犬が急にトイレをできなくなった!?原因やしつけのコツを解説

いままで愛犬が問題なくトイレできていたにも関わらず、急にトイレができなくなってしまうことがあります。
飼い主としては戸惑うかもしれませんが、原因の多くは飼い主によるものです。
この記事では、犬が急にトイレをできなくなった理由を解説します。 2022年12月28日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬のしつけ犬のカテゴリ - 犬のしつけ
  • VIEW:6,073

犬が急にトイレをできなくなった原因とは?

出典:https://www.shutterstock.com

まずは、犬が急にトイレをできなくなった原因を解説します。
おそらくは、飼い主にも思い当たる点があるはずです。

トイレを失敗したときに叱られたから

犬が急にトイレをできなくなった原因の多くが、トイレを失敗したときに叱られたからです。
どんな犬も、トイレに限らず失敗はします。
トイレを失敗すると、どうしても飼い主としては「あーっ!どこにトイレしてるの!」などと反応してしまうでしょう。
この反応は、飼い主にとっては「トイレシート以外の場所でトイレをしたこと」を叱っているつもりかもしれません。
しかし、犬の受け取り方は異なり、「トイレをしたこと自体」を叱られていると感じます。
そのため、犬は飼い主に叱られないために、トイレをしたくても我慢しているのでしょう。
散歩中にトイレを問題なくする場合は、過去に飼い主に叱られた経験があることが関係している可能性があります。

トイレ周りの環境を変えたから

もしかしたら、犬は模様替えなどでトイレ周りの環境が変わったことが原因で、トイレをしなくなっているのかもしれません。
犬は意外とデリケートな動物で、トイレ周りの環境が変わるだけでも落ち着かなくなってしまいます。
そもそも、トイレをしているときの姿勢は犬にとって無防備で、外敵に襲われたらすぐに逃げることができません。
そのため、犬のトイレは静かで視界が遮られる場所に設置するのが良いと言われています。

反抗期だから

子犬が急にトイレをできなくなったのは、反抗期によるものかもしれません。
人間と同様に、犬も反抗期になると飼い主の気を惹こうと、わざとトイレを失敗するなどの問題行動をすることがあります。

高齢化によりトイレの場所がわからなくなったから

7歳以上のシニア犬になると、徐々に老化がみられます。
目の衰えにより、いままでは認識できていたトイレの場所がわからなくなったのかもしれません。
シニア犬のトイレの失敗を予防するために、トイレシートだけではなく設置型のトイレを導入するのもおすすめです。

成犬のトイレトレーニングのコツ

出典:https://www.shutterstock.com

次に、トイレができなくなってしまった成犬を、再度トレーニングするコツをご説明します。
一度できなくなってしまったトイレでも、再度トイレトレーニングをすることで成功できるようになるはずです。

トイレのサインを理解する

まずは、犬がトイレをしたくなったときのサインを理解しておきましょう。
犬のトイレのサインとしては、地面のニオイを嗅いでソワソワすることが挙げられます。
トイレのサインに気が付いたら、犬をトイレに誘導してあげましょう。
きちんとトイレをすることができたら、思い切り褒めてあげます。

絶対に叱らない

前までは問題なくトイレができていた成犬に対するトイレトレーニングは、同じ間違いを繰り返さないように絶対に叱らないようにしましょう。
もしも犬がトイレを失敗したら、犬のことを無視して淡々と片付けます。
トイレをしたにも関わらず褒められなかったことで、犬は自分のトイレの失敗に気が付くはずです。

思い切りほめる

一度トイレトレーニングに自信がなくなってしまった犬を再度勇気づけるためには、しっかりと褒めることが大切です。
犬が問題なくトイレシートの上でトイレができたら、思い切り褒めてあげましょう。
犬がトイレをしている最中ずっと褒め続けることで、犬は自信を持ってトイレができるようになります。

おすすめの犬用トイレ(小型犬向け)4選

出典:https://www.shutterstock.com/

最後に、おすすめの犬用トイレをご紹介します。
犬にトイレだと認識してもらいやすいように、トイレシートを敷くだけではなくこれらのトイレを用意してみましょう。

アイリスオーヤマ トイレトレー レギュラーサイズ

トレー型のトイレは、犬のおしっこを漏れづらくすることができます。
また、スノコが付いておりトイレシートのイタズラ予防にもなるでしょう。
スノコ部分だけを取り外すことが可能なので、汚れても簡単に洗うことができます。


アイリスオーヤマ トイレトレー レギュラーサイズ

Kuai ペットトイレ トレー

透明感のあるアクリルを使用した、犬用トイレです。
このトイレを使用することで、トイレシートがずれるのを予防することができます。
トイレを設置したいけど、置くスペースがあまりないという人におすすめです。


Kuai ペットトイレ トレー

アイリスオーヤマ プラケージ 660

犬がきちんとトイレを認識できていないのであれば、このケージ一面にトイレシートを敷くのも良いでしょう。
ケージにトイレシートを敷くことで、扉を閉めれば物理的にトイレを失敗しなくなります。
トイレトレーニングが完了したら、寝床として活用しても良いでしょう。


アイリスオーヤマ プラケージ 660

Petifam オアシスドッグトイレ レギュラー

商品名のとおり、可愛らしいデザインのトイレです。
サボテンのモチーフは好きな場所に立てることができて、オス犬のマーキングポールにもなります。
カラフルでポップな印象のトイレは、部屋の雰囲気も明るく彩ってくれるでしょう。


Petifam オアシスドッグトイレ レギュラー

犬がトイレをできなくなっても叱らない

出典:https://www.shutterstock.com/

犬が急にトイレをできなくなったのは、飼い主の責任であることが多いです。
当然ながら老化により視力が低下してトイレの場所がわからなくなったなどの原因もありますが、多くは飼い主が叱ってしまったことが原因でしょう。
もしも再度トイレトレーニングをするのであれば、失敗をしても絶対に叱らずに、成功したときには思い切り褒めてあげましょう。
再度自信をつけさせることで、必ず犬は我慢せずにトイレをするようになるはずです。

参考サイト

暮らし健康ネット館(参照日:2022-11-15)
https://item.rakuten.co.jp/kurashikenkou/311346/

かぐらし(参照日:2022-11-15)
https://item.rakuten.co.jp/kagurasi/50603/

PET-KAN(参照日:2022-11-15)
https://item.rakuten.co.jp/dog-kan/604279/

Petifam(参照日:2022-11-15)
https://item.rakuten.co.jp/petifam/90100420/

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

オススメ

新着記事