注意点などを解説します。 2022年08月31日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫の食べ物猫のカテゴリ - 猫の食べ物
  • VIEW:2,242

猫はヨーグルトを食べても大丈夫?

出典:https://www.shutterstock.com/

まずは本題である、猫がヨーグルトを食べても大丈夫かどうかについて解説します。
併せて、ヨーグルトを与える際の注意点についても見ていきましょう。

猫はヨーグルトを食べても基本的には大丈夫

結論から言うと、猫はヨーグルトを食べても基本的には大丈夫です。
しかし、ヨーグルトの原料でもある牛乳は、猫に与えてはいけないものとして認知されています。
なぜなら、牛乳に含まれる乳糖は、猫によっては耐性を持っていない可能性があるからです。
乳糖に耐性を持たない「乳糖不耐症」は、牛乳を飲むことで下痢などの症状が現れます。
それならば牛乳を原料としたヨーグルトも猫に与えてはいけないのではないかと考えるでしょうが、ヨーグルトは製造する過程で乳糖が減少するため、乳糖による中毒リスクは低いといえます。
そのため、適量であれば猫にヨーグルトを与えても問題はないでしょう。

猫にヨーグルトを与える際の注意点

猫にヨーグルトを与える際の注意点は、いくつかあります。
まずは、人間用に作られた加糖や低糖タイプのヨーグルトを与えないという点です。
加糖や低糖タイプのヨーグルトはたしかに美味しいかもしれませんが、猫にとっては肥満などのリスクを高めることになります。
そのため、猫にヨーグルトを与える際は、必ず無糖タイプのものを与えるようにしましょう。
また、ヨーグルトに含まれるたんぱく質によりアレルギー反応を起こす可能性もあります。
はじめて猫にヨーグルトを与える際は、少量を与えて様子を見ることがおすすめです。

ヨーグルトは尿路結石を引き起こす?

一部では、ヨーグルトが原因で尿路結石を引き起こすことがあると言われています。
これは、ヨーグルトに含まれるカルシウムやナトリウムによるものだと考えられます。
しかし、過剰摂取をさせなければ尿路結石を引き起こすリスクは限りなく低いといえるでしょう。
猫にヨーグルトを与える際の適量は、体重5kgの猫に対して約50~70gが目安です。
ちなみに、スプーン1~2杯程度であれば猫の健康に悪影響を及ぼすことはないはずです。

猫にヨーグルトを与えるメリット

出典:https://www.shutterstock.com/

猫にヨーグルトを与えるのは、いくつかのメリットがあります。
ヨーグルトの栄養素も含めて、猫にヨーグルトを与えるメリットを見てみましょう。

腸内環境を整える

ヨーグルトに含まれる乳酸菌には、腸内環境を整える働きがあります。
そのため、便秘への対策や免疫の維持に期待できるでしょう。

骨や歯の健康維持

ヨーグルトに含まれるカルシウムは、骨や歯の健康維持に役立つことで知られています。
特に歯や骨が弱ってきたシニア猫に、ヨーグルトはメリットがあるといえそうです。
ちなみに、一部のヨーグルト製品に含まれるロイテリ菌や乳酸菌LS1は、口腔内の健康維持の期待もできます。

皮膚や被毛の健康維持

ヨーグルトには、ビタミンAやビタミンB1などのビタミン類も含まれています。
ビタミンAやビタミンB2は、皮膚や被毛の健康維持が期待できる栄養素です。

猫用のヨーグルト商品4選

出典:https://www.shutterstock.com/

猫にヨーグルトを与えることに多少の抵抗がある人は、猫用に作られたヨーグルト商品を与えることをおすすめします。
最後に、猫用ヨーグルト商品をご紹介します。

犬と猫のためのヨーグルト

常温に溶かして飲ませたり、アイスキャンディーのように与えたりできる犬や猫のためのヨーグルトです。
乳酸菌が豊富に含まれているため、猫の腸内環境を整えることが期待できます。
また、生乳と水だけで作られており、安心して与えることができるでしょう。


犬と猫のためのヨーグルト

L8020 犬猫用ヨーグルト

L8020乳酸菌が配合された、犬猫用ヨーグルトです。
L8020乳酸菌の働きにより、口腔内の健康維持が期待できるでしょう。
普段与えているフードに混ぜても、猫は喜んで食べるはずです。


L8020 犬猫用ヨーグルト

アドメイト ヨーグルト&乳酸菌配合

ヨーグルトと乳酸菌を配合した、おやつ感覚で与えられるサプリメントです。
ヒューマングレードの素材で作られているため、安心して猫に与えることができるでしょう。
チャック付包装になっており、いつでも新鮮な状態で与えることが可能です。


アドメイト ヨーグルト&乳酸菌配合

ヤギミルクのヨーグルトビッツ

モンゴルの伝統乳製品であるアーロルを、犬猫用に開発した商品です。
猫は、スナック感覚で乳酸菌を摂取することができます。
嗜好性が高く、猫は喜んで食べてくれるはずです。


ヤギミルクのヨーグルトビッツ

猫にヨーグルトを与えても問題ない

出典:https://www.shutterstock.com/

猫にヨーグルトを与えても、基本的には問題ありません。
ヨーグルトの原料の牛乳に含まれる乳糖も製造の過程で減少するため、乳糖による中毒のリスクも低いでしょう。
しかし、与えすぎるのは下痢などの原因にもなるため避けなければなりません。
また、アレルギーのリスクもあります。
そのため、猫にヨーグルトを与える際は、スプーン1杯程度を与えてしばらく様子を見るようにしましょう。
与え方だけ注意すれば、猫にとってヨーグルトはメリットの多い食材といえます。
心配であれば、猫などのペット用に作られたヨーグルト商品を与えると良いでしょう。

参考サイト

文部科学省 食品成分データベース ヨーグルト(参照日:2022-08-09)
https://fooddb.mext.go.jp/details/details.pl?ITEM_NO=13_13025_7

帝塚山ハウンドカム(参照日:2022-08-09)
https://item.rakuten.co.jp/ashu/tge-090916/

Quebec(参照日:2022-08-09)
https://item.rakuten.co.jp/cake-shop/20200902/

I DOG & I CAT(参照日:2022-08-09)
https://item.rakuten.co.jp/idog/snadd034/

iliosmile(参照日:2022-08-09)
https://item.rakuten.co.jp/iliosmile/mf0128/

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

オススメ

新着記事