猫がキッチンに上がる理由とは?危険性や対策法をご紹介

キッチンで料理をしているときなど、猫が上がってくることはありませんか?猫がキッチンに上がってしまうと、危険なことも多いため、できるだけ上ってこないように気をつけることが大切です。本記事では、猫がキッチンに上がる理由や対策法についてご紹介します。 2024年01月01日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫と暮らす猫のカテゴリ - 猫と暮らす
  • VIEW:4,868

猫がキッチンに上がる理由とは?

出典:https://www.shutterstock.com

猫がキッチンに上がる理由は、飼い主がいるから、食べ物のにおいがするから、興味があるから、またはキッチンにご飯があることを知っているからなどがあります。

特に甘えん坊な猫は、飼い主のそばに行きたくてキッチンに上がってくることがあります。食欲旺盛な猫は美味しい香りに誘われてキッチンに足を運ぶこともあります。

キッチンに上がる理由はそれぞれ異なりますが、キッチンへのアクセスを制御するためには、まず「キッチンに上がる理由」を理解することが大切です。

猫がキッチンに上がることで生じる危険とは?

出典:https://www.shutterstock.com

愛猫がキッチンまでついてくるのは、猫に信頼されている証拠であり、その姿は微笑ましいものです。しかし、キッチンには猫にとって危険な要素がたくさん潜んでいます。これらの危険は、時には命に関わる危険な状況につながる可能性もあるため、できるだけ避けることが重要です。この記事では、キッチンに上がる危険性に焦点を当ててご紹介します。

誤飲や誤食の危険性

キッチンにはさまざまな食べ物や小物があります。猫がキッチンに入ると、食べ物だけでなく、食べてはいけないものまで口に入れる危険性があります。

食べ物の中には中毒症状やアレルギーを引き起こす可能性があるものもあります。猫が届かない場所で誤って飲み込んでしまうことも考えられますので、猫が口にしてはいけないものはしっかりと片付けておくことが大切です。

体内で処理できないものを誤って飲み込むと、最悪の場合、開腹手術が必要になることもあります。猫が食べてはいけないものにアクセスできないよう、しっかりとした対策が必要です。

ケガや火傷の危険性

キッチンでは料理をするため、包丁やコンロの火などによりケガや火傷をしてしまう可能性が高まります。炊飯器の蒸気により火傷してしまう危険もあるなど、キッチンにある家電製品は猫にとってかなり危険です。

感電の危険性

家電製品に電源コードがあります。猫がコードをかじったりをすることにより、感電してしまう可能性があります。また、キッチンに置いてある調味料や水気があるものを倒してしまい、中身などが家電製品の電源コードにかかったりすることも非常に危険です。

猫がキッチンに上がらないようにするための対策方法とは?

出典:https://www.shutterstock.com

キッチンにはさまざまな危険が潜んでいます。したがって、猫がキッチンに上がらないように対策を施すことが望ましいです。ここでは、そのための対策法をご紹介します。

侵入防止の柵を設置する

猫がキッチンに上がらないようにするには、侵入防止の柵の設置がおすすめです。侵入防止の柵は、猫がキッチンに上がるのを防ぐだけでなく、台所や水場に入ること自体をしっかり防いでくれます。これはキッチンだけでなく、ベランダや玄関などにも設置できるため、猫の脱走防止にも効果的です。

キッチンはできるだけ片付けておく

どれだけ猫がキッチンに入らないようにしても、隙間を見つけてするりと入り込んでしまうこともあるでしょう。そのため、愛猫が入ってきても危険がないよう、キッチン周りは日頃から片付けておくことをおすすめします。食べ物は猫が開けることができない場所にしまっておき、コンロも触らないようカバーを掛けておきましょう。

ゴミを片付ける

猫をキッチンに上がらないようにするためには、ゴミを片付けることがおすすめです。キッチンでは、生ゴミや食べ物の袋などのゴミをすぐに片付けるようにしましょう。これは猫が食べないだろうと思っていても、誤って口にしてしまう危険性があります。ゴミはしっかり片付けて、猫が食べることのないように心掛けましょう。

猫のキッチン侵入防止に役立つグッズをご紹介

猫の安全のためにはキッチンに侵入しないように防いでいくことが望ましいです。
ここでは、猫のキッチン侵入防止に役立つグッズをご紹介します。

のぼれんニャン 窓用 S

キッチンカウンターや窓に設置することができるペットゲードです。キッチンカウンターから猫が入ってきてしまう場合におすすめです。開閉する窓付きなので必要なときに開けることができます。


のぼれんニャン 窓用 S

のぼれんニャン バリアフリー 3

キッチンの入口に設置することができるペットゲートです。突っ張りポールの固定はレバーでワンタッチなので、設置も簡単にできます。フェンスを固定するネジには可愛らしい肉球のマークがついています。キッチンだけでなく玄関やベランダなどにも設置することができます。


のぼれんニャン バリアフリー 3

ペットゲート ハイタイプ 150cm

ハイタイプのペットゲートです。猫がキッチンに侵入することをしっかり防いでくれます。マットなカラーのゲートなので、インテリアに馴染みやすくなっています。子猫がすり抜けないように間隔が3.5cmと狭めになっています。


ペットゲート ハイタイプ 150cm

RAKU 猫 脱走防止 ゲート ハイタイプ

155cmのハイタイプのペットゲートです。猫が簡単に登れない高さになっているためキッチンの侵入をしっかり防いでくれます。


RAKU 猫 脱走防止 ゲート ハイタイプ

猫にとって危ない場所には入れないように対策して!

出典:https://www.shutterstock.com

ここでは、猫がキッチンに上がる理由や対策法についてご紹介しました。

猫がキッチンに上がるのは、飼い主がいることや食べ物があることを知っているなど、家庭の状況や猫の性格によって異なります。猫がキッチンまで追いかけてくることは可愛らしく感じますが、誤飲や誤食、火傷や怪我、感電などの危険性が潜んでいます。命に関わる状態に陥る可能性もあるため、キッチンに入らないように予防していくことが望ましいです。

参考サイト
・Pet Select by Nihonikuji (参照日:2023-11-14)
https://item.rakuten.co.jp/petselect/1400030400/
https://item.rakuten.co.jp/petselect/1400006400/

・リビングート 楽天市場店 (参照日:2023-11-14)
https://item.rakuten.co.jp/livingut/426555/

・Miki-tomo (参照日:2023-11-14)
https://item.rakuten.co.jp/miki-tomo/ck1050/

著者情報

こばやし

犬、ハムスター、うさぎ、爬虫類、魚類などの生き物と生活していたので小さい頃から動物が好きでした。
動物関係の専門学校を卒業後、動物看護師として動物病院で勤務していました。
動物看護師、愛玩動物飼養管理師などの資格を取得しており、現在はドッグアロマやドッグマッサージについて勉強中です。

オススメ

新着記事