犬はトイレが落ち着く?トイレの上で寝てしまう理由を解説

「愛犬がトイレで寝て困る!」と悩んでいる人は少なくありません。
なぜ、犬はトイレの上が落ち着くのでしょうか?
この記事では、犬がトイレの上で寝る理由と対処方法について解説します。 2022年05月22日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬と暮らす犬のカテゴリ - 犬と暮らす
  • VIEW:10,570

犬がトイレの上で寝る理由

出典:https://www.shutterstock.com/

まずは本題である、犬がトイレの上で寝る理由をご説明します。
飼い主にとってトイレがきれいな場所ではないため、愛犬にやめてほしいと考える人も多いでしょう。
トイレの上が落ち着くから 犬にとって、トイレはベッドの上のように落ち着く場所なのかもしれません。
トイレシートの感触が好みであったり、冷たくて気持ち良かったりするのでしょう。
また、トイレトレーを使用している場合は、トイレトレーをベッドと勘違いしていることも考えられます。

ベッドが嫌い

犬は、用意されているベッドが好みではないのかもしれません。
ベッドが落ち着かない場所に置いてあったり感触が嫌いだったりすると、犬はベッドよりも快適なトイレの上で寝ることがあります。
また、寂しがり屋の犬の場合は、ベッドで寝ると大好きな飼い主の姿が見えないことから、ベッドで寝ることを嫌がることもあるでしょう。

飼い主が反応してくれるから

トイレで寝ると、ほとんどの飼い主は犬にやめさせようとするはずです。
もしかしたら、やめさせようとしている飼い主の反応が見たくて、わざとトイレで寝ている可能性があります。
特に、日頃から飼い主とのコミュニケーションが足りない犬は、飼い主に構ってもらうためにトイレの上で寝ることが多いです。

トイレを理解していない

もしかしたら、トイレトレーニングが不十分であるため、犬がトイレシートの上をトイレだと理解していない可能性があります。
また、ベッドとトイレの距離が近すぎてトイレからベッドのにおいがすることから、犬がトイレの上をベッドだと勘違いしているのかもしれません。

犬がトイレで寝るときの対処方法

出典:https://www.shutterstock.com/

次に、犬がトイレで寝るときの対処方法をご紹介します。
しっかりと対処をすることで、犬がトイレで寝るのをやめさせることができるはずです。

寝床を快適にする

犬用ベッドをきれいなものにしたり大きくしたりして寝床を快適にすることで、犬はトイレではなくきちんとベッドの上で寝てくれるようになるかもしれません。
また、自分や飼い主のにおいが付いたものを寝床に置くことで、犬はトイレ以外の場所を寝床だと認識する可能性があります。
暑い時期はクールマット、寒い時期は起毛素材のものを用意するなど、犬にとって快適な場所にすることが大切です。

ベッドの近くにお気に入りのものを置く

犬の寝床をさらに快適にさせるために、ベッドの近くに犬のお気に入りのものを置くのも効果的です。
犬用おもちゃはもちろん、着なくなった飼い主の衣服でも良いでしょう。

トイレトレーを変える

犬にとってトイレトレーが快適すぎるものであれば、トイレトレーを変えるのもひとつの手段です。
トイレの上が快適でなくなれば、自然とトイレで寝ることはなくなるはずです。

犬がベッドで寝たら褒める

犬にベッドの上が楽しい場所だと認識させるために、犬がベッドで寝たら褒めてあげるのもおすすめです。
褒めると言っても、大袈裟に褒めてしまうと犬のテンションが上がってしまい寝なくなるので、優しく声をかけて撫でる程度に留めておきましょう。
逆に、犬がトイレで寝たら声をかけずに無視をすると効果的です。
犬は飼い主に構われることが好きなため、トイレで寝ると構ってもらえなくなると理解したら徐々にトイレで寝ようとはしなくなるでしょう。

おすすめの犬用ベッド 4選

出典:https://www.shutterstock.com

最後に、おすすめの犬用ベッドをご紹介します。
愛犬にとってベッドがもっとも快適な場所になるように、しっかりとしたベッドを用意してあげましょう。

EMME 3Dペットベッド

カバーを外して洗うことができて、いつでも清潔を保てる犬用ベッドです。
3つのサイズから選ぶことができるため、愛犬に合ったものを見つけられるでしょう。
高反発ウレタンを使用しており、身体への負担が軽減されることから、シニア犬にもおすすめです。


EMME 3Dペットベッド

エムール 3Dベッド

まくら一体型のベッドは、犬が安心して寝ることができます。
綿100%のカバーは、汚れにくく掃除がしやすいという特徴があります。
人間の寝具に使用する良質な特殊ウレタンを採用しているため、犬に最高の寝心地を提供することができるでしょう。


エムール 3Dベッド

エクスペディション ボックスベッド

ふわふわで寝心地の良い、中型犬向けのベッドです。
裏面は滑り止めが付いているため、活発な犬でもベッドの上で滑って怪我をする心配がありません。
また、丸洗いできていつでも清潔な状態を保つことができます。


エクスペディション ボックスベッド

EMME フランネル犬用ベッド

小型犬や子犬には、このベッドがおすすめです。
フチ部分にはたっぷりの中綿が入っているため、安心して寝ることができるでしょう。
洗濯機で丸洗いができるのも、嬉しいポイントです。


EMME フランネル犬用ベッド

犬に快適な寝床を準備してあげよう!

出典:https://www.shutterstock.com

犬がトイレで寝るのは、さまざまな理由があります。
トイレの上が快適なこともありますが、逆にベッドのまわりの環境が嫌なことも考えられるでしょう。
犬がトイレで寝ないようにするには、寝床を快適にする必要があります。
ベッドの近くに、犬のおもちゃなどお気に入りのものを置いても良いでしょう。
トイレで寝ると不潔なこともあるため、なるべく早めに対処することをおすすめします。

参考サイト

lifechoice寝具厳選館(参照日:2022-04-15)
https://item.rakuten.co.jp/lifeinqc/dh0038l/
https://item.rakuten.co.jp/lifeinqc/dh0041s/

エムールねどっこ(参照日:2022-04-15)
https://item.rakuten.co.jp/emoor-nedogko/dk-3dbedm/

Pet Select(参照日:2022-04-15)
https://item.rakuten.co.jp/petselect/6820024400/

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

オススメ

新着記事