猫をケージ飼いする時の注意点とは?おすすめケージもご紹介

猫を飼育する時にはケージを用意する方も多いのではないでしょうか。猫をケージ飼いする時にはいくつか気をつけなければいけない点があります。ここでは、ケージ飼いの注意点やおすすめケージをご紹介します。 2022年02月11日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫と暮らす猫のカテゴリ - 猫と暮らす
  • VIEW:4,616

猫をケージで飼育する時に気をつけることとは?

出典:https://www.shutterstock.com

ケージで猫を飼育することは猫が逃げることないため安心ですが、1日中ケージで飼育している時には、いくつか注意しなければいけない点があります。
ここでは、猫をケージで飼育する時に気をつけることについてご紹介します。

ケージの置き場所に注意

猫が日常的に過ごす場所なので、過ごしやすい環境に置くことをおすすめします。人通りが多くなく、静かに過ごせる場所で直射日光が入らない通気性の高い場所を選びましょう。
ケージを置く場所を誤ることで、猫が体調を崩してしまう場合もありますので、季節によってケージの場所を検討し、快適に過ごせるかどうか確かめることをおすすめします。

運動不足に注意

猫用ケージは上下運動ができるように程よいスペースがある商品が多いですが、それでも1日中ケージの中にいると運動不足になってしまうことがあります。
子猫やシニア猫の場合は問題ないこともありますが、健康的な成猫の場合は運動量が足りなくなってしまうことがあります。猫は運動不足になると、肥満になりやすく、ストレスが溜まって攻撃的な性格になってしまう可能性があります。そのため、運動時間が足りていない場合は、ケージから出してキャットタワーやおもちゃなどを利用し、運動できる時間を作ってあげることをおすすめします。

無理やりケージに入れないように注意

ケージを使用する時には、無理やりケージに入れることはしないように注意しましょう。ケージ内に無理やり入れることで、猫はケージに入ることを嫌がるようになってしまいます。ケージだけでなく、お出かけバッグなども同様で、猫が自分から入れるようにしていくことをおすすめします。

ケージを利用することのメリットとは?

出典:https://www.shutterstock.com

猫を飼育する時には、ケージを購入を勧められることがほとんどだと思います。飼育し始めてからはケージは使っていないという方もいるのではないでしょうか。しかし、ケージを日常的に使用することでたくさんのメリットがあります。
ここでは、ケージを使用する時のメリットについてご紹介します。

猫の脱走を防ぐ

ケージを使用することで、猫の脱走を防ぐことができます。猫の中には好奇心旺盛な子もいます。ベランダや玄関から飛び出してしまうこともあり、外に飛び出してしまうと、迷子になったり事故にある可能性もあります。
猫の脱走を防ぐためには、ベランダや玄関を開ける時には、ケージ内に入れておくことが一番安心です。特に迎え入れたばかりの子猫は好奇心旺盛な子が多いため、ケージを活用することをおすすめします。

猫一人の時間を確保できる

ケージを使用することで、猫だけの時間を確保することができます。猫は一匹でリラックスできない時にもストレスを感じます。特に多頭飼育の場合は、猫が一匹で休む時間をとることが難しい場合もあるため、ケージを活用することをおすすめします。

災害時にも安心

ケージを使用することで、災害時でも安心です。猫は地震などの揺れや大きな物音がすると警戒し、どこかに隠れてしまいます。特に地震の場合は、物が落ちたり、棚が倒れることもあり、猫が怪我をしてしまう可能性があります。
ケージ内が安心だと認識している猫の場合は、有事の際に率先してケージに隠れてくれるようになります。

災害時に避難所に避難する場合、動物はケージの中に入れていかなければいけません。普段からケージを利用することで、ケージに入っていても落ち着いてくれるようになります。

おすすめケージをご紹介

猫用のケージには、簡易的なものから、2段ケージ、3段ケージなど大きさも機能性もさまざまです。
ここでは、おすすめの猫用ケージについてご紹介します。

アイリスオーヤマ キャットケージ PEC-903

のびのび過ごせる3段ケージです。インテリアにも馴染みやすいカラーで、猫が成長してからも使うことができます。ケージには、上下運動ができる棚板付き、掃除しやすいキャスター付き、いたずら防止のチェーンロックなどの機能があるため、猫の世話だけでなくお手入れも簡単です。大きな扉が正面にあるのも特徴の一つです。


アイリスオーヤマ キャットケージ PEC-903

ハピネコ キャットケージ 3段

正面だけでなく横にも扉がついた2面扉タイプのキャットケージです。爪とぎできる麻ステップや、着脱できる水飲み皿、ハンモック、ロックが掛かる扉、キャスター付きなどさまざまな機能がついていて、掃除もお手入れもしやすいケージです。


ハピネコ キャットケージ 3段

ハピネコ キャットケージ 2段

狭いスペースでも設置することができるキャットケージです。コンパクトですが、ハンモックやキャスター付き、天井扉フルオープンなどの機能がついています。子猫がすり抜けることがないようにケージの網の幅が狭くなっているので安心して使用することができます。


ハピネコ キャットケージ 2段

アイリスオーヤマ キャットゲージ PCLC-703

ケージの中にいながら、キャットタワーで遊ぶことができるケージです。ケージ内の4枚の棚板は高さを自由に変更できるので、猫のライフステージに合わせて変えることができます。ハンモックもついているので、ケージ内でもお留守番が長い猫におすすめです。


アイリスオーヤマ キャットゲージ PCLC-703

ケージを有効活用しよう!

出典:https://www.shutterstock.com

ここでは、ケージ飼いの注意点やおすすめケージをご紹介しました。猫用ケージは猫の様子をしっかり見ることができ、脱走などを防ぐ、猫が一人でゆっくりできる時間を作ることなどメリットがいくつかあります。災害時にも必要になるので、普段から慣れさせておいてあげましょう。

参考サイト

・キャットランド (参照日:2022-01-18)
https://item.rakuten.co.jp/cat-land/i332157/
https://item.rakuten.co.jp/cat-land/251638/

・ タンスのゲン Design the Future(参照日:2022-01-18)
https://item.rakuten.co.jp/tansu/24610051a/
https://item.rakuten.co.jp/tansu/52800007/

著者情報

こばやし

犬、ハムスター、うさぎ、爬虫類、魚類などの生き物と生活していたので小さい頃から動物が好きでした。
動物関係の専門学校を卒業後、動物看護師として動物病院で勤務していました。
動物看護師、愛玩動物飼養管理師などの資格を取得しており、現在はドッグアロマやドッグマッサージについて勉強中です。

オススメ

新着記事