犬が添い寝してくるのはなぜ?理由と注意点を解説

寝ているときに愛犬が添い寝をしてくると、飼い主としては愛おしい気持ちになりますよね。
なぜ、犬は添い寝してくるのでしょうか?
この記事では、犬が添い寝してくる理由と、犬と添い寝をする際の注意点について解説します。 2022年06月27日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬と暮らす犬のカテゴリ - 犬と暮らす
  • VIEW:9,637

犬が添い寝してくる理由

出典:https://www.shutterstock.com/

まずは本題である、犬が添い寝してくる理由をご説明します。
家族同然の犬ならではの、可愛らしい理由もあるでしょう。

飼い主のにおいを感じたいから

犬は、大好きな飼い主のにおいを感じながら寝たいのかもしれません。
これは、嗅覚に優れた犬だからこその理由だと言えます。
人間もそうですが、犬も大好きな人のにおいを嗅ぎながら寝るのは、幸せを感じるものです。
特に子犬の頃に母犬との時間を十分に過ごせなかった犬は、飼い主のことを親同然に考えているため、添い寝をしたがるのでしょう。

布団の中が気持ち良いから

犬は、ふかふかのベッドや布団で寝るのが気持ち良いと感じているのかもしれません。
特に寒い時期になると、布団で温まるのは犬にとっても気持ちの良いものでしょう。
また、飼い主の体温も感じることができるため、寒さに弱い犬であれば布団の中は落ち着いて寝ることができる場所になります。

飼い主に構ってほしいから

飼い主とのコミュニケーションが足りていない犬は、飼い主に構ってほしいという理由から添い寝をしてくることがあります。
これは甘えているとも言えますが、布団に潜り込むことで飼い主に叱られた経験がある犬は、「布団に入ると飼い主に構ってもらえる」と学習していることが考えられます。

飼い主に依存しているから

飼い主と一時も離れたくないと考えているため、添い寝をしてくる犬もいます。
これは飼い主にとっては喜ばしいことかもしれませんが、分離不安症の症状のひとつでもあるため、注意が必要です。
分離不安症とは、飼い主に依存することにより、留守番中など飼い主と離れたときに問題行動を起こしてしまう精神的な病気です。
分離不安症は、飼い主と離れることを大きなストレスと感じるため、早めに対処をしなければなりません。

犬と添い寝する際の注意点

出典:https://www.shutterstock.com/

犬と添い寝をする際は、気を付けなければならない点もあります。
注意点を意識して、愛犬と添い寝をするかどうか判断をしましょう。

ベッドから落ちないようにする

ベッドで寝ているのであれば、愛犬がベッドから落下しないように注意しましょう。
特に小型犬の場合は、ベッドから落下することで骨折などの怪我をしてしまう可能性があります。
犬は1日のうちに熟睡することは少ないので、飼い主の寝返りに潰されてしまう心配はしなくても良いでしょう。
しかし、飼い主の寝返りを避けようとしたときにベッドから落ちてしまうこともあるため、ベッドの横にクッションを置くなどの対策をすることをおすすめします。

衛生面に配慮する

ほとんどの犬は、全身に被毛が生えています。
そのため、どれだけ毎日ブラッシングをして清潔にしていても、散歩時に付着した泥などで布団やシーツを汚してしまいがちです。
また、ノミやダニなどに注意しなければならず、定期的に布団やシーツを洗濯する必要があります。

犬との距離感を保つ

先述したように、犬との距離感が近すぎると、分離不安症を発症してしまうリスクがあります。
そのため、どれだけ愛犬のことが大好きであっても、一定の距離感を保たなければなりません。
愛犬と添い寝をしたいのであれば、服従訓練をしっかりとして、毎日の留守番にも慣れさせる必要があります。

夏におすすめの犬用ベッド4選

出典:https://www.shutterstock.com/

暑い時期に犬と添い寝をするのは、暑苦しく感じることもあるでしょう。
そこで、最後に夏におすすめの犬用ベッドをご紹介します。

夏用ペットベッド

爽やかなデザインの犬用ベッドです。
メッシュ生地とパイル生地のリバーシブルになっており、犬の好みに合わせて使い分けることができます。
裏面は滑り止め加工がされているため、犬が飛び乗ってもずれる心配がありません。


夏用ペットベッド

ひんやりペットベッド

接触冷感生地で、暑い時期にも涼しく感じられる犬用ベッドです。
安心して寄りかかることができるように、側壁が付いています。
シンプルなデザインは、どんな部屋にも合わせやすいでしょう。


ひんやりペットベッド

ペット用 ひんやり 冷却マット

接触冷感生地の、クールマットです。
ベッドに入れても良いですし、冷凍すると外出先でも活躍するでしょう。
使用しないときは折りたたんでコンパクトにできるのも、嬉しいポイントです。


ペット用 ひんやり 冷却マット

アイリスオーヤマ ペットベッド PCSB-22

接触冷感加工が施された、夏用のベッドです。
端部分は少し硬めに作られており、犬が顎を乗せて寝ることができます。
3つのサイズ展開がされているため、さまざまな犬種に対応することが可能です。


アイリスオーヤマ ペットベッド PCSB-22

注意点を意識して犬との添い寝をしましょう

出典:https://www.shutterstock.com/

犬が添い寝をしてくるのは、大好きな飼い主のそばで寝たいという理由が多いでしょう。
また、犬によっては単純に布団の中が温かいからという可能性もあります。
どれも飼い主にとっては嬉しいものかもしれませんが、衛生面に配慮するなどの注意点も気を付けなければなりません。
また、場合によっては犬を分離不安症にしてしまうことも、意識しておきましょう。
犬と飼い主が快適にいっしょに寝られるように、布団やシーツを定期的に洗濯したり一定の距離感を保ったりすることも大切です。

参考サイト

地球問屋(参照日:2022-05-12)
https://item.rakuten.co.jp/auc-r-style/03-19-05l/
https://item.rakuten.co.jp/auc-r-style/03-19-14m/

JINSHOP(参照日:2022-05-12)
https://item.rakuten.co.jp/jinshop/pet03/

アイリスプラザ(参照日:2022-05-12)
https://item.rakuten.co.jp/irisplaza-r/100448/

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

オススメ

新着記事