特にシニア犬は注意!犬が段差を昇り降りする際の身体への影響とは?

私たちが普段生活する上で使用する階段やソファなどは、実は犬の身体に負荷がかかっていることをご存知ですか?
特に小型犬やシニア犬であれば、犬自身の背丈よりも高い段差を昇り降りするだけでも身体に大きな負担となります。
この記事では、犬が段差を昇り降りする際の身体への影響について解説します。 2021年05月17日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬の健康ケア犬のカテゴリ - 犬の健康ケア
  • VIEW:2,565

犬が段差やソファなどを昇り降りする際の身体への影響

出典:https://www.shutterstock.com

まずは本題である、犬が段差やソファなどを昇り降りする際の身体への影響について見ていきましょう。
自分の身のまわりを見て、犬の負担になりそうな段差がないかチェックすることをおすすめします。

足腰への負担

犬が段差などを昇り降りする際の身体への影響として、はじめに挙げられるのが足腰への負担です。
これはどんな犬種にもいえることで、昇るのはまだ良いとしても、降りるのは足腰へかなりの負担がかかります。
特に一軒家の一般的な階段であれば、犬にとって幅が狭く、足腰にかかる負担も大きなものになってしまうでしょう。
特にダックスフンドなどの胴長で脚が短い犬種は、段差を昇り降りすることの負担により椎間板ヘルニアを発症してしまうリスクも考えられます。

段差で転ぶ危険

犬は段差を昇り降りするのが得意ではないため、時には段差で転んでしまう危険があります。
特に階段で転んだときには、骨折などの大きな怪我に繋がる可能性があるでしょう。
下りの階段は特に危険なので、犬を階段から降ろすときには抱きかかえて降ろしたほうが良いかもしれません。

骨折

ソファやベッドくらいの段差は問題ないと思っていませんか?
人間にとっては小さい段差ですが、犬にとっては自分の背丈ほどの高さがあります。
そのような高い場所から降りるときには、着地の衝撃で骨折をする可能性があります。
高い場所から降りるときには、前足にすべての負担がかかるため、踏ん張り切れずに顔面から落ちてしまうこともあるでしょう。

特にチワワは頭が重いため、高い場所から降りたときに頭から落ちてしまうと、重大な事故に繋がりかねません。

犬に段差の昇り降りをさせないためには?

犬を段差の昇り降りによる怪我から守るために、さまざまな対策が挙げられます。
まずは、犬用スロープの導入です。
犬用スロープを導入することでさまざまなメリットがあります。
また、犬にソファやベッドなどの高い場所に昇らせないようにしつけをするのも大切です。
ほかにも、犬が段差を降りるときには飼い主が都度抱きかかえて降ろすなどの対策をすると良いでしょう。

犬用スロープのメリット

出典:https://www.shutterstock.com

犬に段差の昇り降りをさせないためには、犬用スロープを導入すると良いでしょう。
ここでは、犬用スロープのメリットについてご紹介します。

犬の足腰に負担がかかりにくくなる

犬用スロープを導入する最大のメリットは、やはり犬の足腰に負担がかかりにくくなる点です。
段差を緩やかな坂道にすることで、段差を昇り降りするのに比べて負担は大きく軽減するでしょう。

角度が調整できる

犬用スロープの多くは、角度を調整することができます。
角度を調整できることにより、家のどんな段差にも対応することが可能でしょう。
ただし、ソファやベッドなどにスロープを固定するのは難しいため、生活環境や家具に合ったスロープを選ぶ必要があります。

飼い主が安心して過ごせる

飼い主が留守にしている間に犬が段差で転んで怪我をした場合、すぐに対処することができません。
ですが、スロープを導入することで犬が留守番中に怪我をする危険性が低くなるため、飼い主は安心して過ごせるでしょう。

ちなみに、犬が留守番が苦手な場合には、サークルやケージなどに入れることでパニックにならずに落ち着いて留守番をすることができます。

おすすめの犬用スロープ4選

出典:https://www.shutterstock.com

最後に、おすすめの犬用スロープをご紹介します。
生活環境や家具の大きさなどに合わせて、愛犬に合ったスロープを探してみてはいかがでしょうか?

(1)やさしいドッグステップ

階段型のスロープですが、足腰に優しい柔らかい素材を使用しているので安心です。
犬の安全に配慮しており、滑り止め加工はもちろん、カバーにも滑りにくい素材である綿100%オックス生地を使用しています。
広めの設計であるため、足腰にも負担がかかりにくいでしょう。


やさしいドッグステップ

(2)明和グラビア ペットスロープ

ソファやベッド用の、犬用スロープです。
高さは14段階に調整可能ですので、現在使用しているソファやベッドの高さにもぴったりと合うでしょう。
コンパクト設計で、場所をあまりとらないのも嬉しいポイントです。


明和グラビア ペットスロープ

(3)ドッグステップ ミニチュアダックスモデル

胴長で足腰への負担がかかりやすい、ミニチュアダックスフンドに向けて作られたスロープです。
角を無くして段差を低くし、階数も増やしています。
そうすることで足腰にも負担がかかりにくくなり、怪我のリスクを回避することができるでしょう。
もちろんダックスフンド以外の小型犬でも、問題なく使用することができるはずです。


ドッグステップ ミニチュアダックスモデル

(4)2つ折りドッグスロープ

犬にとっては、車に乗るのも足腰への負担がかかります。
そんなときには、この犬用スロープを使用してみましょう。
これがあれば、車の乗り降りも安心です。
2つに折りたたむことができるので、車に積みっぱなしにしていても邪魔になることはありません。


2つ折りドッグスロープ

犬の足腰への配慮はとても大切!

出典:https://www.shutterstock.com/

犬の足腰の健康を守ることは、犬の健康寿命を延ばすことにも繋がります。
特に小型犬やシニア犬であれば、段差やソファなどの昇り降りは身体に大きな負担がかかっているはずです。
そこで、今回ご紹介した犬用スロープを使用してみましょう。
犬用スロープを使用することで、大きな負担がかかっていた足腰への影響も軽減されるはずです。
犬が長い間健康的な足腰を維持することができるように、私たち飼い主が配慮しなければなりません。

参考サイト

neDOGko(参照日:2021-04-13)
https://item.rakuten.co.jp/emoor-nedogko/dk-step/

インテリアの明和グラビア(参照日:2021-04-13)
https://item.rakuten.co.jp/meiwa/10028113/

CELLUTANE(参照日:2021-04-13)
https://item.rakuten.co.jp/cellutane/a387-dogstep/

smile price(参照日:2021-04-13)
https://item.rakuten.co.jp/smile88/a13417/

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

オススメ

新着記事