ゴールデンレトリバーに与えるドッグフード、何を基準にして選ぶ?おすすめフード15選

ゴールデンレトリバーのためのフード選び、何を選べば良いのか迷ったり、困ったりしていませんか?ここでは、ゴールデンレトリバーにおすすめのフードと、選ぶ際に見ておきたいポイントについてご紹介します。 2022年09月22日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬の食べ物犬のカテゴリ - 犬の食べ物
  • VIEW:1,199

ゴールデンレトリバーのフード選びで見ておきたいポイント

出典:https://www.shutterstock.com

ゴールデンレトリバーに与えるドッグフードは、種類が豊富で何を選べば良いのか迷ってしまうこともありますよね。毎日の健康をつくるフードだからこそ、体に良いものを与えたいと考える飼い主さんの気持ちはよく分かります。すべての病気をフード選びで解決できるわけではありませんが、健康的な生活を送るためにも、ドッグフード選びをしっかり行うことはとても良いことです。どんな点に着目すれば良いのか、一緒に見ていきましょう!

カロリーや脂肪分、炭水化物の割合に配慮されているもの

ゴールデンレトリバーは、肥満になりやすい犬種だと言われています。もし肥満になると、心臓や関節に負担をかけてしまい、その他の病気も起こりやすくなります。

食事の量も大事ですが、フードそのものの栄養にも着目してみましょう。炭水化物の割合については、全体の半分以下が理想的とされています。ダイエットの必要のない子にダイエット食を与える必要はありませんが、総合栄養食のように栄養バランスが整ったものを選ぶと安心です。

良性の動物性タンパク質が使われている

タンパク質は、人間にとっても超重要な栄養ですが、犬にとっても同じです。皮膚や被毛など体をつくる源であるタンパク質は、消化しやすい動物性のものがおすすめです。つまり、お肉や魚を主原料としたものの方が、消化しやすく胃腸にも優しいとされています。消化しやすいフードを選ぶと、後天性による皮膚トラブルの対策にもつながると考えられています。

関節に良い成分が含まれている

できれば、関節に負担がかからない生活とともに、関節に良い成分が含まれているフードを与えるのが好ましいでしょう。関節に良い成分としてよく知られているのが、「グルコサミン」や「コンドロイチン硫酸」、「MSM」などです。

好みに応じた食べやすいもの

ドッグフードの粒の大きさは、商品によってさまざまです。基本的に、ゴールデンレトリバーのような大型犬には大粒のものが向いているとされますが、食べ方のクセや好みによっては中粒や小粒を選んでも良いでしょう。

フードをあまり噛まずに丸飲みしてしまう子には小粒や中粒を、しっかりと噛み砕いて食べる子には大粒を選ぶという選び方もアリです。

ゴールデンレトリバーにおすすめのドッグフード15選

出典:https://www.shutterstock.com

INUMESHI バリュー

全犬種用、1歳以上の犬ならシニアになっても食べられるドッグフードです。たくさん食べるゴールデンレトリバーでも、家計に優しくたくさんの量が入っており、品質も高いことから人気です。食べてくれるかどうか心配な方は、100gのおためしパックから始めてみるのもおすすめです。


INUMESHI バリュー

ニュートロ シュプレモ 成犬用

中型犬~大型犬に適した総合栄養食です。ゴールデンレトリバーの場合、生後15ヶ月からの子に適しています。原材料はチキン生肉や乾燥チキンが使われており、着色料や香料は無使用。15種類の自然素材がブレンドされています。


ニュートロ シュプレモ 成犬用

ニュートロ ナチュラルチョイス 減量用

肥満傾向のある子のダイエットに役立つドッグフードです。主原料にはラム生肉が使用されています。カロリーや脂質は少なめに、しかし栄養バランスはきちんと整っている便利なフード。満腹感が高まる、ビートパルプなどの食物繊維も含まれています。


ニュートロ ナチュラルチョイス 減量用

INUMESHI フィースト 1歳以上 大型犬用

大型犬のための、低アレルゲンのドッグフードです。高品質なタンパク質と、アレルギーに配慮した食材が特徴です。フィーストとは、「ごちそう」の意味だそうで、美味しい味わいにこだわり、自然素材による抜群のおいしさがそのまま感じられるようつくられています。大粒で、しっかりと噛んで食べられる歯応えのあるフードです。


INUMESHI フィースト 1歳以上 大型犬用

INUMESHI フィースト 子犬用 大型犬用

こちらは、先ほどと同じブランドの子犬用です。大型犬の子犬のために必要不可欠なカルシウムや不飽和脂肪酸なども配合されており、高品質なタンパク質と自然素材は成犬用と同じく魅力の1つ。小麦や小麦グルテンは使用されておらず、アレルギーにも配慮されたフードです。


INUMESHI フィースト 子犬用 大型犬用

ロイヤルカナン マキシ アダルト

生後15ヶ月~5歳までの大型犬のためにつくられたフードです。健康的な消化を助け、骨や関節のことを考えた素材が使われています。主原料は鶏や七面鳥といった肉類で、着色料を使わず天然由来の原料のみ使用されています。


ロイヤルカナン マキシ アダルト

ユーカヌバ ラージ アダルト 成犬用 大型犬用 1歳以上

動物性のタンパク質とDHAの配合で、犬にとって特に必要な栄養を無駄なくとれるように作られた総合栄養食です。吸収性にも着目し、栄養がしっかりと消化吸収されるよう作られているため、排せつ物の量や毛づやに違いが表れるとされています。シリーズには、小型犬や子犬用などもあるため、ゴールデンレトリバーの場合は大型犬用を選びましょう。


ユーカヌバ ラージ アダルト 成犬用 大型犬用 1歳以上

DailyStyle プレミアムドッグフード成犬用

全犬種用、1歳~7歳までの犬に適したプレミアムドッグフードです。獣医師が厳しい基準を設けこだわって作ったフードで、鹿肉をはじめ自然由来の原料ばかりが用いられています。素材はすべてヒューマングレード、人間が口にしても問題ない高品質なものばかりです。量が少ないと感じる飼い主さんもいるかもしれませんが、定期購入できるため便利。封をきって少ない日数で使いきることができるため、品質も守りやすくなります。


DailyStyle プレミアムドッグフード成犬用

ニュートロ ナチュラルチョイス エイジングケア ラム&玄米

高品質なラム肉と玄米により、食物アレルギーに配慮されたフードとなっています。食物繊維がバランスよく含まれることで、腸内の健康も助けてくれる効果も期待できるそう。ラム肉の美味しさにより、食いつきも良いことからリピーターも多いです。


ニュートロ ナチュラルチョイス エイジングケア ラム&玄米

bosch ライフプロテクション

全犬種対応の、シニア犬専用のドッグフードです。高齢犬をはじめ、ダイエットが必要な子や太りやすい子にも適しています。自然飼育肉や無農薬有機栽培穀物といった、安全性の高い食材を使用しており、また消化やアレルギーのことも配慮してつくられています。


bosch ライフプロテクション

K9Natural フリーズドライラム

タンパクはアレルギーの起こりにくいラム肉のみ、犬にとって最高の状態である生食をフリーズドライにしてあります。水で戻すと生食そのものの味わいと見た目で、合成保存料や人工香料、着色料は使われていません。


K9Natural フリーズドライラム

ナチュラルバランス DOG ダック&ポテトフォーミュラ

穀物不使用で、ラム肉や魚にアレルギーのある犬のために作られたドッグフードです。タンパク質と炭水化物をバランスよく配合しており、良質なカリウムを含むポテトも含まれています。


ナチュラルバランス DOG ダック&ポテトフォーミュラ

INUMESHI SEBEK

ドッグフードの原料としては珍しい、ワニ肉が使われています。全犬種・全年齢を対象としており、ワニ肉ならではの高い栄養価が特徴です。ワニ肉は、犬のアレルギー症状を大幅に減らすと考えられており、フードによるアレルギーに悩んでいる方に選びやすい商品です。


INUMESHI SEBEK(セベク)

吉岡油糧 オリジナルフード

年齢、食べやすい粒の大きさ、お肉の種類の3つから愛犬に合ったものが選べるドッグフードです。素材はすべて人間が食べられる高品質のものばかりで、お肉の種類は牛・鶏・豚・牛・魚の5つがあります。ドッグフード特有の油っぽさやニオイはなく、食材本来の良い香りが漂います。


吉岡油糧 オリジナルフード

プロパック ドッグフード チキン&ブラウンライス

副産物を含まない高品質な動物性タンパク質である鶏肉(チキンミール)と、上質な穀物、複数の野菜やフルーツを使ったドッグフードです。より自然な形でビタミンやミネラルも補給でき、消化しやすい穀物の使用によりアレルギー症状の心配を減らします。全年齢に対応しており、合成保存料や着色料は使われていません。


プロパック ドッグフード チキン&ブラウンライス

ゴールデンレトリバーのフード選びは素材にもよく着目して

出典:https://www.shutterstock.com

ドッグフードの種類は非常に豊富です。迷ってしまう方も多いかもしれませんが、そんな時は素材や安全性に着目してみましょう。高品質なドッグフードは、良質のタンパク質や穀物を使い、アレルギー症状や健康に配慮された栄養バランスとなっています。食いつきの良さや価格も1つの基準にはなりますが、総合的に判断されることをおすすめします。

著者情報

こば

小さな頃から保護された犬や猫を迎えて生活。現在は黒猫の「ジジ」に翻弄されながら、発見と感動の毎日を送っています。
実体験を振り返りつつ、飼い主さんの役に立つような情報を分かりやすく記事にすることを目標にしています。

オススメ

新着記事