犬に鶏肉を与える際は注意が必要?メリットや注意点を解説

高たんぱく低脂肪である鶏むね肉や、ジューシーな味わいの鶏もも肉を愛犬に与えたいと考える人もいるでしょう。
犬は肉食動物なので、もちろん鶏肉を与えても大丈夫ですが、与える際にはいくつかの注意点があります。
この記事では、犬に鶏肉を与えるメリットや注意点について解説します。 2022年01月19日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬の食べ物犬のカテゴリ - 犬の食べ物
  • VIEW:12,441

犬に鶏肉を与えるメリットは?

出典:https://www.shutterstock.com/

まずは、犬に鶏肉を与えるメリットについて見ていきましょう。
特に愛犬の手作りフードに鶏肉の使用を検討している方は、必ず目を通すことをおすすめします。

たんぱく質の摂取ができる

犬に鶏肉を与える最大のメリットとして、たんぱく質の摂取ができる点が挙げられます。
肉食動物である犬は、バランスのとれた栄養素を摂取することはもちろんですが、良質な動物性たんぱく質を摂取しなければ健康を維持することはできません。
鶏肉は高たんぱくであり、鶏むね肉など部位によっては低脂肪でもあります。
そのため、愛犬に効率良く良質なたんぱく質の摂取をさせることができるでしょう。

ビタミンA

鶏レバーには、ビタミンAが多く含まれています。
ビタミンAは、犬の皮膚や粘膜の健康に欠かせない栄養素です。
鶏レバー以外にも鶏皮部分にもビタミンAが含まれていますが、食べ過ぎには注意しなければなりません。
ドッグフードのトッピングとして週に1回程度であれば、鶏レバーを与えても問題ないでしょう。

犬に鶏肉を与える際の注意点

出典:https://www.shutterstock.com

犬にとってメリットの多い鶏肉ですが、与える際にはいくつかの注意点があります。
注意点を守り、愛犬の健康面に悪影響を及ぼすことがないようにしましょう。

与える量に注意する

犬に鶏肉は多くのメリットがあるといっても、与えすぎには注意が必要です。
犬の栄養バランスの比率は、鶏肉などの肉類が50%に炭水化物40%、野菜類10%が最適だといわれています。
そのため、ドッグフードのトッピング程度に鶏肉を混ぜて与えることがおすすめです。
目安としては、1日の食事量の10%程度を鶏肉に置き換えて与えるとよいでしょう。

必ず加熱する

犬に鶏肉を与える際には、必ず加熱して与えるようにしましょう。
肉食動物は生肉を食べるイメージがあるでしょうが、鶏肉も含め生肉は感染症の恐れがあります。
また、鶏肉を加熱するときにはしっかりと茹でて与えましょう。
茹でることで余計な脂質を取り除くことができ、効率良く動物性たんぱく質を摂取させることができます。

骨に注意!

犬は動物の骨を喜んで食べますが、鶏肉の骨は絶対に与えてはいけません。
鶏肉の骨はほかの動物の骨とは異なり、犬が噛み砕くと縦に裂けてしまいます。
そのため、犬が鶏肉の骨を食べると欠けた骨が喉や内蔵を傷つける可能性があるでしょう。

アレルギーに注意

どんな食材でもそうですが、犬が鶏肉を食べることでアレルギー反応を起こしてしまうことがあります。
もしも愛犬が鶏肉を食べた後に下痢や嘔吐などの症状が見られた場合には、なるべく早めに動物病院へ連れて行くようにしましょう。

細かく切って与える

犬は食事をするときに丸呑みをする傾向にあるため、鶏肉は小さく切ってから与えるようにしましょう。
小さくカットすることで、鶏肉が喉に詰まる可能性も少なくなり、消化もしやすくなるでしょう。
1cm幅くらいに小さくカットして、犬に食べさせやすくしてあげましょう。

鶏肉を使用したドッグフード・犬用おやつ4選

出典:https://www.shutterstock.com

最後に、鶏肉を使用したドッグフードや犬用おやつをご紹介します。
これらを犬に与えることで、安全に効率良くたんぱく質の摂取をさせることができるでしょう。

ニュートロ シュプレモ 小型犬用 成犬用

小型犬を飼っているのであれば、このドッグフードがおすすめです。
チキンを主原材料としたドッグフードで、小型犬の特徴に配慮して最適な栄養バランスで配合されています。
高品質な原材料はもちろん、小型犬の口や顎に合わせた小さな粒サイズも特徴です。


ニュートロ シュプレモ 小型犬用 成犬用

ブラックウッド 1000 チキン

高品質の天然鶏肉を配合した、栄養バランスの取れたドッグフードです。
低温調理法と良質な原材料によって、栄養素を効率良く摂取できるでしょう。
食物アレルギーの原因となりやすい小麦、大豆は一切使用せず、オメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸も豊富に含んでおり、皮膚や被毛の健康維持にも配慮しています。


ブラックウッド 1000 チキン

ドッグフード工房 犬の無添加おやつ 鶏ささみ 細切り

低脂肪高たんぱくの鶏ささみを、食べやすい細切りにした犬用おやつです。
国産の鶏ささみを使用し、製造も国内で行っているため、安心して犬に与えることができるでしょう。
また、保存料や合成着色料が無添加なのも嬉しいポイントです。


ドッグフード工房 犬の無添加おやつ 鶏ささみ 細切り

こぺちゃんの鶏肉ジャーキー

鶏むね肉を使用した、低脂肪高たんぱくの鶏肉ジャーキーです。
丁寧に手作りをしており、焼き立てに近い状態で届けてくれます。
無添加無着色のため、安心して犬に与えることができるでしょう。


こぺちゃんの鶏肉ジャーキー

犬に鶏肉を与える際は骨に注意!

出典:https://www.shutterstock.com/

鶏肉には、良質な動物性たんぱく質など犬にとってメリットが多い栄養素が含まれています。
しかし、犬に鶏肉を与える際にはいくつかの注意点があることを覚えておきましょう。
鶏肉の骨は縦に裂けるため、絶対に鶏肉の骨を犬には与えてはいけません。
また、感染症のリスクがあることから、必ず加熱して与える必要があります。
犬が喉に詰まらせないように、小さくカットして与えるのも良いでしょう。

正しい与え方をすれば、鶏肉は犬の健康の維持を手助けしてくれる食材です。
手作りフードはもちろん、犬用おやつなどで効率良く犬にたんぱく質を摂取させてみてはいかがでしょうか?

参考サイト

charm 楽天市場店(参照日:2021-12-07)
https://item.rakuten.co.jp/chanet/274774/
https://item.rakuten.co.jp/chanet/112979/

ドッグフード工房(参照日:2021-12-07)
https://item.rakuten.co.jp/dogfood-koubou/4570060041009/

こぺちゃん(参照日:2021-12-07)
https://item.rakuten.co.jp/copechan/10000092/

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

オススメ

新着記事