フェレットに散歩は必要?方法や注意点について

フェレットを飼育していると、ケージ内だけでの生活は運動不足になってしまうのではないかと心配になってしまいますよね。フェレットに散歩は必要なのでしょうか。ここでは、フェレットの散歩の必要性や方法、注意点をご紹介します。 2023年03月15日作成

  • ペット - フェレットペット - フェレット
  • VIEW:770

フェレットの散歩の方法とは?

出典:https://www.shutterstock.com

フェレットは室内で飼育するイメージが強いですが、散歩をすることも可能な動物です。ただ、フェレットにとって散歩は必要なものなのでしょうか。もし散歩をさせるのであればいつから、どのようにすればいいのでしょうか。
ここでは、フェレットの散歩についてご紹介します。

散歩は基本的には必要ない

フェレットは基本的に散歩は必要ありません。
フェレットは完全室内飼育をしている飼い主がほとんどでしょう。フェレットは室内でもおもちゃなどを活用することで、運動不足を解消できます。ケージ内だけでは運動不足の不安がある場合は、ケージから出して一緒に遊んであげましょう。

散歩は気分転換することができます。外を歩くことでリフレッシュ効果も期待できるため、短い時間であれば連れ出してみてもいいかもしれません。

散歩はいつからできる?

フェレットは生後6ヶ月~10ヶ月ごろから散歩デビューすることがおすすめです。幼少期のフェレット用のハーネスは販売数が少なく、ハーネスがガバガバな状態では脱走してしまう可能性があります。ハーネスがフェレットにとってぴったりなサイズになっていることをしっかり確認しましょう。

また、年齢だけでなく、ワクチン接種済みだったり、飼い主に懐いているかなどの条件もデビューできるかの大切なポイントです。
外には色んな動物がいるため、外に出ることで感染症をもらってしまうことがあります。ノミ・ダニ対策も一緒に済ませておくことがおすすめです。
外に出ているときに、フェレットが飼い主の言うことを素直にきくかどうかも大切です。信頼関係がしっかり築けていれば、散歩に連れ出しても安心でしょう。

散歩の方法とは?

フェレットの散歩は、犬と同様にハーネスとリードを装着して連れ出します。いきなりハーネスを付けてしまうとパニックになる可能性があるため、ハーネスにしっかり慣れさせておくことが必要です。

外の環境に慣れてもらうために、抱っこをして散策します。家の外に出ることに慣れてきたら、歩かせてみるようにしましょう。

フェレットの散歩の注意点とは?

出典:https://www.shutterstock.com

フェレットを散歩している方はあまりみかけることはありません。フェレットを散歩させるときにはしっかり準備し、さまざまなことに配慮することが大切です。
ここでは、フェレットを散歩する際の注意点をご紹介します。

ハーネスとリードをしっかり装着する

フェレットにはハーネスとリードをしっかり装着した上で散歩に出かけましょう。
ハーネスはサイズがぴったりのものを選び、散歩中に抜けないようにします。リードも伸ばしすぎに注意し、飼い主の手が届く範囲を歩かせるようにしましょう。
ハーネスとリードはフェレットにとっての命綱でもあります。フェレットが安全に散歩できるよう、飼い主が責任を持って連れ出すことが必要です。

感染症に注意が必要

どの動物でも同じことですが、散歩させる際には感染症への対策をする必要があります。外の環境では、どんな動物が出歩いているかわかりません。動物のフンや尿などに触れてしまうことで、得体のしれない病気に感染するリスクもあります。また、蚊などの虫に接触することで、寄生虫や病気をもらってしまう可能性も考えられます。
フェレットを散歩させたい場合は、事前に動物病院で予防接種を済ませておくと安心でしょう。

安全な場所を選ぶ

フェレットの散歩は、静かで風通しが良く、他の動物があまりみられない場所を選ぶことがおすすめです。車通りが激しく騒がしい場所や自分より大きな動物を見ると、パニックになってしまう場合もあります。
散歩中もフェレットが安心して過ごせるよう、散歩コースにも配慮してあげましょう。

もし、フェレットに不安な様子が見受けられた場合は抱っこして帰宅しましょう。もしもの時のためにフェレットが入るキャリーバッグを持っておくと、道中を安全に帰宅できるでしょう。

おすすめのフェレット用ハーネス 4選

出典:https://www.shutterstock.com

フェレットの散歩にはハーネスとリードが必須です。フェレットを散歩に連れ出すときにはハーネスはフェレットにとって命綱にもなります。そのため、しっかりしたものを準備してあげることが望ましいです。
ここでは、おすすめのフェレット用ハーネスをご紹介します。

フェレット ベスト ハーネス デニム

フェレットの体にしっかりフィットするハーネスです。装着も簡単なので、初めて使用する方でも使用しやすくなっています。ハーネスの本体の中心部に補強バーを内蔵しているため、リードを引っ張ったときも均等に荷重がかかるようになります。


フェレット ベスト ハーネス デニム

マルカン フェレット用ハーネス

取付簡単なフェレット専用のハーネスです。首と体に力が分散されるためフェレットの体に負担をかけにくく、優しい仕様になっています。ワンタッチバックルを採用しているため取り付けも簡単です。


マルカン フェレット用ハーネス

レインボー フェレット ランランハーネス

可愛らしいデザインのフェレット用のハーネスです。ボーダー柄のベスト型になっており、ソフトな着心地になっています。マジックテープとホックの2種類で取り付けることができるため、安心して使用することができます。


レインボー フェレット ランランハーネス

フェレット ベストハーネス 783

おしゃれなデザインのフェレット用ハーネスです。フェレットの体に優しくフィットし、ベスト型になっているので装着も簡単になっています。抜けにくいため脱走しにくいです。


フェレット ベストハーネス 783

フェレットの散歩はしっかり準備してから!

出典:https://www.shutterstock.com

フェレットの散歩の必要性や方法、注意点などをご紹介しました。
フェレットは、室内で運動することで運動不足は解消できるため、散歩は基本的には必要ありません。しかし、散歩に行くことで気分転換にもなります。散歩させる際には、フェレットが外でも安全に過ごせるよう、しっかり準備した上で飼い主が安全に配慮しながら散歩させてあげましょう。

参考サイト
・charm 楽天市場店 (参照日:2023-02-08)
https://item.rakuten.co.jp/chanet/59323/

・e-ペット屋さん (参照日:2023-02-08)
https://item.rakuten.co.jp/e-petyasan/594888/
https://item.rakuten.co.jp/e-petyasan/ferret-harness-brown/

・ときめきライフ コスメ館 2号店 (参照日:2023-02-08)
https://item.rakuten.co.jp/tokimeki02/san-0450/

著者情報

こばやし

犬、ハムスター、うさぎ、爬虫類、魚類などの生き物と生活していたので小さい頃から動物が好きでした。
動物関係の専門学校を卒業後、動物看護師として動物病院で勤務していました。
動物看護師、愛玩動物飼養管理師などの資格を取得しており、現在はドッグアロマやドッグマッサージについて勉強中です。

オススメ

新着記事