暑い時期に気を付けよう!犬の熱中症の症状や対処方法について

暑い時期に気をつけなければならないのが、熱中症です。
熱中症は私たち人間も発症しますが、汗腺が鼻と肉球にしかない犬は、さらに発症しやすいと考えられます。
この記事では、犬の熱中症の症状や対処方法についてご説明します。 2021年07月04日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬の健康ケア犬のカテゴリ - 犬の健康ケア
  • VIEW:851

犬の熱中症の症状

出典:https://www.shutterstock.com

まずは、熱中症の症状を見ていきましょう。
室内であっても、これらの症状が現れた場合には熱中症を疑う必要があります。

呼吸が荒くなりよだれが出る

犬が、「ハッハッ」と苦しそうに荒い呼吸になるのは、熱中症の初期症状ともいえます。
これは、犬の体内にこもった熱を呼吸で放熱する「パンティング(Panting)」と呼ばれる体温調節のための動作です。
少しの暑さであれば、パンティングにより体温を正常にすることができますが、室温や気温が高すぎてパンティングでは追いつかないこともあるでしょう。
また、呼吸が荒くなるのと同時によだれが大量に出始めたときには、熱中症を疑う必要があります。

体温が高くなる

パンティングにより熱を外に逃がすことができなくなると、体温が高くなります。
犬のお腹や脇の下に手を入れて熱いと感じたら、体温を測ってみましょう。
犬の平熱は約38~39℃ですが、40℃を越えていれば熱中症の疑いが強くなります。

ぐったりとして食欲がなくなる

犬は多少の体調不良でも、基本的に元気に走り回りますし食欲もあります。
そのため、元気がなくぐったりとしているときには、熱中症をはじめとして、体調はかなり悪いということになります。
同時に食欲や水も飲まなくなった場合には、大変危険です。

下痢・嘔吐

犬の熱中症が進行すると、下痢や嘔吐などの症状が見られます。
下痢や嘔吐は脱水症状になる可能性もあるため、すぐに対処しなければなりません。

意識がなくなる

犬の熱中症がさらにひどくなると、痙攣したり意識をなくしたりするでしょう。
ここまでになると、一刻を争う危険な状態となります。

犬の熱中症は初期症状が出始めたときに対処をしなければなりません。

犬が熱中症になったときの対処方法

出典:https://www.shutterstock.com/

次に、犬が熱中症になったときの対処方法についてご説明します。
熱中症は放置すると非常に危険なので、すぐに対処しなければなりません。

犬の身体を冷やす

犬に熱中症を疑われる症状が出たときには、早急に犬の身体を冷やしましょう。
犬を涼しい場所に移動させて、身体を水で濡らします。
首や脇などを濡らすことで、効率よく冷やすことができるでしょう。
タオルを巻いた保冷剤を使用するのもおすすめです。
場合によっては氷水を使用してもよいでしょうが、身体をあまりにも冷やし過ぎてしまうと低体温症を発症する可能性もあるため、加減には注意が必要です。

水を飲ませる

犬が自分で水を飲むことができるのであれば、近くに水を持って行き、水を飲ませましょう。
一気に飲むと下痢や嘔吐の原因にもなるため、少しずつ飲ませることが大切です。
ただし、犬が自力では水を飲めないくらい弱っている場合には、無理やり飲ませたりせず、すぐに次の対処をすることが大切です。

動物病院へ連れて行く

犬の身体を冷やしたり水を飲ませたりするのは、あくまで応急処置としての対処です。
そのため、どちらにせよ動物病院へ連れて行く必要があります。
特に、意識が朦朧としている場合には、すぐに動物病院へ連れて行かなければなりません。
初期症状の場合であっても、犬の身体を冷やしながら動物病院へ向かいましょう。
事前に動物病院へ電話して、症状や犬種、熱中症の症状が現れた時間を伝えておくとスムーズに診察ができます。

犬の暑さ対策におすすめのグッズ4選

出典:https://www.shutterstock.com/

犬を熱中症から守るためには、日頃から暑さ対策をすることがおすすめです。
そこで、室内や外出先で使用できる、犬の暑さ対策グッズをご紹介します。

クールバンド

中に保冷剤を入れて首に巻くことができる、クールバンドです。
首に巻くだけなので、犬が嫌がることもないでしょう。
付属の保冷剤は水と食品添加物でできており、万が一保冷剤が破れて誤飲をしてしまっても安心です。
また、市販の保冷剤も使用することができ、適度に犬の体温を下げてくれます。


クールバンド

クールジェルマット

接触冷感効果のあるマットです。
このマットをキッチンや洗面所などの日の当たらない場所に設置することで、犬は暑さを感じたら自分でこのマットの上に行くはずです。
冷蔵庫で冷やさなくてもひんやりとするため、犬は暑い時期でも快適に過ごすことができるでしょう。
また、冷凍庫で冷やすことで外出先のクールマットとしても活躍します。


クールジェルマット

ひんやりベスト

散歩のときにこのベストを着せることで、犬の熱中症対策となるはずです。
犬の肌に当たる部分は冷感生地を使用し、外側には通気性抜群の防熱ネットを使用しています。
このベストを濡らしてから犬に着せると、生地に含まれた水分による気化熱で、犬の体温が上がりにくくなることが期待できるでしょう。


ひんやりベスト

ペットひんやり天然石マット

天然石を使用したマットです。日の当たらない場所に設置することでほどよく冷えるので、犬は避暑地として利用するでしょう。
並べて使用することにより、どんな大きさの犬種にも対応することが可能です。
また、愛犬の名前入れをすることもできるため、自分だけの天然石マットを作ることができます。


ペットひんやり天然石マット

犬の熱中症は早めの対処が大切

出典:https://www.shutterstock.com/

犬は基本的に暑さに弱い動物です。熱中症を発症すると、命に関わる可能性があります。
放置しておくのは大変危険ですので、早めに対処しなければなりません。
何かあってからでは遅いため、もしも犬に熱中症を疑われる症状が現れたときには、すぐに身体を冷やすなどの対処をしましょう。
また、体を冷やして熱中症の症状が治まったとしても、なるべく早めに動物病院へ連れて行くことが大切です。

参考サイト

SHITAMACHI PET YOUHINTEN(参照日:2021-05-31)
https://item.rakuten.co.jp/shitamachi-pet/dog001/

ジンショップ(参照日:2021-05-31)
https://item.rakuten.co.jp/jinshop/pet03/

Tila Terminal(参照日:2021-05-31)
https://item.rakuten.co.jp/sexygirls/pet036/

石専門店.com(参照日:2021-05-31)
https://item.rakuten.co.jp/mgs/454216-inpe/

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

オススメ

新着記事