長毛の猫にはファーミネーターがおすすめ!使い方や注意点を解説

猫好きの人であれば、ファーミネーター(FURminator)というグッズを聞いたことがあるかもしれません。
ファーミネーターとは、プロのトリマーも扱うことが多いといわれる、ブラッシンググッズです。
この記事では、ファーミネーターとはどのようなものなのかと、使い方や注意点をご説明します。 2022年08月19日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫の健康ケア猫のカテゴリ - 猫の健康ケア
  • VIEW:1,943

長毛の猫におすすめのファーミネーターとは?

出典:https://www.shutterstock.com

まずは、ファーミネーター(FURminator)とはどのようなものなのかを解説します。
通常のブラシと何が違うのかも、見ていきましょう。

抜け毛がごっそりと取れる

ファーミネーターは、猫の抜け毛がごっそりと取れるブラシとして人気です。
特に長毛の猫は、トップコートの下にある被毛や生え変わりの抜け毛が、しっかりと取り除けます。
また、ブラシ部分はステンレスエッジが付いており、このブラシによって猫の抜け毛が取り除けるのです。
ステンレスエッジは、猫の皮膚を傷つけることなく、抜け毛のみを処理することが可能です。
しかし、当然ながら使い方によっては猫の皮膚を傷つける可能性もあるため、注意しなければなりません。

ちなみに、ファーミネーターは長毛の猫だけではなく、短毛の猫にも使用することができます。
「長毛用」や「短毛用」、「大型猫用」や「小型猫用」など、さまざまな体格や毛の種類に対応したものが販売されています。
幅広いラインナップも、ファーミネーターの特徴といえるでしょう。

毛玉症対策にも繋がる

猫は自分でグルーミングを行うため、胃の中に抜け毛が溜まる毛玉症を発症することがあります。
毛玉症は命に関わる病気ではありませんが、嘔吐の原因にもなるため注意が必要です。
ファーミネーターを使用していれば日頃から不要な抜け毛を処理できるため、毛玉症対策に繋がります。

ブラシに絡まった抜け毛をワンプッシュで取り除ける

通常であれば、ブラシに絡まった抜け毛はコームなどできれいに取り除かなければなりません。
しかし、ファーミネーターであれば、ボタンをワンプッシュするだけで取り除くことができるため、無駄な労力を使わなくて済みます。
ブラシに絡まった抜け毛の処理が煩わしくなくなり、より定期的にブラッシングをしやすくなるでしょう。

ファーミネーターの使い方・注意点

出典:https://www.shutterstock.com

次に、ファーミネーターの正しい使い方をご説明します。
併せて、注意点についても見ていきましょう。

猫の身体に異常がないかをチェックする

ファーミネーターを使用する前に、猫の身体を触って皮膚や被毛に異常がないかチェックしましょう。
また、皮膚や被毛のほかにも、体調不良などを起こしていないかも見ておきます。
もしも皮膚や被毛、体調不良などの異常があった場合にはファーミネーターの使用をやめて、動物病院へ連れて行きましょう。

猫の身体をブラッシングする

猫の身体に異常がないようであれば、ファーミネーターで猫の身体全体をブラッシングしていきます。
ちなみに、ファーミネーターはそれなりの重さがあるため、ガシガシと力を入れてブラッシングをする必要はありません。
優しく撫でるようにしてブラッシングをするだけで、ごっそりと抜け毛が取り除けるでしょう。
また、こまめにブラシに絡まった抜け毛をワンプッシュボタンで取り除きます。

ファーミネーターを使用する際の注意点

ファーミネーターを使用する際の注意点としては、被毛が乾いてときに行うという点が挙げられます。
被毛が濡れていると、皮膚や被毛がステンレスエッジに引っかかり、皮膚を傷つけてしまう可能性があります。
また、先述したように力を入れすぎることなく、優しくブラッシングをする点も注意しましょう。
被毛の少ない部位は、皮膚を傷めないように特に気を配ります。
ちなみに、抜け毛がたくさん取れて面白いからといって、毎日ブラッシングをするのは良くありません。
ファーミネーターを使用する頻度は、1週間~10日に1回が目安です。

いろいろな種類のファーミネーター4選

出典:https://www.shutterstock.com

ファーミネーターには、さまざまな種類があります。
それぞれ大きな違いはありませんが、愛猫に合ったものを選ぶようにしましょう。

ファーミネーター 小型猫 S 長毛用

このファーミネーターは、長毛で小型の猫におすすめです。
ロングヘアのマンチカンやペルシャなどは、このファーミネーターを使用すると良いでしょう。
ちなみに、ファーミネーターのデザインはほぼどれも同じです。


ファーミネーター 小型猫 S 長毛用

ファーミネーター 小型猫 S 短毛用

このファーミネーターは、短毛の猫にも使用することができます。
ロシアンブルーやベンガルなど、短毛の猫を飼っている人はこのファーミネーターを選びましょう。
目安として、被毛の長さが5cm未満の猫はこのファーミネーターを選ぶことをおすすめします。


ファーミネーター 小型猫 S 短毛用

ファーミネーター 大型猫 L 短毛用

大型かつ短毛の猫は、このファーミネーターを選びましょう。
アメリカンショートヘアやアビシニアンなどが、大型の短毛種に分類されます。
当然ながら、小型の猫と変わらないデザインになっています。


ファーミネーター 大型猫 L 短毛用

ファーミネーター 大型猫 L 長毛種用

長毛で大型の猫は、このファーミネーターがおすすめです。
長毛で大型の猫といえば、ノルウェージャンフォレストキャットや、メインクーンなどが挙げられます。
ゴッソリと抜け毛が取り除けて面白いでしょうが、使い過ぎには注意しましょう。


ファーミネーター 大型猫 L 長毛種用

ファーミネーターは一家に一台あっても良い

出典:https://www.shutterstock.com

ファーミネーターは、猫の抜け毛がゴッソリと抜けるブラシです。
特に換毛期になると、「部屋中に猫の抜け毛が落ちていて掃除が追いつかない…」と悩んでいる人も多いはずです。
しかし、ファーミネーター使って定期的にブラッシングしてあげることで、そのような悩みも解決に繋がるかもしれません。
猫の皮膚や被毛が傷まないように1週間~10日に1回の使用に限りますが、ゴッソリと抜け毛が取り除けるのは気持ちの良いものです。

参考サイト

ぺったんPET(参照日:2022-07-15)
https://item.rakuten.co.jp/pet-and-pet/cat-furminator-long-s/
https://item.rakuten.co.jp/pet-and-pet/cat-furminator-short-s/
https://item.rakuten.co.jp/pet-and-pet/cat-furminator-short-l/

Rakuten24(参照日:2022-07-15)
https://item.rakuten.co.jp/nyanzaq/8117940115816/

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

オススメ

新着記事