猫にミネラルウォーターはNG!?その理由や猫に与えてもよい水をご紹介

私たちが飲む水は、ミネラルウォーターが多いです。
しかし、猫にミネラルウォーターは与えてはいけないということをご存知でしょうか?
この記事では、猫にミネラルウォーターを与えてはいけない理由と、猫に与えてもよい水についてご紹介します。 2021年09月06日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫の食べ物猫のカテゴリ - 猫の食べ物
  • VIEW:1,260

猫にミネラルウォーターを与えてはいけない理由

出典:https://www.shutterstock.com

私たちが好んで飲んでいるミネラルウォーターですが、なぜ猫に与えてはいけないのでしょうか?
まずは、猫にミネラルウォーターを与えてはいけない理由について見てみましょう。

尿路結石の危険性が高まる

猫にミネラルウォーターを与えてはいけない一番の理由は、尿路結石の危険性が高まるためです。
ミネラルウォーターには、その名のとおりミネラルが豊富に含まれています。
そのため、猫がミネラルウォーターを飲むことで尿路結石のリスクが高まってしまうのです。

硬水は特に危険!!

ミネラルウォーターには「軟水」と「硬水」があります。
水の硬度は水質を表すもので、水の中のカルシウム濃度とマグネシウム濃度が高いほど硬度も高くなります。
一般的には120~180の硬度の水は、硬水といわれています。
特に硬水のミネラルウォーターを猫に飲ませることで、尿路結石のリスクは高くなるでしょう。

軟水であれば危険性は少ない

軟水は硬度が低いため、硬水に比べると猫の尿路結石のリスクのリスクは低くなります。
ですが、ミネラルウォーターは人間が飲むために作られていることから、軟水であっても猫に与えるには適さない水といえるでしょう。

猫に与えてもよい水とは?

出典:https://www.shutterstock.com/

猫にミネラルウォーターを与えてはいけないのであれば、どの水を与えればよいのでしょうか?
次に、猫に与えてもよい水について解説します。

水道水

猫にとって安全な水といえば、水道水です。
私たち人間が水道水を飲むとなれば、抵抗がある人もいるかもしれません。
ですが、水道水は軟水でありことに加えて、塩素消毒されており雑菌が繁殖しにくいという特徴があります。
雑菌が繁殖しにくいため、半日程度部屋に飲み水を放置していても水質が悪くなりにくいでしょう。
まさに、水道水は猫にとって最適な水といえるでしょう。

超軟水・純水

ミネラルウォーターには、軟水よりも高度の低い「超軟水」があります。
超軟水であれば、水道水よりもミネラル成分は少なくなるでしょう。
また、ミネラル成分を含んでいない「純水」というものもあります。
そのため、ミネラルウォーターであっても超軟水や純水であればペットに与えてもよい水といえそうです。
しかし、ミネラルウォーターは雑菌が繁殖しやすいことから、やはり飲み水として長時間放置するには適しません。

ペットウォーター

ペットウォーターであれば、猫に尿路結石を心配せずに与えることができます。
その名のとおりペット専用に作られた水であるため、水道水よりも質のよいものを猫に与えることができるでしょう。
また、災害時にもペットウォーターはおすすめです。
災害時には、どうしても人間用の飲み水を優先されてしまいます。
そのため、災害時に猫の飲み水を確保できずに困ることもあるでしょう。
そんなときにペットウォーターを常備しておけば、万が一のときにも安心して猫に水を飲ませることができます。

猫におすすめのペットウォーター4選

出典:https://www.shutterstock.com/

水道水以外のものを猫に与えたいのであれば、ペットウォーターがおすすめです。
最後に、猫におすすめのペットウォーターを何点かご紹介します。

ペット用水素水 ZERO

ペット用に開発された水素水です。
北アルプスの天然水からミネラル成分を取り除いているため、安心して猫に与えることができます。
水素が抜けにくいという特徴があり、愛猫にも水素水を与えてみたいという人におすすめのペットウォーターです。


ペット用水素水 ZERO

アクアプーラ

ミネラルが一切入っていない純粋のペットウォーターです。
純水であるため、飲み水が原因になる猫の尿路結石の心配も少なくて済むでしょう。
不純物が一切入っておらず、安心して猫に与えることが可能です。


アクアプーラ

アクティア

岐阜養老山系の、清く美味しい天然水です。
硬度19mg/lの超軟水であるため、猫に安心して与えることができるでしょう。
pH値は猫の体液に近い中性で、効率よく水分補給をすることが可能です。


アクティア

ペットスエット

猫はあまり水を飲まないため、暑い時期には熱中症を心配する人も多いでしょう。
そんなときには、このペットウォーターを与えるとよいかもしれません。
猫に合わせた浸透圧と味付けになっていることから、猫は喜んで水分補給をしてくれるはずです。
毎日の飲み水としてではなく、暑い日の水分補給として与えることをおすすめします。


ペットスエット

猫に水を与えるときは硬度に気を付けよう

出典:https://www.shutterstock.com

猫に高度の高い水を与えると、尿路結石のリスクが高くなります。
そのため、猫に水を与えるときには、特に高度に気を付ける必要があるでしょう。
私たち人間が飲んでいるミネラルウォーターでも、軟水であれば猫が飲んでも問題となることは少ないです。
しかし、猫のことを考えるのであれば水道水かペットウォーターを与えることが最適といえます。
水道水は軟水であり、猫が飲んでも健康に害となることはありません。
ですが、心配であればペットウォーターがおすすめです。
ペットウォーターはミネラル成分が少なく作られており、猫に安心して与えることができるでしょう。

参考サイト

door1楽天市場店(参照日:2021-08-02)
https://item.rakuten.co.jp/door12/10003998/

charm 楽天市場店(参照日:2021-08-02)
https://item.rakuten.co.jp/chanet/89295/
https://item.rakuten.co.jp/chanet/168169/
https://item.rakuten.co.jp/chanet/82035/

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

オススメ

新着記事